超次元(ちょうじげん)バイス・ホール》 [編集]

超次元バイス・ホール UC 闇文明 (6)
呪文
相手の手札を見てその中から呪文を1枚選び、捨てさせる。
次のうちいずれかひとつを選ぶ。
►自分の超次元ゾーンにあるサイキック・クリーチャーを2体まで、コストの合計が6以下になるように選び、バトルゾーンに出す。
►コスト10以下の闇のサイキック・クリーチャーを1体、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出す。
※殿堂入り

DM-37で登場した超次元呪文

《マインド・リセット》が内蔵されており、相手の呪文を落としつつサイキック・クリーチャーを呼ぶことができる。出したサイキック・クリーチャーが呪文により除去されにくくなっている他、仮に呪文が無くハンデスが出来ずとも相手の手札の状況に合わせて的確なサイキック・クリーチャーを呼び出せる。

特筆すべきは出せるサイキック・クリーチャーの範囲の広さである。
定番の6コストサイキック・クリーチャーの他、ならば10コストまで出すことができ、《時空の封殺ディアス Z》《時空の邪眼ロマノフZ》を出す際には重宝される。
また《時空の喧嘩屋キル》を2体出したり、マナ回収《タイタンの大地ジオ・ザ・マン》マナブースト《魂の大番長「四つ牙」》を出すことも可能であり、かなり器用な動きができる。現代では《エンジョイプレイ! みんなの遊び場! GANG PARADE!》の構成パーツ、《STARSCREAM -ALT MODE-》など優秀な小型も増加しており、相手の盤面や手札に合わせて様々な動きが可能。

総じて、二つの効果が上手くかみ合っており、対応力が非常に高い超次元呪文である。コストが6と若干重いが、コスト10のサイキック・クリーチャーを呼び出す呪文としては最も軽く、《邪眼教皇ロマノフII世》《聖霊左神ジャスティス》など多くのクリーチャーによって踏み倒せる範囲であり、それほど不便はしないだろう。

環境においては、《時空の支配者ディアボロス Z》を最も軽いコストで出せる超次元呪文であることが評価され大いに活躍した。《時空の支配者ディアボロス Z》クリーチャー限定アンタッチャブル(=呪文には選ばれる)と、このカードの効果が上手く噛み合っているためである。また、相手に先んじてこの呪文を唱えることで相手の超次元呪文ハンデス出来る事が、超次元を中心とした環境では非常に有利に働いたことも大きい。
しかしその強力さ故に、2011年6月24日に、同年7月23日から施行されるプレミアム殿堂超次元コンビ《時空の支配者ディアボロス Z》とともに指定された。

入りの【超次元コントロール】を中心に様々なデッキで利用されていたが、2014年3月15日にてプレミアム殿堂に指定されることが決まった。殿堂入りを経由しないプレミアム殿堂カードとしては《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》《フューチャー・スラッシュ》《アクア・パトロール》に続き4枚目である。これに伴って《時空の支配者ディアボロス Z》とのプレミアム殿堂超次元コンビは解除された。

DMEX-17でこちらの調整版のような性能を持つ《超次元ジェニー・ホール》が登場。ハンデス効果が相手に選ばせるものとなり、それが出来ない時自分が2枚ドローとなっている。
サイキック・クリーチャーを呼び出せる範囲が《バイス・ホール》と全く同じであったこちらがあまり活躍しなかったこと、またサイキックの優位性の低下を踏まえてか、2022年7月1日付で殿堂入りに降格。これにより実に10年ぶりに殿堂レギュレーション《時空の支配者ディアボロス Z》との共演が叶うこととなった。
また、殿堂入りプレミアム殿堂プレミアム殿堂コンビとデュエマにおける全ての規制を経験している。

  • 代表的な呼び出し先には以下がある

コスト10以下の闇サイキック・クリーチャー [編集]

コスト6以下のサイキック・クリーチャー [編集]


関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]