戦国編環境(バトル・ギャラクシーかんきょう) [編集]

メタゲーム [編集]

DM-28 [編集]

【キング・アルカディアス】【マルコビート】が台頭する中、DM-28にて《ブレードグレンオー・マックス》《密林の総督ハックル・キリンソーヤ》の2体のマナ進化クリーチャーが登場。
【赤単速攻】などの速攻デッキも強化されたが、最もその恩恵を受けた【赤緑速攻】を中心に、しばらくの間ビートダウンメタの上位に位置することとなる。

後に環境のマストカードとなる《不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー》《ソウル・アドバンテージ》が登場したのもこの弾であり、カードプールに大きな変化を与えた。

前者は対処が難しいフィニッシャーとして広く活躍。2体以上並ばれると巻き返しが一気に難しくなるため、このクリーチャーメタカードとしてシールド焼却《冥府の覇者ガジラビュート》が注目されるほどだった。

また、後者はシールドが初期状態の5枚ならば事実上の「1マナ軽い《ロスト・ソウル》」となるため、勝負を決めかねない威力のハンデスカードとして恐れられた。

極神編後半の大量殿堂入りで、メタ格のデッキがそこまで他を突き放すような強さを持てなくなってきたこともあり、全体として「大会で勝てるデッキタイプ」が今までにないほど増えたと言える。
ファンデッキ気味のデッキでも、しっかりと構築すれば、公認大会レベルで上位を目指すことも可能になってきた。

DM-29 [編集]

しばらくビートダウンの強さが続くと思われたが、DM-29の発売で状況が逆転する。新能力ニンジャ・ストライクが登場したことにより、コントロール側の防御手段が増え、相対的にビートダウンがやや弱体化してしまった。

同じ頃DMC-44 「エンドレス・オール・デリート」に収録された《インフェルノ・サイン》により、殿堂入りしていた《インフェルノ・ゲート》に続くリアニメイト手段が登場したため、【ロマノフサイン】【ロマネスクリアニメイト】といったデッキが台頭していった。
《インフェルノ・サイン》S・トリガーでもあり、コントロールはさらにビートダウン・速攻への耐性を得ていた。《龍神メタル》《龍神ヘヴィ》などによる【黒ランデス】などへの恩恵も大きかったと言える。《幻槍のジルコン》も当時は希少な墓地肥やし要員として重宝された。

DMC-43 「ネバーエンディング・ヒーロー」からは《エンドラ・パッピー》《ヘヴンとバイオレンスの衝撃》が登場し、ドラゴンと言うよりエンジェル・コマンドのサポート要員として注目された。

メタ格デッキのフィニッシャーには《不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー》《聖鎧亜キング・アルカディアス》などの拘束系カードがよく用いられ、これらのパワーが軒並み9000であったため、このラインが重要になった。

ギャラクシーマスターリーグ2008では、ビートダウンは【マルコビート】【黒マルコ】といった【青赤緑ビートダウン】軸のものが多く入賞し、速攻は【赤緑速攻】が中心になった。
他方、コントロールは上記のリアニメイト系と【ギャラクシーコントロール】【キング・アルカディアス】系、そして【黒ランデス】などのランデス系、さらに新興の【青黒緑コントロール】系の【ドルゲーザ】【カウンターバイケン】が君臨。

《ソウル・アドバンテージ》による中盤での大量ハンデスが蔓延したため、入りのコントロール同士では「先に撃った方が勝ち」という展開が多かったのもこの時期の特徴だった。
そのため、地雷デッキとして【カウンターバイケン】【カウンターマッドネス】が登場。多種多様なデッキによるメタゲームが展開された。

10月には《凶星王ダーク・ヒドラ》《バジュラズ・ソウル》殿堂入り《スケルトン・バイス》はついにプレミアム殿堂入りしている。
種族デッキランデスが多少弱体化し、相対的に《解体人形ジェニー》《ソウル・アドバンテージ》の重要度が上がった。

11月には最強クラスの構築デッキと謳われたDMC-46 「Arcadias騎士団(アルカディアス・ナイツ)」が登場。強力な手札補充要員である《魔弾グローリー・ゲート》をあと1枚追加すれば、それだけで大会に勝てる程強いデッキになった。強力な《聖鎧亜キング・アルカディアス》《聖鎧亜クイーン・アルカディアス》に目を奪われがちだが、《魔光大帝ネロ・グリフィス》《魔光騎聖ブラッディ・シャドウ》も強く、光闇型【ナイト】の環境進出を決定づけた。
対する【サムライ】DMC-45 「BATTLE of YAMATO魂(バトル・オブ・ヤマトダマシイ)」では《ボルメテウス・剣誠・ドラゴン》《龍刃 ヤマト・スピリット》のような大型切り札が収録され、【剣誠型サムライ】など専用デッキが考えられたが、こちらは環境への進出までには至らなかった。

DM-30 [編集]

DM-30になると新カード「」が登場。それらはどれもなかなかのスペックを持っており、特に《ハッスル・キャッスル》《ローズ・キャッスル》《海底鬼面城》などが多くのデッキタイプで活躍。

【闘龍鬼ジャック・ライドウ】による《超竜バジュラ》の復権も話題となり、覚醒編の末期まで発展し続けた。
悪名高き【ヴィルジニアリアニメイト】の礎が出来上がったのもこの頃。

今回のギャラクシー・マスターズでは白黒緑で構成された【ネクラギャラクシー】がオープンクラス優勝を果たす。レギュラークラスは【カウンターバイケン】が勝利を掴んだ。

DM-31 [編集]

《母なる大地》《凶星王ダーク・ヒドラ》はついにプレミアム殿堂入りし、他に4枚のカードが殿堂入り。いわゆる母なる〜系カードは《母なる紋章》1枚のみ搭載可能となった。

特に《雷鳴の守護者ミスト・リエス》《ソウル・アドバンテージ》殿堂入りは事件だったが、前者は以前に比べて格段に増えたドロー手段に代替され、後者は依然闇入りのデッキには必須カード高確率で採用されており、《ロスト・ソウル》の存在もあって大きくメタゲームは動いていない。

他にも《超銀河弾 HELL》という重量呪文が登場した。発売当初はその凶悪な能力から環境を支配するのではないかと危惧されたが、コストが非常に重い、相手側にクリーチャーがいないとアドバンテージが得られない、などの理由から、今のところ大きくメタを動かすほどには活躍していない。

この弾では《西南の超人》の登場によるジャイアントの更なる強化や、ナイト&サムライの戦力の多様化により、さらに多くの有力デッキが登場。《蒼狼の始祖アマテラス》の登場も大きく、コントロールのデッキスロットが大幅に節約される事になった。

DM始まって以来と言っていい、超多様なメタゲームが展開され、主流のいくつかのデッキと、それ以外のダークホース的な存在のデッキの実力差が大きく縮まっている。

大規模な大会では、やはり成績が安定するであろう【赤緑速攻】などの速攻デッキ《エンペラー・マルコ》軸の中速ビートダウン《不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー》【ヘヴィ・デス・メタル】《聖鎧亜キング・アルカディアス》を擁する各種コントロール【黒ランデス】などのランデス系デッキ・【シノビドルゲーザ】などのシノビを採用したデッキ・《インフェルノ・サイン》を利用したリアニメイト系デッキ辺りが幅をきかせている。

だが、この中でさえも多種多様な戦術がある。さまざまなデッキ構築が可能なデュエル・マスターズの本来の姿を取り戻してきており、理想的な環境だと言えるだろう。

当時の主流デッキ [編集]

有力カード [編集]

参考 [編集]