《ヤミノドーベル》 [編集]

ヤミノドーベル C 闇文明 (3)
クリーチャー:ダーク・モンスター 2000
ブロッカー
このクリーチャーは、攻撃することができない。
自分のターン中に相手のクリーチャーがバトルゾーンを離れた時、自分の山札の上から3枚をすべてのプレイヤーに見せてもよい。そうした場合、その中から、名前に「Ζ」とあるクリーチャーを好きな数自分の手札に加え、その後、残りを自分の墓地に置く。

DM-37で登場したダーク・モンスター

自分のターン中に、相手クリーチャー離れた時に、山札の上から3枚を表向きにしてΖ手札に加えられる能力を持つ。

Ζ手札に加えつつ墓地肥やしもできるため、《殲滅の英雄ハンニバルZ》との相性は抜群。バトルゾーンを離れた時が条件のため、《時空の封殺ディアス Z》効果にも対応している。
除去効果を持った返霊墓地コストをすぐさま回復できるのでΖのサーチを考えずとも使っていけるだろう。

  • 天使の輪に黒い翼というE・ソウルの特徴を持ち、すべてがE・ソウルである「Ζ」のサポートカードながら、自身はE・ソウルを持っていない。なんらかの原因で製作途中に外されてしまったのだろうか。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

ヤミノドーベル UC 闇文明 (3)
クリーチャー:ダーク・モンスター 2000
ブロッカー
攻撃できない。
このクリーチャーまたは相手のクリーチャーがバトルゾーンを離れた時、自分の山札の上から3枚を表向きにする。その中から、名前に「Ζ」または「超次元」とある闇のカード1枚を手札に加えてもよい。残りを墓地に置く。(この効果は、各ターン中1度のみ発動する)

自身がバトルゾーンを離れた際や相手のターンにも効果が発動するようになり、サーチの対象に超次元呪文も含まれるようになった。
一方ターンに1度しか効果が発動せず、手札に加えられる枚数が1枚のみになり、効果が強制になった弱体化を受けている。
また、レアリティアンコモンになった。

自身がバトルゾーンを離れた際及び相手ターンにも効果が誘発するようになったため、小型システムクリーチャーの難点である除去への弱さを克服している。
また、スーサイド戦術のメタS・トリガーからの切り返し要員としても使える。
超次元サーチ出来ることから、Ζデッキに限らず幅広く採用出来うるカードとなった。
一方、ターンに1度しか効果が誘発しないこと、手札に加える枚数が1枚までとなったことから、爆発力に関してはTCG版より大きく劣る。
総じて全体的にマイルドになったが、カードパワーそのものは大きく強化されたと言える。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]