光流(こうりゅう)精霊(せいれい)ガガ・カリーナ》 [編集]

光流の精霊ガガ・カリーナ C 光文明 (5)
クリーチャー:エンジェル・コマンド/エイリアン 3500
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、コスト5以下の光または水のサイキック・クリーチャーを1体、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出す。

DMR-01で登場したエンジェル・コマンド/エイリアン

cip超次元ゾーンからコスト5以下のサイキック・クリーチャーを出すことが出来る。

サイクルで同コスト《電流戦攻セブ・アルゴル》《次元流の豪力》と比べると呼び出せるサイキック・クリーチャーの範囲がやや狭い。
しかしこちらはエンジェル・コマンドであり、種族が優秀である。超次元ゾーンから《時空の霊魔シュヴァル》を呼び出すことで、《悪魔聖霊アウゼス》シンパシー元を一気に2枚確保できる。
エンジェル・コマンド進化クリーチャーへの繋ぎとして見ても《時空の不滅ギャラクシー》に勝るとも劣らない。《超神星ネプチューン・シュトローム》《超聖竜ボルフェウス・ヘヴン》など、進化元に複数枚のエンジェル・コマンドを要求するカードを使うのであればこちらの方が使いやすいか。

他には《偽りの星夜 オレオレ・ダークネス》ハンデス能力の頭数を稼ぐのもいいだろう。

パワーも3500と《超次元ボルシャック・ホール》等でついでのように除去されないのでそれなりの場持ちは期待してもよい。ただし、同じ5コストの超次元呪文と比べるとややコストパフォーマンスで劣るため、クリーチャーが2体並ぶことを活かしたいところである。

  • カリーナという名前の元ネタは、りゅうこつ座イータ星のことかもしれない。イータ・カリーナという名で知られている。

サイクル [編集]

DMR-01で登場した、cip超次元ゾーンからサイキック・クリーチャーを呼び出すことができるクリーチャー。《悪魔神ザビ・イプシロン》以外、名前の冠詞には「流」の字が入る。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

光流の精霊ガガ・カリーナ R 光文明 (5)
クリーチャー:エンジェル・コマンド/エイリアン 3500
バトルゾーンに出た時、自分の超次元ゾーンからコスト5以下の光、水または自然のサイキック・クリーチャーを1枚をバトルゾーンに出す。

DMPP-16で実装。レアに昇格した。入手・生成することで、特典として《イオの伝道師ガガ・パックン》が付いてくる。
cipで呼び出せるサイキック・クリーチャーの対象に自然が加えられた。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMPP-16
    エイリアンの超次元を扱う技術は、超獣世界を凌駕する。

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]