アコ [編集]

デュエル・マスターズ プレイスキャラクター
メインストーリーで登場する人物。
対戦開始時の称号は『清く正しく』。

EPISODE 10 解き放たれし混沌で登場しており、事前にシルエットが公開されていた[1]が、実際の立ち絵が登場したのはEPISODE 11 追想と天翔で、EP10時点では服を用意するのを忘れたという理由で、現地調達したジャマー団戦闘員の服装だった。
着替えた後は、大きな青縁の眼鏡、子供用の礼服といった感じの水色の袖なしジャケットを着て、コアクアンのように巻かれた髪型をしている。
髪型、眼鏡が大きい、白衣を着ていない、全体的にきっちりしている、などの違いはあるもののアークと似ており、ルピコにも彼と間違えられた。
アコ自身も自分が「アーク」と呼ばれたことについて何か引っかかるらしく、関係が示唆されている。

リーダーのダピコを除く他の来訪者達はコスト1のクリーチャーかつデュエプレで既に実装されているカードが元になっているのだが、アコは《コアクアンのおつかい》というコスト1でもクリーチャーでもなく、かつデュエプレではまだ実装されていない、さらにはクリーチャーとしてのカードがまだ存在していないところからの登場となった(一応、エイリアン化した《セブ・コアクマン》は存在しているが)。今後、コスト1のクリーチャーとして《コアクアン》が実装されれば仲間達と足並みが揃うことになる。

使用デッキ [編集]

サイバーロードを中心としたビートダウンデッキを使用。
デュエマシティに訪れた元クリーチャー達は自身のカードをデッキに入れるのがお約束だが、《コアクアン》のカードは存在しないので当然彼のデッキには入っていない(《アクアン》は入れている)。

異世界からの来訪者 [編集]

共にデュエマシティへとやって来た元クリーチャー達。

ダピコ《ダーク・ルピア》
クル……《予言者クルト》
クロ……《凶戦士ブレイズ・クロー》
ポゴ……《冒険妖精ポレゴン》
リロ……《孤独の影ロンリー・ウォーカー》
ジャスミン……《霞み妖精ジャスミン》

参考 [編集]