変身(へんしん)(キーワード処理) [編集]

クリーチャーが本来とは異なるクリーチャーに変化すること。
デュエル・マスターズ プレイスキーワード処理として存在する。

アクア・パリン P 水文明 (6)
クリーチャー:リキッド・ピープル 1000
S・トリガー
バトルゾーンに出た時、他のクリーチャーすべてを、ランダムなスーパーレアのクリーチャーに変身させる。

基本的にコストを支払ったり、バトルゾーンに出る条件をチェックしたりすることなく特定のクリーチャーに成り代わることができる。強力なクリーチャーに変身できれば、場合によっては単なるコスト踏み倒し以上のコストパフォーマンスを発揮できる。
一方でバトルゾーンに出るわけではないためcipが発動しないなど、直接変身先のカードを出すよりも一癖ある処理となり、本来あるメリット能力などもなくなってしまう可能性がある。

デュエル・マスターズ プレイスでの仕様 [編集]

  • 含まれるカードが1枚であっても進化クリーチャーに変身することは可能である。もしそうなった場合、進化元がない状態でバトルゾーンに着地する形となる。
    • 変身前のクリーチャーに進化元を含んでいた場合、進化元だったカードはそのゲーム中消滅する。
  • 変身したカードは、そのゲーム中は別のゾーンに移動しても変身後のカードとして扱う。複数回変身した場合は最後になったカードとして扱う。
  • 変身先のクリーチャーのcipは発動しない。
  • 変身前のクリーチャーの位相(タップ状態かアンタップ状態か)は変身後のクリーチャーに引き継がれる。
  • 召喚酔いするクリーチャーに変身した場合、変身した時点で召喚酔いになる(召喚酔いの情報は引き継がれない)。
  • 変身前の継続的効果は引き継がれない。
  • 変身前のクリーチャーがクロスしていたクロスギアは全て外される。

その他 [編集]

変身(へんしん)(俗称) [編集]

《電磁無頼アカシック・サード》などが持つ「(対象の)クリーチャーになる」という能力の俗称。
こちらはTCG版に存在する。

電磁無頼アカシック・サード R 水/自然文明 (2)
クリーチャー:サイバーロード/ビーストフォーク 1000
このクリーチャーがバトルする時、自分の山札の上から、クリーチャーが出るまでカードを表向きにする。そのターンの終わりまで、このクリーチャーは、表向きにされたクリーチャーになる。表向きにしたカードをすべて自分の墓地に置く。
アカシック・パラレル R 水文明 (4)
クリーチャー:サイバーロード 1000
このクリーチャーが出た時、または自分のターンのはじめに、相手のクリーチャーを1体選ぶ。次の相手のターンの終わりまで、このクリーチャーはその選んだクリーチャーになる。

ルール [編集]

  • 「クリーチャーになる」という継続的効果によって、別のクリーチャーとして扱う。「クリーチャーになる」という効果が働いている間は、特性すべて(カード名コスト文明パワー種族能力カードタイプなど)は変身先のものだけを参照する。
    • 変身したクリーチャーを進化させた場合、「○○というクリーチャーになる」という継続的効果を引き継いだ進化クリーチャーとして出る。その結果、変身先として指定したクリーチャーがバトルゾーンに出た時と同じ処理が行われる。参考
  1. 《極限究極神アク》に変身した《アカシック・パラレル》がいる時に《極限超絶神ゼン》を出すとリンクして出る。
  2. リンクした《パラレル》《ゼン》が「《アク》になる」という継続的効果引き継ぐため、2枚合わせて《アク》となる
  3. 不適正なリンクとして扱われ、リンクが外れる。リンクが外れた2枚とも継続的効果引き継ぐため、《パラレル》《ゼン》ともに《アク》に変身する

その他 [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.自分の《サイバー・B・フィッシュα》がいる状況で、自分は《アカシック・パラレル》を出しました。「出た時」の能力で相手の水文明ではないクリーチャーを選んだとしても、《アカシック・パラレル》は「ジャストダイバー」の効果を得られますか?
A.はい、この場合でも「ジャストダイバー」の効果が付与されます。
《アカシック・パラレル》が出た時点で、「出た時」の能力がトリガーするより先に《サイバー・B・フィッシュα》の常在型能力「自分の水のクリーチャーはすべて、種族にサバイバーを追加する。」と、「サバイバー」が適用されます。これにより、「サバイバー」によって与えられた「ジャストダイバー」と《アカシック・パラレル》の「出た時」の能力がどちらもトリガーするので、どちらから解決したとしても、《アカシック・パラレル》は「ジャストダイバー」により選ばれず、攻撃されなくなります。
引用元(2022.02.18)

