《ディス・アダラ・ドラグーン》 [編集]

ディス・アダラ・ドラグーン R 闇/火文明 (5)
クリーチャー:ティラノ・ドレイク/エイリアン 2000
S・トリガー
バトルゾーンに出た時、そのターン、相手のクリーチャー1体のパワーを-2000する。その後、自分のエイリアン1体を破壊してもよい。そうした場合、相手のパワー1000以下のクリーチャーをすべて破壊する。

DMPP-17で登場した/ティラノ・ドレイク/エイリアン
デュエル・マスターズ プレイスゲームオリジナルカード

S・トリガーcipで相手獣1体に-2000のパワー低下をかける。さらに、自分のエイリアン1体を破壊することで相手に1000全体火力を放つ。
「自分の他の」ではないので、場に出た時他のエイリアンがいなくても自身を破壊すれば全体火力を発動できる。

パワー低下火力を組み合わせると、相手のパワー3000以下1体を破壊できる。全体火力なので《時空の英雄アンタッチャブル》を選ばずに倒せる点も優秀。

しかし、自分のエイリアンを破壊した場合はクリーチャーの頭数が増えずS・トリガー獣の強みが薄れてしまう。1000以下という範囲の狭さはビートダウンへの刺さりが怪しいのもマイナスで、同じく頭数が増えない《スーパー炎獄スクラッパー》に威力で劣る場面も多い。

単にエイリアンスーサイド戦術を取りたいにしても、サイキックリクルーターであり同じくS・トリガー持ちの《死海秘宝ザビ・デモナ》や、S・トリガーこそないが確定除去が撃てる《魔刻の剣士ザビ・オルゼキア》が立ちはだかる。
やはり、ここは数少ない全体除去を使えるエイリアンであることを活かすべきだろう。

選ばせ除去《最強横綱ツッパリキシ》しかないエイリアンデッキでは、《時空の英雄アンタッチャブル》を複数並べられた際の対策は厳しかったが、このカードならまとめて一掃できる。
《ザビ・クラズ・ドラグーン》から繋げば相手の先行マナ加速→5コスト超次元呪文に間に合うのも優秀。
また、《アダラ》はS・トリガーエイリアンなら無制限に破壊できるのも便利。
例えば《パンドラ城 デス・ファントム》要塞化していたシールドからこのカードがトリガーした際、既に場にいる《時空のハイド ジオ・マッチョ》破壊し、《デス・ファントム》から《時空のジキル ザビ・ガンマン》を踏み倒して守る動きが可能。
これはクリーチャーしか破壊できない《死海秘宝ザビ・デモナ》と比べた際の明確な有利点である。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMPP-17
    俺様の魂を込めた一撃を受けてみろ!!ーーディス・アダラ・ドラグーン

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]