切札(きりふだ)ジョー(アンド)ジョラゴン -自由(じゆう)物語(ものがたり)-》 [編集]

切札ジョー&ジョラゴン -自由の物語- DSR 無色[ジョーカーズ] (9)
クリーチャー:ジョーカーズ/マスター・ドラゴン/ヒューマノイド 5000+
スピードアタッカー
パワード・ブレイカー
自分のマナゾーンにある文明1つにつき、このクリーチャーのパワーを+5000する。
このクリーチャーが攻撃する時、自分の山札の上から2枚を表向きにする。その後、バトルゾーンにある相手のカードを、コストの合計がその2枚のコストの合計より少なくなるよう、好きな数選ぶ。相手はそれらを好きな順序で山札の下に置く。その後、自分は、こうして表向きにした2枚を手札に加える。

DMEX-15で登場した無色ジョーカーズ/マスター・ドラゴン/ヒューマノイド

スピードアタッカーパワード・ブレイカーに、自分のマナゾーンの文明数に応じたパンプアップ《ジョット・ガン・ジョラゴン Joe》cipと同じ効果を放つアタックトリガーを持つ。

マナゾーン4色以上揃っていればブレイク枚数が5枚、5色で6枚になる。緑単コスト踏み倒し用の《ニコル・ボーラス》がマナゾーンに落ちていればそれだけで初期のシールドを全てブレイクできる程度のブレイク枚数となる。アタックトリガー除去カード指定除去であり、カード種別を問わない強力なもの。

しかし、9コストという重さがかなり足を引っ張る。また、フルスペックを引き出すためにはマナゾーンに多くの文明を必要とするのにもかかわらず、このクリーチャーは無色である点も噛み合いが悪い。一応、かつては無色ゼニスが5色デッキに入っていた時代もあったが。
また、ジョーカーズではあるが、cipを持たないため《ジョット・ガン・ジョラゴン》《ジョギラゴン&ジョニー 〜Jの旅路〜》とも相性が悪い。

何よりこれだけ重いジョーカーズでありながら《ジョット・ガン・ジョラゴン Joe》のような自己コスト軽減が無いのはマイナス。
採用するならビッグマナ戦術に組み込むほか、素のパワーが低いことを活かして《ドンジャングルS7》でマナゾーンから引っ張り出してやると良い。

後に登場した《MAX-Gジョラゴン》に能力を与えてやれば、即座に使うには召喚が必要だがコスト6にパワー11000から文明数×5000を足すことができるのである程度使い道が生まれた。3色の時点でパワー26000の5ブレイクとなる。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]