凶骨(きょうこつ)邪将(じゃしょう)クエイクス》 [編集]

凶骨の邪将クエイクス VR 闇文明 (7)
クリーチャー:デーモン・コマンド 6000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある自分の他の闇のクリーチャー1体につき相手の手札を1枚見ないで選び、捨てさせる。
W・ブレイカー

DM-04で登場したデーモン・コマンド
cipで他の味方クリーチャーの数だけハンデスできる。

相手の選択肢を奪いながら打点を増やしていけると考えればそこそこ強力。

コスト軽減《電脳封魔マクスヴァル》《一撃奪取 ブラッドレイン》とは相性がいい。多く並べれば並べるほどコストが減り、捨てさせられる手札の枚数が増える。
G・ゼロを持ち、並べやすい《マッド・ギター》《魔光騎聖ブラッディ・シャドウ》を使うのも手。
を含む多色では《腐敗無頼トリプルマウス》もしくは《聖黒獣アシュライガー》を使えば次ターンで綺麗に繋げる事ができ、捨てさせられる手札の枚数も増やせる。

ハンデスを行った後、全体除去《革命魔王 キラー・ザ・キル》などに繋げると、を使わない相手には負担をかけることができる。
他にも《神羅ヘルゲート・ムーン》《死神の蘇生者シュタイナー》《「謎」の頂 Z-ファイル》など、相性のいいカードは増えている。

しかし、カードプールの増加により、様々なライバルが生まれてきているのも現状である。

登場時点での7マナ圏のハンデスならば、《ロスト・ソウル》が存在しているが、《クエイクス》の利点としてはバトルゾーンW・ブレイカーが残ることであり、差別化はできていた。

その後、相手の墓地呪文の数だけコスト軽減され、cip呪文をすべて捨てさせる《復讐のバイス・カイザーZ》cipで自分のコマンドの数だけハンデスが可能な《偽りの星夜 オレオレ・ダークネス》、10コストと重いがcipで全ハンデスを放つ《知識の破壊者デストルツィオーネ》等が登場。

そして、ドラゴンの恩恵を受けられ、3枚ピーピングハンデスができる《悪魔龍 ダークマスターズ》が登場し、ますます立場が悪くなった。

インフレの波に飲まれつつあるが、後述の通りフィニッシャーになったり様々な媒体で登場したりと活躍の機会は多かった。今後は優秀な後輩に場所を譲ることとなるだろう。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

凶骨の邪将クエイクス SR 闇文明 (7)
クリーチャー:デーモン・コマンド 6000
バトルゾーンに出た時、自分の他の闇のクリーチャー1体につき1枚、相手の手札をランダムに捨てさせる。
スレイヤー
W・ブレイカー
  • 実装直後は「7枠しかないバトルゾーンに闇クリーチャーを蓄えておく」という条件が厳しそうに見え、ハズレアだという意見が一般的であった。ところが、デュエプレではコストが8になった《ロスト・ソウル》よりも1ターン早く使えることや、次ターンに《悪魔神バロム》へスムーズに繋がること、中型クリーチャーに1,2枚のランダムハンデスがあっただけでも十分強いことから評価が一転。マナを伸ばす闇主体デッキで使える強力なカードという立ち位置に付いた。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMPP-02
    玉座に座る凶骨の邪将は瞬く間に希望を摘み取った。

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]