覇竜凰(はりゅうおう)ドルザバード》 [編集]

覇竜凰ドルザバード SR 闇文明 (6)
進化クリーチャー:ティラノ・ドレイク 11000
進化−自分のティラノ・ドレイク1体の上に置く。
フォートE:ブレイブ・スピリット(このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、ブレイブ・スピリットを自分のマナゾーンでタップしてこのクリーチャーを召喚していた場合、このクリーチャーは次のFE能力を得る)
FE−このターン、このクリーチャーがブレイクしたシールドの「S・トリガー」を相手は使えない。
フォートE:ティラノ・ドレイク
FE−このクリーチャーは、相手のシールドを1枚ブレイクする。
W・ブレイカー

DM-20で登場した進化ティラノ・ドレイク

ティラノ・ドレイク屈指の高パワーを持つ進化クリーチャー
不死鳥編背景ストーリー上での魔闘竜軍団の長でもある。

2つのフォートEを持つ。ブレイブ・スピリット側はS・トリガー封印、ティラノ・ドレイク側はcipでのシールドブレイク効果。
これらはシナジーし合っているため、このカード自身のW・ブレイカーも通った場合、S・トリガーの危険性無しに相手のシールドを3枚ブレイクできる。
また、最後のシールドブレイクしつつダイレクトアタックを決めることもできる。

ブレイブ・スピリットはもともとティラノ・ドレイクのサポート種族なので、普通にティラノ・ドレイクデッキを作ればフォートEは容易。
多くのティラノ・ドレイクの進化クリーチャーの中でも決定力には目を見張るものがあるため、フィニッシャーとして十分使える1枚。

  • ドルバザードでもドルハザードでもなく正しくはドルザバードである。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

覇竜凰ドルザバード SR 闇文明 (6)
進化クリーチャー:ティラノ・ドレイク 11000
進化−ティラノ・ドレイク
バトルゾーンに出た時、相手のシールドを1つブレイクする。相手はその「S・トリガー」を使えない。
相手はこのクリーチャーがブレイクしたシールドの「S・トリガー」を使えない。
W・ブレイカー

フォートEだった能力は、どのようにバトルゾーンに出しても適応されるようになった。
S・トリガー封じはバトルゾーンに出したターン以降も続くようになり、ブロッカーで1ターン凌がれてもフィニッシャーとしての性能が損なわれなくなっている。

相手のシールドが3つだと《覇竜凰ドルザバード》1体で丸裸、もう1体の打点でそのターンにダイレクトアタックになる。
相手のシールドが1つだと《覇竜凰ドルザバード》だけでそのターンに止めを刺せる。

  • また、ブレイク枚数増加カードと相性が良い。《無頼封魔アニマベルギス》を《覇竜凰ドルザバード》召喚後に召喚し、《アニマベルギス》のcip効果の対象とすればS・トリガーを使用させずに3枚ブレイクすることが可能となる。進化元を《アニマベルギス》の効果で指定し、そのターン中に進化させればS・トリガーを使用させずに5枚ブレイクが可能となっている。
  • 過去のVer.では、ブレイク後に「S・トリガー」を使わせない能力が発動したエフェクト(クリーチャーが少し跳ねる演出)が入っていた。「S・トリガー」と使わせなかった処理をすでに通過していたタイミングでエフェクトが出るのはおかしく、DMPP-09実装時点では修正されている。
  • シークレット版を手に入れると、専用のアバターパーツが手に入る。《覇竜凰ドルザバード》を身にまとったような見た目をしている。また、BGM「Double Inverse」を聴けるようになる。
    • EXパックのシークレットは、この特典の代わりにイラストが飛び出すアニメーションが無い仕様のため、このカードにもアニメーションは無い。

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]