《ボルメテウス・剣誠(けんせい)・ドラゴン》 [編集]

ボルメテウス・剣誠・ドラゴン P 火文明 (8)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン/サムライ 8000
G・ゼロ−バトルゾーンに自分のサムライが5枚以上あり、自分の《ボルメテウス・剣誠・ドラゴン》が1体もなければ、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。
W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2つブレイクする)
このクリーチャーが攻撃する時、相手のパワー6000以下のクリーチャーを1体破壊してもよい。
バトルゾーンにある間、このクリーチャーは名前に《ボルメテウス・武者・ドラゴン》を追加する。

DMC-45で登場したアーマード・ドラゴン/サムライ

《ボルメテウス・武者・ドラゴン》サムライ版といったクリーチャーで、8マナになったかわりにG・ゼロコスト踏み倒しできるようになった。
また、バトルゾーンでは武者ドラゴンとしても扱うため、《竜装 ザンゲキ・マッハアーマー》マナコスト無しでクロスするなど、様々なサポートカードシナジーを形成する。

他にはアタックトリガーによる破壊効果シールドコストが不要になっており、単純に使いやすくなっている。

G・ゼロの条件は、場にサムライが5枚あり、別の《ボルメテウス・剣誠・ドラゴン》がバトルゾーンにいないこと。
従来のG・ゼロにはなかった「同名カードがバトルゾーンに存在しない」という条件により、《バルケリオス・ドラゴン》のような大量展開はできないが、《竜装 ザンゲキ・マッハアーマー》クロスさせることによって、自身を含むドラゴンサムライをすべてスピードアタッカーにできる。

サムライ5枚という条件はクリーチャーだけでなくサムライクロスギアも含めるため、侍流ジェネレートなどを絡めれば意外と簡単に条件を満たせる。《アクア・ツバメガエシ》《武装竜鬼ジオゴクトラ》辺りを使えば一気に2枚分のサムライを用意できる。

サムライを5枚揃えてG・ゼロ召喚し、《竜装 ザンゲキ・マッハアーマー》クロスして強襲するのが必殺の流れ。《ボルバルザーク・紫電・ドラゴン》《竜将ボルベルグ・信玄》などの侍流ジェネレートを利用してサムライを並べ、展開に使ったサムライでそのまま勝負を決めてやりたい。

サムライクロスギアを多めに入れたビートダウン型のサムライデッキに入れればデッキの主力として活躍してくれるだろう。

専用デッキについては「【剣誠型サムライ】」を参照。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

ボルメテウス・剣誠・ドラゴン SR 火文明 (8)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン/サムライ 8000
G・ゼロ:バトルゾーンに自分のサムライが5枚以上あり、自分の《ボルメテウス・剣誠・ドラゴン》が1体もない
バトルゾーンにある間、このクリーチャーは名前に《ボルメテウス・武者・ドラゴン》を追加する。
攻撃する時、相手のパワー6000以下のクリーチャーを1体破壊してもよい。
W・ブレイカー

レアリティスーパーレアになった。

さりげなく、火力任意のままである。

自身の能力やコストに変化はないが、総じてTCGで登場した当時よりもサポートが優れており、【剣誠・ドラゴン】 (デュエプレ)が成立した。

《モノノフ・ルピア》で手札に持ってきてそのままG・ゼロで出すという動きができる。

《ボルメテウス・武者・ドラゴン》と比べると素のコストは重く、G・ゼロで出すならサムライを並べる必要がある。そのため、《武者》は光の《武者》サポートと組み合わせたデッキが多いのに対し、《剣誠》は水のサムライを展開するカードと組み合わせたデッキが多い。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]