【ダイヤモンド・ブリザード】 (デュエプレ) [編集]

《ダイヤモンド・ブリザード》を軸に添えたデッキ。

New Divisionでは、DMPP-09が実装されると同時に《ダイヤモンド・ブリザード》が使用不可能になった。

ダイヤモンド・ブリザード SR 自然文明 (3)
進化クリーチャー:スノーフェアリー 5000
進化−スノーフェアリー
バトルゾーンに出た時、自分のマナゾーンから《ダイヤモンド・ブリザード》以外のスノーフェアリーを、手札の上限枚数になるまで手札に戻す。その後、こうして手札に戻したスノーフェアリーの数だけ、自分の山札の上からカードをマナゾーンに置く。

ここでは2020年5月7日の《ダイヤモンド・ブリザード》の弱体化(ナーフ)以降のデッキを主に扱うが、弱体化以前のデッキについても記載する。

共通 [編集]

主要カード [編集]

《ダイヤモンド・ブリザード》コンセプト
《ダイヤモンド・カスケード》出ているスノーフェアリーの数だけパンプアップするパワード・ブレイカー
墓地に落ちたスノーフェアリーでマナ回復もこなす
《冒険妖精ポレゴン》最軽量のスノーフェアリー
《雪溶妖精シャーマン・メリッサ》破壊される代わりにマナゾーンに行き、《ブリザード》で回収できる
《愛嬌妖精サエポヨ》クリーチャー展開時パンプアップ
《薫風妖精コートニー》2コストスノーフェアリー 色事故がなくなり、《ドルバロム》対策にもなる
《呪氷妖精マッド・サクラン》2コストスノーフェアリー 自分の進化クリーチャーがいるとパンプアップ
《神楽妖精パルティア》2コストスノーフェアリー 山札回復
《雪渓妖精マルル》2コストスノーフェアリー
《秋風妖精リップル》S・トリガー持ちのスノーフェアリー
《純潔妖精コスモス》
《剛勇妖精ピーチ・プリンセス》大量展開や進化速攻でコスト軽減を活用しやすい
《進化の化身》《ダイヤモンド・ブリザード》を確定サーチ パンプアップも大きい

長所 [編集]

進化クリーチャー特有の「進化元1体の上に乗せるため自分のクリーチャーの数が増えない」という弱点を、マナ回収による手札補充と疑似アンタップインによるマナ回復から更に展開する事で克服している。
展開力が非常に高く、少々除去ハンデスを受けた程度では止まらないばかりか、《ダイヤモンド・カスケード》でさらにリソースを稼ぐこともできる。

小型を多く出すデッキなので《アポカリプス・デイ》を自分で狙って使うこともでき、その場合も《カスケード》によるマナ回復が大きなアドバンテージにつながる。

短所 [編集]

速攻デッキ相手の場合は《ダイヤモンド・ブリザード》が真価を発揮する前にダイレクトアタックを決められるおそれがある。
《時空の探検家ジョン》/《冒険の覚醒者ジョンジョ・ジョン》で、進化速攻を止められるのもきつい。

《穿神兵ジェットドリル》は早期に除去できないと、《ブリザード》がただのセルフランデスになってしまいため、機能不全に陥る。
早期に対処するなら《ソーラー・コミューン》によるタップキルぐらいしかない。

《バースト・ショット》《マグマティラノス》などの全体火力に弱め。
相手に《アポカリプス・デイ》を使われる可能性がある。

デッキに大量のスノーフェアリーを入れることではじめて《ブリザード》の真価を発揮できるため、それ以外のカードの枠が少ない。

《アポカリプス・デイ》・《ソーラー・コミューン》・《霊騎コルテオ》投入により解消される弱点
デッキ内のウィニーが多くなるため、中型~大型のブロッカーが並ぶと突破が難しくなる。

《ダイヤモンド・カスケード》投入により解消される弱点
手札補充については《ダイヤモンド・ブリザード》への依存度が高く、ハンデス《ダイヤモンド・ブリザード》を失ったり、《根絶のデクロワゾー》などにより進化元が1体もない状態に陥れば手札が枯渇しやすい。
1ショットキルダイレクトアタックすることは少なく、各ターンの攻撃を《聖天使グライス・メジキューラ》で止められると非常に苦しい。

プレイング [編集]

マナゾーンに置いたスノーフェアリー《ダイヤモンド・ブリザード》で回収可能かつ、回収後もマナは減らないため積極的に置くことが望ましい。
ただし《ダイヤモンド・ブリザード》自身はマナ回収の対象外であることと、進化元がいなければ《ダイヤモンド・ブリザード》を召喚できないことについては考慮が必要である。

マナゾーンのカードが頻繁に入れ替わるため、自然マナの消失や公開情報から自分のシールドの中身の把握にも気をつけたい。

公式大会 [編集]

  • 同年11月21日の第2回バトルアリーナでも、全出場者のうち11.7%が【ダイヤモンド・ブリザード】を使用、4番目に使用率の高いデッキタイプとなった。8名での決勝トーナメントにもリザーバー枠の1名が進出した。
  • 翌2021年2月13日の第3回バトルアリーナでも、多様化した環境において使用率9.7%(第5位)を記録。8名での決勝トーナメントにも1名が進出した。
    第1回から第3回まで毎回決勝トーナメントへの進出者を出しているデッキタイプは【ダイヤモンド・ブリザード】の他には【ヘブンズ・ゲート】のみであり、ここからも【ダイヤモンド・ブリザード】が長い期間環境に定着している数少ないデッキタイプであることが窺える。
  • 第4回では使用率が激減したが、8名での決勝トーナメントに1名が進出し、ベスト4まで勝ち上がった。

