聖霊王(せいれいおう)アルファディオス》 [編集]

聖霊王アルファディオス SR 光文明 (10)
進化クリーチャー:エンジェル・コマンド 15500
進化−自分のエンジェル・コマンド1体の上に置く。
誰も、光以外のクリーチャーを召喚したり、光以外の呪文を唱えることはできない。
T・ブレイカー

DM-15で登場した進化エンジェル・コマンド

その名の通り、《聖霊王アルカディアス》転生した重量級進化クリーチャー

以外の呪文だけでなくクリーチャー召喚まで禁ずるようになっており、全システムクリーチャー中でもロック性能はトップクラス。
元となった《聖霊王アルカディアス》は、《アクア・サーファー》《魔刻の斬将オルゼキア》などクリーチャー除去で退場するパターンが多かったが、こちらはそれを大きくカバーしていると言える。

ある程度フィールドアドバンテージを握った状態で出せば、勝ちはほぼ確定する。相手がカードを使用している場合でも、直接的にこのクリーチャー除去できるカード自体が少ないため、勝負を決めかねないロックがかかる。

10コストと重いが、長期戦に持ち込むことが得意な文明カードを軸にデッキを組めるため、重量級進化クリーチャーの中ではかなり召喚が狙いやすい。
進化クリーチャーであるお陰で、然るべき状況で《母なる星域》を唱える事でわずか3コストで登場可能な点も見逃せない。

ただし、既にバトルゾーンに出ているクリーチャーには対処ができないので過信は禁物。このクリーチャーが出せる頃にはバトルゾーンに相手の切札が出ている場合も多く、ロックなど無視してダイレクトアタックされてしまう可能性がある。その時点では切札級でなくとも、有色コマンドが出ているだけで侵略から突破される危険性は否めない。

このカードでロックできない卑近な防御札と言えば、光のクリーチャーでありS・トリガー召喚できる《閃光の守護者ホーリー》である。ブロッカーが主体になることが多い光系のデッキに対してそちらを合わされると防御に風穴があいてしまう。

対を成す《悪魔神ドルバロム》と比べると、既に出ているクリーチャーに手出しできない点から、こちらは劣勢時からの逆転よりも攻勢に出ている時の詰めに向いていると言える。
このクリーチャーを出すと自分も以外の除去カードを使えなくなるため、進化する前に相手のクリーチャーをあらかた除去してしまいたい。

デッキの脇をしっかりと固め、このカードを出すまでにあらかたバトルゾーン制圧出来ていれば理想的だろう。

DMSP-02にて完全上位互換となる《聖霊王アルファディオス GS》が登場。G・ストライクによってこのカードを間に合わせにくい速攻へのささやかな対策となる。

除去について [編集]

このクリーチャー除去する能力を持った光の呪文30種。

  1. 《アポカリプス・デイ》(条件付)
  2. 《天界の神罰》
  3. 《月光の伝説》(条件付)
  4. 《剥楯!月光MAX》
  5. 《天使と悪魔の墳墓》(条件付)
  6. 《真実と偽りの境界》
  7. 《支配のオラクルジュエル》(条件付)
  8. 《ラスト・バイオレンス》
  9. 《灰燼と天門の儀式》(条件付)
  10. 《デーモン・スパーク》
  11. 《禁呪と聖句の決断》
  12. 《爆熱 BAGOOON ミサイル》
  13. 《護天!銀河MAX》
  14. 《新世界秩序》
  15. 《龍幻のトラップ・スパーク》
  16. 《絶・拳・一・番》
  17. 《ヘブン・デ・エンドレーサ》
  18. 《セレスティアル・アーク》
  19. 《グリングル・バインドル》(条件付)
  20. 《断罪スル雷面ノ裁キ》
  21. 《ヘヴンとバイオレンスの衝撃》(条件付)
  22. 《アブソリアス・ガード》
  23. 《天聖王儀 アルカディア・グローリー》
  24. 《セレスティアル・スパーク》
  25. 《アルカディア・スパーク》
  26. 《オリオティス・ジャッジ》(条件付)
  27. 《ハムラティス・ジャッジ》(条件付)
  28. 《S・S・S》(条件付)
  29. 《「破壊の赤!スクラッパーレッド!」「知識の青!ブレインブルー!」「魅惑の緑!トラップグリーン!」「閃光の黄色!スパークイエロー!」「強欲の紫!ハンドパープル!」「ブレイクあるところに我らあり!シールド戦隊、トリガージャー!!」》
  30. 《超次元ガード・ホール》(《時空の凶兵ブラック・ガンヴィート》等条件付)

