《インガ・ルピア》 [編集]

インガ・ルピア P 無色 (4)
クリーチャー:オラクル 4000
自分のゴッドの召喚コストを1少なくしてもよい。ただし、コストは1より少なくならない。

DMX-14で登場した無色オラクル
自分のゴッドを1コスト軽減する常在型能力を持つ。

久々に登場したゴッドサポートだが、その効果は1コスト軽減と4コストとしてはかなり地味なもの。
パワーはやや高いものの、素直にマナブーストをするか、同じくルピアであり2コスト軽い《ゴッド・ルピア》や、墓地回収ができる《デスメタ・ルピア》を使った方が無難。

無色ゴッド・ノヴァのみを使う前提でも、1コスト軽く無色クリーチャー全体を2コスト軽減ができる《ゼロ・ルピア》も存在する。そちらと違い、無色でないゴッドに対応させるために下限が設けられているのも難点。

同時に収録されたゼン&アクのようにを含まないゴッドデッキならば、を必要とする《ゴッド・ルピア》の代わりになるかもしれない。
が、ゼン&アク自然を含むのでマナブーストに優れ、を加えて【5色コントロール】のような構成を取ることも多いので、やはり厳しい。を入れなくても《深塊機士ガニスター》等が存在するのも向かい風か。

後に登場した《神人類 イズモ》は、3コストながら同じコスト軽減能力を持ち、中央G・リンクを持つ無色ゴッド・ノヴァ/オラクルである。あらゆる点においてこのクリーチャー完全上位互換であり、もはやこちらが採用されることはほぼ無いだろう。

  • その姿は既存のオラクルとは似ても似つかないが、一応「インガ」という名はオラクル7階層の1つである。
  • ルピアを持つ関係からか、無色オラクルの命名ルールから大きく外れている。後に多種族のオラクルが続々登場していることを見るに、ファイアー・バード/オラクルとした方が適切だっただろう。
    • 一応、階層の名前である「インガ」を仏教用語としての「因果」とのダブルネーミングと解釈すれば、命名ルールからは外れない。

フレーバーテキスト [編集]

  • DMX-14
    神様が神様を呼び、神様同士が新たな神様になるっぴ!――インガ・ルピア

収録セット [編集]

参考 [編集]