Q.《電磁無頼アカシック・サード》がバトルする時、表向きにされたクリーチャーが《黒神龍イゾリストヴァル》で、墓地に闇のクリーチャーが1体もない場合、《電磁無頼アカシック・サード》はバトルする前に墓地に置かれますか?
A.はい、バトルする前に墓地に置かれます。《電磁無頼アカシック・サード》の効果で表向きにしたカードを墓地に置く前に《黒神龍イゾリストヴァル》になりますので、その《電磁無頼アカシック・サード》を墓地に置いてから、表向きにしたカードを墓地に置きます。
引用元(2022.02.18)

Q.自分の《勝利のプリンプリン》《勝利のガイアール・カイザー》、相手の《勝利のリュウセイ・カイザー》がバトルゾーンにいる状況です。
自分は《アカシック・パラレル》を出し、「出た時」の能力で相手の《勝利のリュウセイ・カイザー》を選びました。自分の「V覚醒リンク」に必要なクリーチャーがバトルゾーンに3体揃いますが、裏返してリンクさせますか?
A.いいえ、3体のクリーチャーは裏返さず、リンクもしません。裏返せる面が存在しないカードは裏返せません。今回の場合、《勝利のリュウセイ・カイザー》になっている《アカシック・パラレル》が裏返せませんので、「V覚醒リンク」は何もせず、3体のクリーチャーはそのままバトルゾーンに残ります。
引用元(2022.02.18)

Q.《アカシック・パラレル》の「出た時」の能力で、相手の《「正義星帝」 <鬼羅.Star>》を選びました。
《「正義星帝」 <鬼羅.Star>》は進化クリーチャーなので、《アカシック・パラレル》はこのターン攻撃できるようになりますか?
A.はい、攻撃できます。能力で進化クリーチャーになっているので、召喚酔いしません。
引用元(2022.02.18)

Q.《アカシック・パラレル》の「このクリーチャーが出た時、または自分のターンのはじめに」の能力で、相手の《天災 デドダム》を選びました。その後、《コロッサス・ブースター》を唱えて《天災 デドダム》になっている《アカシック・パラレル》を選んだ場合、パワーはどうなりますか?
A.パワーは+4000され、7000になります。《アカシック・パラレル》の効果により《天災 デドダム》になっていますが、パワーが固定されているわけではありません。
引用元(2022.02.18)

Q.《アカシック・パラレル》の「このクリーチャーが出た時、または自分のターンのはじめに」の能力で、相手の《極限究極神アク》を選びました。自分が《極限超絶神ゼン》を出す際、《アカシック・パラレル》とリンクした状態で出せますか?
A.はい、リンクした状態でバトルゾーンに出せます。ですが、《アカシック・パラレル》の効果によってリンクした《極限超絶神ゼン》《極限究極神アク》は両方合わせて《極限究極神アク》になり、不適正なリンクとして扱われます。
結果として、状況起因処理によって2体のリンクが外れ、次の相手のターンの終わりまで、リンクが外れた《極限超絶神ゼン》《アカシック・パラレル》はどちらも《極限究極神アク》になります。

+  (総合ルール 703.4e)

引用元(2022.02.18)

Q.《アカシック・パラレル》の「このクリーチャーが出た時、または自分のターンのはじめに」の能力で、相手の《銀河大剣 ガイハート》が装備されているクリーチャーを選びました。この《アカシック・パラレル》は「スピードアタッカー」を得ますか?
A.いいえ、得ません。《アカシック・パラレル》は選んだクリーチャーに与えられていた能力や効果の影響を受けません。
引用元(2022.02.18)

