《「使命(しめい)」の頂天(ちょうてん) グレイテスト・グレート》 [編集]

「使命」の頂天 グレイテスト・グレート SR 火文明 (11)
クリーチャー:ゼニス・セレス 12000
水晶ソウル3(このクリーチャーを召喚する時、自分のマナゾーンにある裏向きのカードのマナの数字は3になる)
T・ブレイカー
自分のクリーチャーすべてに「スピードアタッカー」を与える。
このクリーチャーが召喚によって出た時、自分の山札の上から3枚を見る。その中から、コスト7以下のクリーチャーを好きな数出し、残りを手札に加える。
エターナル・Κ(このクリーチャーが離れる時、かわりに自分のマナゾーンにある裏向きのカードを3枚、表向きにしてもよい)

DM23-EX3で登場したゼニス・セレス

水晶ソウル3を持つT・ブレイカー
自軍にスピードアタッカーを付与する常在型能力と、山札の上3枚からコスト7以下のクリーチャーを好きなだけ踏み倒す召喚限定cipエターナル・Κによる耐性を持つ。

素のコストは11と重いが、支払いに水晶マナを用いることで最小だと5枚のタップで召喚できる[1]
《流星のガイアッシュ・カイザー》コスト軽減を組み合わせた場合は、11-4=7のマナコストを支払えば良いため、水晶マナ2枚(無色3マナ発生×2)と火1マナの3枚で良い。

《ガイアッシュ・カイザー》の踏み倒しを想定しない最速着地は4ターン目。
2ターン目に《Dの寺院 タブラサ・チャンタラム》を置き、3ターン目のマナチャージを水晶マナ化。3ターン目は《シャングリラ・クリスタル》を使用して水晶マナを2ブーストすることで、4ターン目には水晶マナ×3+単色マナ×2か、水晶マナ×4+単色マナ×1を揃えられる。
3ターン目を《奪取のクリス アラカン》にしても、11-2=9マナを[火(1)]+水晶マナ×3の支払いで足りる。

召喚時限定cipスピードアタッカーを付与を組み合わせることで、このカード1枚からワンショット打点を生み出せる。
水晶マナギミックはある程度充実しているため、デザイナーズコンボで早期召喚も難しくない。
踏み倒ししなかったカードは手札に加わるため、これに乗じて《天頂と停滞と水晶の決断》を入手しアタック・チャンスするプレイングもある。

一見するとカウンターケアをできない脳筋のように思えるが、そこはこの弾のベリーレア水晶武装サイクルが溜めを補助してくれる。
《偽りの名 ワスプメリサ》《森夢龍 フィオナ・フォレスト》のような「このクリーチャーが出た時」依存のクリーチャーを猛烈に足止めでき、色の合う《偽りの名 スカラベオ》はその《ワスプメリサ》などを除去できなくさせる。

全体スピードアタッカー化でいざというときにもワンショットに移行できながら、水晶武装《偽りの名 バザガジー・ラゴン》などを横並びするコントロールプラン兼それらコスト7以下の5枚目以降として役立つことだろう。

《流星のガイアッシュ・カイザー》は、水晶マナを多用すると自分のマナゾーンの文明が少なくなっていくことにより青赤緑マナ基盤の確保が困難。ゆえに自身のコスト踏み倒しメタでしか出せそうになくコンボは相手依存
ただし投入自体は《「使命」の頂天》で呼び出せるコスト7以下のクリーチャーの濁りにはならないのが良い。

  • 《「命」の頂 グレイテスト・グレート》のリメイク。「コスト7」を条件とする踏み倒しを引き継いでいるが、元ネタが合計コスト7ちょうどでなければいけなかったのに対し、こちらはコスト7以下のカードを好きなだけ踏み倒せる、とかなりの別物になっている。

コスト軽減早見表 [編集]

使用カード実質コスト支払い
《奪取のクリス アラカン》11-2=9[水晶(3)]と[火(1)]の4枚
[水晶(2)]と[火(3)]の5枚
《流星のガイアッシュ・カイザー》11-4=7[水晶(2)]と[火(1)]の3枚
[水晶(1)]と[火(4)]の5枚

サイクル [編集]

DM23-EX3スーパーレアゼニス・セレスサイクル。全て水晶ソウル3とエターナル・Κを持ち、エピソード2に登場したゼニスを元ネタとする。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


[1] 水晶マナ3枚+通常マナ2枚か、水晶マナ4枚+文明支払い分の火マナ1枚の組み合わせ。《氷駆の妖精》の裁定より、マナ書き換えは過剰に支払ってもOK