剛勇妖精(ごうゆうようせい)ピーチ・プリンセス》 [編集]

剛勇妖精ピーチ・プリンセス C 自然文明 (3)
クリーチャー:ワイルド・ベジーズ/スノーフェアリー 2000
自分が各ターン2体目に召喚するクリーチャーのコストを最大2少なくしてもよい。ただし、コストは0以下にはならない。

DM-27で登場したワイルド・ベジーズ/スノーフェアリー
能力の説明が少々ややこしいが、コストが2下がるのは「2番目に召喚されるクリーチャー」のみ。3番目からは能力の対象外になり、やや使いにくい印象を受ける。

このカードが光るのはコスト3以下のクリーチャーを多く採用したデッキである。4マナ出せる状況でこのクリーチャー召喚すれば、別の3マナクリーチャーを残った1マナでちょうど召喚できる。

進化でも問題なく軽減されるので、《密林の総督ハックル・キリンソーヤ》などを出してもいい。これを召喚した次に1マナで《ダイヤモンド・ブリザード》進化させる事も可能。

《フェアリー・ライフ》《霞み妖精ジャスミン》の他、《幻緑の双月》《一撃奪取 ケラサス》を出した次のターンが狙い目だろう。バトルゾーンに残ったあとも能力が持続するため、ドローソースと組み合わせて連続して展開していきたい。

デッキコスト3のクリーチャーで固める【ミセス・アクア】の他、クリーチャーの展開に長けた【ワイルド・ベジーズ】【スノーフェアリー】では役立つだろう。

ルール [編集]

  • 2番目のクリーチャーを召喚する前に呪文クロスギアを使用してもそれらはカウントされないため、その後に召喚するクリーチャーのコストを問題なく下げることができる。
  • このカード自身を2番目に召喚する時にはコスト軽減できない。
  • 1番目のクリーチャーをG・ゼロで召喚することでもコスト軽減が可能になる。逆に2番目のクリーチャーをG・ゼロで召喚してしまうともったいない。

環境において [編集]

革命編環境後半において、《S級原始 サンマッド》軸の侵略デッキに使われることがあった。コスト軽減能力を活かして《S級原始 サンマッド》のフルスペックを一刻も早く発揮するのがこのカードの役割であった。

【緑単ステージュラ】の現役時代、安定4ターンキルルートに使われた。

他のカード・デッキとの相性 [編集]

メディアでの活躍 [編集]

その他 [編集]

  • 元ネタは任天堂のマリオシリーズのピーチ姫。あちらでは「プリンセス・ピーチ」と呼ばれている。フレーバーのPPPHは、アイドルファンの行う「ヲタ芸」の一種。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DM-27DMPP-09
    素晴らしき女王の号令で、大地はさらなる輝きを放つ。
  • DMX-11DMPB-03
    次の号令(コール)はPPPH(ピーチ・プリンセス・プリティ・ハート)!
  • DMR-19
    X-girls、手助けするわよ! ---剛勇妖精ピーチ・プリンセス

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]