Q.相手は《鎧亜の咆哮キリュー・ジルヴェス》を召喚し、そのターンに自分を攻撃しました。自分は「S・トリガー」で《ホーガン・ブラスター》を唱えて《アカシック・パラレル》を出しました。「出た時」の能力でその《鎧亜の咆哮キリュー・ジルヴェス》を選びましたが、《アカシック・パラレル》《鎧亜の咆哮キリュー・ジルヴェス》の「出た時」の能力にある「スピードアタッカー」や「スレイヤー」を得ますか?
A.いいえ、得ません。《アカシック・パラレル》は選んだクリーチャーに与えられていた能力や効果の影響を受けません。
引用元(2022.02.18)

Q.《アカシック・パラレル》の「このクリーチャーが出た時、または自分のターンのはじめに」の能力で、相手の《伝説の禁断 ドキンダムX》を選びました。この《アカシック・パラレル》が離れた場合、常在型能力「このカードがバトルゾーン以外のゾーンにあれば」によって、自分はゲームに負けますか?
A.いいえ、ゲームに負けません。《伝説の禁断 ドキンダムX》の能力は、バトルゾーン以外のゾーンにある時に発揮される常在型能力です。バトルゾーンを離れた《アカシック・パラレル》はすでに選んだクリーチャーではなくなっています。
引用元(2022.02.18)

Q.相手は《“罰怒”ブランド》を「マスターB・A・D」で召喚し、自分を攻撃しました。自分は「S・トリガー」で《ホーガン・ブラスター》を唱えて《アカシック・パラレル》を山札から出しました。「出た時」の能力でその《“罰怒”ブランド》を選んだ場合、そのターンの終わりに自分は自分のクリーチャーを1体破壊する必要がありますか?
A.いいえ、破壊しません。《“罰怒”ブランド》になっても、「マスターB・A・D」の情報は持ちません。
引用元(2022.02.18)

Q.《アカシック・パラレル》の「出た時」の能力で、相手の「シールド・ゴー」を持つクリーチャーを選びました。この《アカシック・パラレル》が破壊された時、自分はその「シールド・ゴー」の能力で、破壊された《アカシック・パラレル》を自分の墓地からシールドゾーンに置きました。この状況で自分のシールドゾーンにある《アカシック・パラレル》がブレイクされる際、手札に加えますか?それとも「シールドゴー」の効果で墓地に置かれますか?
参照:《凄惨なる牙 パラノーマル》
A.手札に加えます。一度バトルゾーンを離れた場合、選んだクリーチャーではなくなりますので、ブレイクされた《アカシック・パラレル》は通常通り手札に加えます。
引用元(2022.02.18)

Q.《アカシック・パラレル》の「出た時」の能力で相手の《唯我独尊ガイアール・オレドラゴン》を選びました。この《アカシック・パラレル》《ボルシャック・スーパーヒーロー/超英雄タイム》の呪文側の効果で破壊できますか?
A.いいえ、破壊できません。《アカシック・パラレル》は選んだクリーチャーになりますが、選んだクリーチャーのセルの情報は持ちません。
引用元(2022.02.18)

Q.《アカシック・パラレル》の「出た時」の能力で相手の《唯我独尊ガイアール・オレドラゴン》を選びました。この《アカシック・パラレル》が破壊される時、どうなりますか?
A.《アカシック・パラレル》は墓地に置かれます。破壊される際に「リンク解除」を適用しようとしますが、墓地に置くことができるセルが存在しないので、そのまま墓地に置かれます。
引用元(2022.02.18)

Q.《アカシック・パラレル》の「出た時」の能力で相手の《聖魔連結王 ドルファディロム》を選びました。この《アカシック・パラレル》が離れる時、相手の「EXライフ」シールドを墓地に置けますか?
A.いいえ、置けません。相手の《聖魔連結王 ドルファディロム》の「EXライフ」の情報は引き継ぎません。バトルゾーンを離れる際は、置換効果を適用できずに離れます。
引用元(2022.02.18)

Q.《アカシック・パラレル》の「出た時」の能力で相手の《不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー》を選びました。
この《アカシック・パラレル》が離れる際、「このクリーチャーが離れる時、離れるかわりに」の置換効果は適用できますか?
A.いいえ、適用できません。相手の《不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー》の「シールド・フォース」の情報は引き継ぎません。バトルゾーンを離れる際は、置換効果を適用できずに離れます。
引用元(2022.02.18)

