驚天の超人(アメージング・ジャイアント) [編集]

驚天の超人 SR 自然文明 (8)
クリーチャー:ジャイアント 13000
このクリーチャーがバトルゾーンに出たとき、相手は自分自身の手札からクリーチャーを2体まで選び、バトルゾーンに出してもよい。
T・ブレイカー

DM-09で登場したジャイアント

8マナパワー13000のT・ブレイカーとだけ聞けばただのファッティだが、相手にクリーチャー2体のコスト踏み倒しを許すという凄まじいデメリットを持つ。

《緑神龍ガミラタール》マナコストパワーブレイク数、そして何よりデメリットの点でそれぞれ拡大したようなクリーチャー
そちらのデメリットでもかなりきついものがあるが、このクリーチャーはその2倍。

場に進化元がなくとも進化クリーチャーが出せる上、コンボ進化VG・リンクなどの下準備を進めさせてしまうなど、非常に危険。

またデメリットの存在のために、除去されてしまった場合に安易にはバトルゾーンに出し直せないため、除去耐性も極めて低いと言える。

もっと言えば、このクリーチャーからデメリットを抜いても、コスト論を少しオーバーした準バニラでしかない。

後年、インフレによってこれに匹敵するサイズでデメリットを全く持たないクリーチャーは多く登場しており、多色も考慮すればメリットを持つものすらある。

あえて使うのであれば、後述する《単騎連射 マグナム》との好相性を踏まえたファンデッキを組むことになるだろう。
除去札を排除したり、《父なる大地》などで相手に悪用されたりするのを防ぐ意味でも、やはりハンデスは必須となる。

  • 名前の「驚天」は「驚天動地(きょうてんどうち)」「天を驚かし地を動かす」から、「アメージング(amazing)」は「驚嘆させるような」という意味である。
    • 確かに凄まじいデメリットを持つこのクリーチャーが出てくれば相手は驚くだろう。
    • 「驚天」は「ょうてん」とは読まない。ぎょうてんは「仰天」である。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

最新バージョンの性能 [編集]

驚天の超人 SR 自然文明 (6)
クリーチャー:ジャイアント 13000
このクリーチャーがバトルゾーンに出たとき、相手は自分自身の手札から進化でないクリーチャーを、コストの大きい順に2枚バトルゾーンに出してもよい。(同じコストのカードが複数あるなら、その中からランダムに選ぶ。また、バトルゾーンに出ることによって起こる効果はすべて無視する)
T・ブレイカー

DMPP-08EXで実装。
TCG版よりコストが2下がり、踏み倒しが「コストの大きい順」と設けられ、さらに、出た時効果は一切発生しなくなるという強化を受けている。《緑神龍ガミラタール》(デュエプレ版)とは違い、踏み倒しは相手の任意のままであるため、擬似ハンデスの役割は持たせられない。
ゲーム中では、まず相手の画面に踏み倒し候補が2体まであるだけ表示され、それを見て踏み倒すか踏み倒さないかを選択させる。2体あるがあえて1体だけ出すことはできない。

この仕様により、《龍仙ロマネスク》といった、採用理由が主にcipにあるクリーチャーなら、「出せば効果によるアドを稼げず手札を失う」「出さなければ《驚天の超人》に好きに動かれてしまう」という二択を相手に迫ることができる。

しばらくの間「未進化、コスト6の中で無条件にT・ブレイカーを持つ」では唯一の存在だったが、DMPP-15でコスト6呪文の《キズナ・ブラスター》で出す《時空の神風ストーム・カイザー XX》の組み合わせが登場してしまった。呪文メタや対コスト踏み倒しメタ超次元ゾーンの圧迫など、様々な部分で差別化はできるが、《炎刃 イダテン・アクセラー》《キリモミ・スラッシュ》などから想定外のT・ブレイカーを暴れさせるというコンセプトではこちらの存在意義はほぼなくなってしまったといえる。

  • プレイ時のボイスは何故か英語である。上述のように英語版で大きな活躍を果たした点からだろうか。もしくは、名前のアメージングから「スパイダーマン」、緑色の巨人から「ハルク」、胸部や手のひらから「アイアンマン」と、アメコミヒーローを思わせる要素が含まれている点から取られた可能性もある。

アップデート履歴 [編集]

2021年4月22日に使用可能になってから、2021年6月10日実施のメンテナンスまでの49日間、以下のような性能だった。

驚天の超人 SR 自然文明 (3)
クリーチャー:ジャイアント 13000
このクリーチャーがバトルゾーンに出たとき、相手は自分自身の手札から進化でないクリーチャーを、コストの大きい順に2枚バトルゾーンに出してもよい。(同じコストのカードが複数あるなら、その中からランダムに選ぶ。また、バトルゾーンに出ることによって起こる効果はすべて無視する)
T・ブレイカー

このカードの初期の頃のコストは3にまで下がっており、TCG版よりまさに驚天な強化を受けている。

ブロッカースレイヤーなどのキーワード能力《光神龍スペル・デル・フィン》などの常在型能力が相手の手札にないと踏むなら、3ターン目にポン置きしてそのまま押し切れる可能性も十分にある。

コスト3の自然のクリーチャーであるため《運命の選択》で出せ、コスト5以下なので《霊翼の宝アルバトロス》でも出すことができる。
山札や墓地から低コストでパワー13000のT・ブレイカースピードアタッカーで出せるのは、それだけでゲームの勝敗をひっくり返せる可能性がある。
相手もクリーチャーを出せるとはいえ、そのターンに勝つことができれば出させた2体のクリーチャーは何も相手のアドバンテージにならない。

3ターン目に《驚天の超人》、4ターン目に《運命の選択》で山札からさらなる《驚天の超人》と、2ターン連続で出すこともできる。2体目を出すときは相手は手札を消費していることが多く、デメリットを軽減できる。

  • ビートダウンで使う場合、相手に2体を出されたとしても、出ることによって起こる効果が無視されていて、なおかつこのパワーとT・ブレイカーで相殺できることも少なくなかった。
  • 素のコストがTCG版より5も軽くなっていたのはDMPP-08EX時点で最も大きい軽量化であった。

フレーバーテキスト [編集]

  • DM-09DMPP-08EX
    伸ばした腕は国をも超え、遥か彼方の龍を撃つ!

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]