死神封魔(しにがみふうま)ラヴァール》 [編集]

死神封魔ラヴァール UC 闇文明 (2)
クリーチャー:グランド・デビル 1000
自分の闇の進化クリーチャーを召喚するコストを1少なくしてもよい。ただし、コストは1より少なくならない。

DM-32で登場したグランド・デビル

2コスト1000の同文明進化クリーチャーコスト軽減サイクル。「死神」でもある。

このカード自身が進化先が多いグランド・デビルだというのが嬉しい。《超神星プルート・デスブリンガー》を軽量化した上に進化元にもなる。

ということで、墓地進化も上手く扱えるだろう。パワーが低く、破壊されやすい点でも墓地進化とのシナジーは良好。

ドラゴン・サーガの終盤から革命編では文明指定の進化クリーチャーが多く登場し、能力を活かしやすくなった。その影響かDMD-22再録。このクリーチャーから繋がるカードとして《夢幻騎士 ヴィシャス・デスラー》《夢幻騎士 ダースレイン》が登場している。

2コスト軽減カードとしては《一撃奪取 ブラッドレイン》もいるが、こちらは出して即座に能力を発揮できる点で勝っている。【黒単ビートダウン】などではそちらと併用してもいいだろう。

  • カードイラストを見るに、の涙を流しているのは彼の頭ではなく右肩。その右下の赤い部位が彼の頭部である。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

最新バージョンの性能 [編集]

死神封魔ラヴァール C 闇文明 (2)
クリーチャー:グランド・デビル 1000
自分の闇の進化クリーチャーの召喚コストを1少なくする。それが名前に《神羅》とあるクリーチャーなら、さらに1少なくする。ただし1より少なくならず、かつそのクリーチャーの持つ文明の数より少なくならない。

レアリティコモンに変更された。
また、闇文明の神羅に対してのさらなるコスト軽減も追加された。

《神羅スカル・ムーン》との相性は良好。《羅月スカル》やそちらの効果で回収した進化クリーチャーのコストを軽減しつつ、《スカル》からルナティック進化させた《スカル・ムーン》でこちらを守れる。
また、《スカル》→《スカル・ムーン》で4→5と繋ぐことも可能。

アップデート履歴 [編集]

2022年1月24日に使用可能になってから、2022年2月24日実施のメンテナンスまでの31日間、以下のような性能だった。

死神封魔ラヴァール C 闇文明 (2)
クリーチャー:グランド・デビル 1000
自分の闇の進化クリーチャーの召喚コストを1少なくする。ただし1より少なくならず、かつそのクリーチャーの持つ文明の数より少なくならない。

TCG版とほぼ同一の性能だった。
任意強制の違い、5色レインボーを使った文明の支払いの違いのみ。

サイクル [編集]

DM-32DMPP-12の同色進化クリーチャーコストを軽減するクリーチャー。全てDM-19に収録されている同色超神星の進化元となる。

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]