Q.《アカシック・パラレル》の「出た時」の能力で相手の《究極銀河ユニバース》を選びました。
この《アカシック・パラレル》が攻撃する時、《革命類侵略目 パラスキング》の「侵略」の使用宣言をして上に重ねてから、「メテオバーン」で下にある《アカシック・パラレル》を墓地に置いた場合、自分はゲームに勝ちますか?
A.いいえ、ゲームに勝ちません。進化した《革命類侵略目 パラスキング》は効果で《究極銀河ユニバース》になりますが、下に置かれた《アカシック・パラレル》は能力の影響を失います。「メテオバーン」でサイバーロードを墓地に置くことになり、ゲームに勝てません。
引用元(2022.02.18)

Q.《アカシック・パラレル》の「出た時」の能力で、相手の《あたりポンの助》を選びました。
この《アカシック・パラレル》は、その《あたりポンの助》が出た時に選んだ名前を持つクリーチャーの能力を無視するようになりますか?
A.いいえ、無視できません。《アカシック・パラレル》は自身の能力で《あたりポンの助》になりますが、その「出た時」の能力は使われていません。ですので、どのクリーチャーの名前も選んでいない状態になります。
引用元(2022.02.18)

Q.《アカシック・パラレル》の「出た時」の能力で、相手の《ディダノス <デスフェニ.Star>》を選びました。
この《アカシック・パラレル》が破壊された時、自分はその「このカードがバトルゾーンから墓地に置かれた時」の能力を使えますか?
A.はい、使えます。「このカードがバトルゾーンから墓地に置かれた時」の能力は「破壊された時」と同じ能力です。
引用元(2022.02.18)

Q.《アカシック・パラレル》の「出た時」の能力で、相手のリンクしている《極限究極神アク》《極限超絶神ゼン》を選びました。この《アカシック・パラレル》のパワーは9000ですか?
A.はい、パワーは9000です。ただし、リンク状態のクリーチャーを選んだ場合、リンクしているクリーチャーとして扱いませんので、「それがリンクしていたら」を条件とする能力はトリガーしません。
引用元(2022.02.18)

Q.自分の《アカシック・パラレル》の「自分のターンのはじめに」の能力で、相手の《凶鬼07号 ジャバランガ》を選びました。
この《アカシック・パラレル》が破壊された時、「破壊された時」の能力で墓地からコスト8の闇のクリーチャーを出せますか?
A.はい、コスト8の闇のクリーチャーを出せます。

+  (総合ルール 603.5c)

引用元(2022.02.18)

Q.《アカシック・パラレル》の「出た時」の能力で、相手のサイキック・クリーチャーやGRクリーチャーを選びました。この《アカシック・パラレル》がバトルゾーンから離れる際、どうなりますか?
参照:《時空の火焔ボルシャック・ドラゴン》《ヤッタレロボ》
A.墓地に置き、墓地に残ります。超次元ゾーンや超GRの一番下には置かれません。
引用元(2022.02.18)

Q.《アカシック・パラレル》の「出た時」の能力で、相手の《乱罪 ダイパ殺デー》が付いている《ヤッタレロボ》を選びました。この《アカシック・パラレル》のパワーは6000ですか?
A.いいえ、パワーは2000です。選んだクリーチャーに元々ついていたオーラの影響は引き継ぎません。
引用元(2022.02.18)

Q.《アカシック・パラレル》の「出た時」の能力で、相手の「覚醒」や「解除」、「龍回避」を持つクリーチャーを選んだ場合、どうなりますか?
参照:《時空の火焔ボルシャック・ドラゴン》《闘将銀河城 ハートバーン》
A.裏返せる面が存在しないカードは裏返せません。《アカシック・パラレル》が裏返す能力を持ったとしても、それを適用することはできません。
引用元(2022.02.18)

Q.《アカシック・パラレル》の「出た時」の能力で、相手の《無敵の咆哮》を選びました。
この《アカシック・パラレル》を破壊する時、自分はその「破壊される時、墓地に置くかわりに」の置換効果を適用しますか?
A.はい、適用され、《アカシック・パラレル》は自分のマナゾーンに置かれます。
引用元(2022.02.18)

Q.《アカシック・パラレル》の「出た時」の能力で、相手の《飛行男》を選びました。
この《アカシック・パラレル》を破壊した時、自分はその「破壊された時」の能力を使えますか?
A.はい、使えます。墓地に置いたのは《アカシック・パラレル》ですが、破壊された時点では《飛行男》でしたので、その能力がトリガーするためです。
引用元(2022.02.18)

