《シャチホコ・GOLDEN(ゴールデン)・ドラゴン》 [編集]

シャチホコ・GOLDEN・ドラゴン VIC 光/闇/火文明 (39)
サイキック・スーパー・クリーチャー:キング・コマンド・ドラゴン/エイリアン 39000
バトルゾーンにある自分のクリーチャーを相手が選ぶ時、このクリーチャーを選ぶことはできない。(ただし、このクリーチャーを攻撃またはブロックしてもよい)
このクリーチャーが攻撃する時、呪文を3枚まで、自分の墓地から手札に戻してもよい。その後、そのターン、バトルゾーンにある他のクリーチャーすべてのパワーは-9000される。(パワー0以下のクリーチャーは破壊される)
ワールド・ブレイカー
リンク解除(このクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、そのサイキック・セルのいずれか1枚を選んで超次元ゾーンに戻し、残りのカードを裏返す)
覚醒リンク前⇒《レッド・ABYTHEN・カイザー》(上)/《ブラック・WILLOW・カイザー》(中)/《ホワイト・TENMTH・カイザー》(下)

DMX-05にて登場した、ビクトリーを持つ//キング・コマンド・ドラゴン/エイリアンサイキック・スーパー・クリーチャー

ワールド・ブレイカーを持ち、インフレが進んだ現代でも最上位クラスのパワーを誇る。
所持している能力アンタッチャブルアタックトリガーでの呪文3枚サルベージ、他のクリーチャーすべてに9000のパワー低下と、覚醒リンク前の各サイキック・クリーチャー能力が強化されたものになっている。ただし、選ぶことに甚大なデメリットがある《レッド・ABYTHEN・カイザー》と純粋なアンタッチャブルのこちらとでは使い勝手がやや異なる。状況に応じてリンクを狙うか判断すべきだろう。

登場当初においては、出せば勝利が確定すると言っても過言ではない圧倒的なスペックであり、現代でもその強さは健在。特に攻撃時のパワー低下能力は9000以下のクリーチャーを問答無用で一掃でき、非常に強力。またワールドブレイクの際にS・トリガー除去を受けた場合もリンク解除によって《レッド・ABYTHEN・カイザー》というアンタッチャブルの打点を残せるため、次のターンにトドメを刺しやすい。
ただしパワー低下能力の発動は強制であり、相手のpigを誘発させてしまったり自軍を巻き込んでしまうのが難点。このためにこちらでワールド・ブレイクし、そのターン中にトドメという動きはやりづらい。

ド派手な能力を持つが、その分覚醒リンク前の3体のコストがすべて7と大きく、相手の除去も考慮するとリンクはかなり難しい。《天下統一シャチホコ・カイザー》を利用したり、《ホワイト・TENMTH・カイザー》《超次元シャチホコ・ホール》を使いまわしたりして、可能な限り素早くサイキック・セルを揃えたい。《暴走龍 5000GT》などのサイキック・クリーチャーメタ踏み倒しメタへの対処も用意するべきだろう。

覚醒リンク自体がややオーバーキル気味であり、他の多くのサイキック・スーパー・クリーチャー同様、この面はブラフとしての役割が大きいだろう。もっとも、運良く出せた時には圧倒的なカードパワーで場の相手クリーチャーを蹂躙してやりたい。専用デッキについては【シャチホコ・GOLDEN・ドラゴン】を参照。

  • 名称から、モチーフとなっているのは愛知県名古屋市にある名古屋城の天守閣に竣工された「金鯱」。
    《超次元シャチホコ・ホール》フレーバーテキストからもこの事が窺え、覚醒前の3体も名古屋の名物である「えびせん」「ういろう」「天むす」を冠しているなど、どこまでも名古屋づくしである。
    • サイキック・セルカード名は《色名・名物・カイザー》となっているが、このカードは《名物・色名・ドラゴン》となっている。
      名物と色名が入れ替わっているのは、「シャチホコ」という名称をアルファベットの当て字にした場合、他3体の当て字が7文字以内に収まっているのに比べて長くなりすぎるためだろうか。
  • デュエル・マスターズが発売して10周年を記念し、thank you(サンキュー)を意味してのコスト39、パワー39000なのかもしれない。同弾にも《緑銅の鎧》が10周年をモチーフした装備となっている。
  • アニメ「ビクトリー」では実際の商品発売1ヵ月前から登場。シャチホコが使っているが、第32話では覚醒リンク時に画面左側に出る文明表示が間違って「//」となっていた。漫画「ビクトリー」でも同様に使用。

収録セット [編集]

参考 [編集]