白緑型(DMPP-04以降の型) [編集]

候補カード [編集]

《ソーラー・コミューン》スノーフェアリーがたくさんいればコスト3で複数タップ
《転倒専機コロビナー》S・トリガー獣 相手のクリーチャーを1体タップ、グレートメカオー
《予言者コロン》《ミリオンパーツ》のブロッカー付与を受けたくない場合に
《キャプテン・ミリオンパーツ》グレートメカオー以外のブロック不可、自身と《コロビナー》をブロッカーに
《霊騎コルテオ》擬似オールタップのS・トリガー
《密林の総督ハックル・キリンソーヤ》チャンプブロックをすり抜けるマナ進化《進化の化身》でサーチ可能
《幻緑の双月》手札からのマナブースト
《ホーリー・スパーク》優秀なS・トリガー
《アポカリプス・デイ》全体除去 自分は《ブリザード》《カスケード》から再展開
《青銅の鎧》マナブースト 2(スノーフェアリー)→3→5と《ペトローバ》に繋がる
《光器ペトローバ》スノーフェアリーをパンプアップ

概要 [編集]

※弱体化前の能力を前提とした型は下の「Ver.1.2.0でのみ存在した【ダイヤモンド・ブリザード】」参照。

光のカードを採用することによりスノーフェアリーの弱点である対ブロッカー性能を補強する型。

DMPP-04環境において【ヘブンズ・ゲート】の登場に再評価されたデッキタイプ。
《スパイラル・スライダー》バウンスできないコスト7以上のブロッカー(特に《悪魔聖霊バルホルス》)を《光器ペトローバ》《ホーリー・スパーク》で乗り越えられる点が長所である。

DMPP-06《進化の化身》が登場したことにより色の組み合わせはこちらが主流になった。
相手クリーチャーの除去に乏しく、積極的にシールドブレイクしていくデッキのため、【青単ツヴァイランサー】と相性不利な殴り合いをしなくてはならない。
逆転するにはこちらのシールドに《ホーリー・スパーク》《アポカリプス・デイ》がないと駄目である。

DMPP-07《ソーラー・コミューン》が登場したことにより序盤でも複数タップができるようになった。
この時期になると、このデッキではコスト5は重いため《光器ペトローバ》は抜けていき、光は《ソーラー・コミューン》+その他S・トリガーを採用することが基本となった。
防御札がS・トリガーのタップしかない場合、《超神星アポロヌス・ドラゲリオン》は出されると一発でダイレクトアタックに持ち込まれてしまう。

青緑型 [編集]

《聖天使グライス・メジキューラ》やブロッカーなど、速攻メタになるクリーチャーを《スパイラル・スライダー》除去しながらビートダウンする型。

《アストラル・リーフ》を併用する型としない型があり、併用するデッキは【リーフブリザード】とも呼ばれる。
《アストラル・リーフ》入りは進化クリーチャーが2種入ることになり事故率が高まるが、爆発力はかなり高い。
豊富な手札により、ランダムハンデス《ダイヤモンド・ブリザード》が落とされる確率も下げられる。

《進化の化身》の登場前は、《アクア・ハルカス》で打点を増やしつつ《ダイヤモンド・ブリザード》を引く役割があったが、《進化の化身》の登場により確実に山札に残っている《ブリザード》を手札に加えられるようになり、青を使う必要性が薄れた。

主要カード [編集]

候補カード [編集]

採用されづらいカード [編集]

《エマージェンシー・タイフーン》2マナを使って手札交換をする動きが現状あまり強くはない。弱体化後は墓地肥やしも恩恵がない。
《緑神龍アーク・デラセルナ》ハンデスの保険としては非常に有用だが、理想的な動きは相手にハンデスを撃たせるスキを与えない猛攻を仕掛けることである。同様の理由で相手からのブレイクが前提となるS・トリガーの《エマタイ》コンボも後ろ向きである。自分のターンにS・トリガーで出た《ゴースト・タッチ》《汽車男》には無力なのも痛い。
《ソーサーヘッド・シャーク》相手のウィニーバウンス ミラーマッチ対策だが弱体化後は5コストクリーチャーだと重く使いづらい。

赤緑型 [編集]

速攻型。《ダイヤモンド・ブリザード》の大量回収による手札補充で速攻の手札消費をカバーしている。

主要カード [編集]

候補カード [編集]

Ver.1.2.0でのみ存在した【ダイヤモンド・ブリザード】 [編集]

《ダイヤモンド・ブリザード》を使用したデッキはあまりにも環境を席巻していたため、2020年5月7日、アプリのVer.1.2.1への更新と共に能力の弱体化(ナーフ)が行われた。そこに至るまでの経緯などは《ダイヤモンド・ブリザード》参照。
以下は、《ブリザード》弱体化後は使用されることが少なくなったか、あるいはコンセプトの崩壊などにより使用が不可能になったデッキである。

+  展開

参考 [編集]