大神秘(だいしんぴ)ビシャモン》 [編集]

大神秘ビシャモン SR 自然文明 (7)
進化クリーチャー:ジャイアント/サムライ 5000
マナ進化−自然のクリーチャーを1体自分のマナゾーンから選び、このクリーチャーをその上に重ねつつバトルゾーンに出す。
自分の自然クリーチャーを召喚するコストを最大2少なくしてもよい。ただし、コストは1より少なくならない。

DM-35で登場したマナ進化ジャイアント/サムライ
自然クリーチャー召喚コストを2下げる効果を持つ。

ジャイアントであるため、《西南の超人》から4→7−2=5と繋がるのだが、実質同コスト圏には《剛撃戦攻ドルゲーザ》が存在するという痛い向かい風がある。

ジャイアントデッキ【ドルゲーザ】にそのまま入れるよりは、このクリーチャーを最大限に生かせるデッキの構築を要する。

例えば、《フェアリー・ライフ》《西南の超人》→ビシャモン→《奇兵の超人》《神羅トルネード・ムーン》を持ってきてビシャモンを《神羅トルネード・ムーン》進化(もしくはそのまま《神羅トルネード・ムーン》)と理論上は繋がる。実際に繋げるのは難しいが、実現できれば5ターン目にパワー22000のQ・ブレイカーが暴れだす。

もしくは、【竜脈噴火】のような自然のクリーチャーを大量展開するデッキとは相性が良いだろう。

ただしマナコストを2稼ぐという目的ならば、システムクリーチャーによるコスト軽減よりも、素直にマナブーストした方が確実で安定しやすい。

「間接的に2マナ得する」このカードよりも、「実際に2マナ増える」《スーパー大番長「四つ牙」》《四牙類 クアトロドン》、「もっとマナの増える」《翔帆轟音 グローバ・ライズ》などを使ったほうがよいということである。

同弾のスーパーレアの中でも相当使いづらい部類に入るため、このカードを使ったデッキの構築にはひどく骨が折れそうである。

DMBD-02《終の怒流牙 ドルゲユキムラ》が登場してからは一応【ドルゲユキムラループ】に5枚目以降の《西南の超人》としてピン挿しされるようにはなった。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

大神秘ビシャモン VR 自然文明 (6)
進化クリーチャー:ジャイアント/サムライ 5000
マナ進化−自分のマナゾーンの自然のクリーチャー
自分の自然のクリーチャーの召喚コストを2少なくする。ただし、1より少なくならず、かつそのクリーチャーの持つ文明の数より少なくならない。
自分の他の自然のクリーチャーはすべてパワーを+2000する。

コストが1軽くなり、他自然クリーチャーをパンプアップする能力が追加された。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DM-35DMPP-12
    心に勇みある時は、悔やむことなし。――大神秘ビシャモン

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]