このクリーチャー除去するcipを持った光のクリーチャー15種。

  1. 《魔天聖邪ビッグディアウト》
  2. 《悪魔神王バルカディアス》
  3. 《聖魔連結王 バロディアス》
  4. 《聖魔連結王 ドルファディロム》
  5. 《断影龍 ユスティーツァ》
  6. 《暴刀の侍猫》(条件付)
  7. 《煉獄大帝 キング・ロマノフ》
  8. 《天命の精霊ワガハイ・キャット》(条件付)
  9. 《煌龍 サッヴァーク》
  10. 《聖闘の精霊龍 セイント・カイザー》
  11. 《「雷光の聖騎士」》
  12. 《悪魔聖霊フンボルト》
  13. 《蠍紙の聖沌 5450r1》
  14. 《レディゴ・カリ・ゲルス》
  15. 《奇石 オリオン》(条件付)
  • 前述のカード群は採用率が低い物も多いため、『出されたらほぼ対処は不可能』と捉えても問題ない。

環境において [編集]

戦国編環境にて《星龍の記憶》の登場を機に【暴発ミルザム】が誕生し、そのフィニッシャーとして投入された。もっとも、初期の【暴発ミルザム】裁定に振り回されたデッキであり、立ち場が地雷デッキだったということもあり活躍できた期間は短かった。
他、【白黒緑コントロール】型の【ギャラクシーコントロール】に積めの一手として投入されることがあった。ただこの頃は《聖鎧亜キング・アルカディアス》が健在であり、そちらと《光神龍スペル・デル・フィン》《聖鎧亜クイーン・アルカディアス》ロックするのが主流であった。

エピソード1半ばから多色超次元呪文の登場を機に、【5色フェアリー・ミラクル】の性質を持った【ロードリエスコントロール】が活躍し、《悪魔神王バルカディアス》と共にフィニッシャーを務めた。
【白黒緑超次元】も台頭し、こちらにも積めの一手として投入されることがあった。

エピソード3環境【ヒラメキドレーン】がブレイクすると、順当なところで4ターン目にこれを使ってフィニッシュできるようになった。

【ヒラメキドレーン】消滅後は鳴りを潜めていたが、双極篇環境になると【サッヴァーク】で早出しされるケースが目立ち、超天篇環境末期には【白緑ファイブスター】フィニッシャーとして名を馳せた。

その他 [編集]

  • DMC-46ではアルカディアス一族最強の精霊と称される。現在は環境の高速化が激しいため相対的にパワーダウンしたが、それでもまだ十分な実力と魅力を有するカードといえるだろう。
  • ハッピー6パック第3弾のスペシャルカードとして4年ぶりの再録を果たす。ボディが青くなり、豪快なエフェクトが追加され派手なイラストになった。
  • 転生前と比較すると、表面部がより黄金へと強調され、両腕は槍状のものに、さらには剣を握った六本の腕が肘がない状態で浮遊しているなど、本当に《アルカディアス》なのかと見間違う程、面影がない。
  • DM-15版のフレーバーテキストにある「全宇宙が、光輝く聖霊の音色に包まれる」とは、各プレイヤー効果が及ぶこのカードロックのことを指すのだろう。
    その後の「天国への扉」とは、《ヘブンズ・ゲート》を思わせる。ちなみに、このカードが登場した次の弾で《ヘブンズ・ゲート》が登場した。
  • アニメでもWが切札として使用し、「 チャージ」49話や「クロス」36話では、主体の黒城 凶死郎を封じ込め、止めを刺した。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

聖霊王アルファディオス SR 光文明 (10)
進化クリーチャー:エンジェル・コマンド 15500
進化−エンジェル・コマンド
誰も、光以外のクリーチャーを召喚したり、光以外の呪文を唱えることはできない。
T・ブレイカー

DMPP-06でTCG版と同様の性能で実装。使いやすい進化元の《光輪の精霊 ピカリエ》や、優秀なサポートの《聖騎士ヴォイジャー》も存在し、【アウゼス】 (デュエプレ)【ヘブンズ・ゲート】 (デュエプレ)のフィニッシャーとして活躍している。

  • 第3回スタートチャージ10からは、このカードも使用禁止リストに追加された。運が絡むとはいえルール上最速で後攻1ターン目からロックが可能なためだろう。
  • 召喚した際は、8つの剣が円状に突き刺さり、その中心に《アルファディオス》が現れる演出となっている。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]