Q.《アカシック・パラレル》の「出た時」の能力で、相手の《一なる部隊 イワシン》を選びました。
この《アカシック・パラレル》を破壊した時、自分はその「このクリーチャーがどこからでも墓地に置かれた時」の能力を使えますか?
A.いいえ、使えません。「どこからでも墓地に置かれた時」の能力は「破壊された時」と異なり、墓地に置いた時にトリガーする能力です。破壊された時点では《一なる部隊 イワシン》でしたが、墓地に置いたのは《アカシック・パラレル》ですので、「どこからでも墓地に置かれた時」の能力もトリガーしません。
引用元(2022.02.18)

Q.《Dの機関 オール・フォー・ワン》の「Dスイッチ」で《アカシック・パラレル》の「出た時」の能力をかわりに2回使った場合、相手のクリーチャーを2体選んで、選んだ両方のクリーチャーの能力を得られますか?
A.いいえ、最終的に《アカシック・パラレル》は2回目の能力で選んだクリーチャーになります。
引用元(2022.02.18)

Q.《アカシック・パラレル》の「自分のターンのはじめに」の能力で、相手の《モモキング -始丸-》を選びました。この《アカシック・パラレル》《チョートッQ <グレガリ.Star>》に進化した場合、どうなりますか?
A.進化した《チョートッQ <グレガリ.Star>》《モモキング -始丸-》になっています。結果的に、《アカシック・パラレル》がなった《モモキング -始丸-》の「シンカパワー」と、《モモキング -始丸-》の「出た時」の能力がトリガーします。
引用元(2022.02.18)

Q.《緊縛の影バインド・シャドウ》がバトルゾーンにいる状況です。自分の《アカシック・パラレル》の「自分のターンのはじめに」の能力で、相手の《天災 デドダム》を選びました。
この《アカシック・パラレル》《マニフェスト <リーフ.Star>》に進化する際、《緊縛の影バインド・シャドウ》の効果によってタップ状態で出ますか?
A.いいえ、アンタップ状態で出ます。状態定義効果は元あったゾーン(この場合、手札)の特性を参照します。出た後は闇のクリーチャーである《天災 デドダム》になっていますが、出すクリーチャーは水のクリーチャーである《マニフェスト <リーフ.Star>》ですので、アンタップ状態で出ます。
引用元(2022.02.18)

Q.《アカシック・パラレル》の「自分のターンのはじめに」の能力で、相手の《天災 デドダム》を選び、《天災 デドダム》になりました。
その後、《天災 デドダム》になった《アカシック・パラレル》《SSS級天災 デッドダムド》に進化した時、《SSS級天災 デッドダムド》の「重ねた時」の能力はどうなりますか?
A.《SSS級天災 デッドダムド》の「重ねた時」の能力はトリガーせず、《天災 デドダム》の「出た時」の能力がトリガーします。
《アカシック・パラレル》は、自身の継続的効果により《天災 デドダム》になっています。この効果は《アカシック・パラレル》が進化しても引き継がれます。《SSS級天災 デッドダムド》が進化しても、「出た時」の能力がトリガーするタイミングでは、すでに《天災 デドダム》になっていますので、《天災 デドダム》の「出た時」の能力のみがトリガーします。
引用元(2022.02.18)

Q.《アカシック・パラレル》の「出た時」の能力で、相手の《天災 デドダム》を選びました。自分はその「出た時」の能力を使えますか?
A.いいえ、使えません。「出た時」の能力を解決した結果、新たに「出た時」の能力を得たとしても、それはトリガーしていないので使えません。
引用元(2022.02.18)

Q.相手の《The邪悪 寄成ギョウ》がバトルゾーンにいる状況で、自分は《アカシック・パラレル》をバトルゾーンに出しました。この「出た時」の能力はかわりに《The邪悪 寄成ギョウ》側のプレイヤーが使いますが、その効果でどちらのプレイヤーのクリーチャーを選ぶことになりますか?
A.《The邪悪 寄成ギョウ》側のプレイヤーが《アカシック・パラレル》側のクリーチャーを1体選びます。
効果を発揮しているのは《アカシック・パラレル》のままですので、《アカシック・パラレル》が選んだクリーチャーになります。
引用元(2022.02.18)