《トラップの地版(ルーン) [編集]

トラップの地版 C 自然文明 (3)
タマシード:ジャイアント/レクスターズ
S・トリガー(このタマシードをシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ使ってもよい)
シンカライズ:このタマシードがクリーチャーであるかのように、この上に進化クリーチャーを置いてもよい。
このタマシードが出た時、コスト4以下のクリーチャー1体またはコスト4以下のタマシードを1枚選び、持ち主のマナゾーンに置く。

DMRP-21で登場した自然ジャイアント/レクスターズタマシード

S・トリガーを持ち、cipコスト4以下のクリーチャー1体かタマシード1枚をマナ送りにする。

cipマナ送り強制。自分のカードも対象に含まれており、このタマシードコスト4以下のタマシードであるため他に選べるカードが無ければ自身がマナ送りとなってしまう。
タマシードとしての強みは失うが、自身をマナ送りにすることで、1コスト重い《フェアリー・ライフ》のような動きもできる。その場合は《レヴィヤの地版》に繋げて再利用すると無駄がない。

総じて、マナ送りタマシードなので《バイナラドアの心絵》の小型版に思えるが、実際は全く違う用途のカードである。
どちらかというとジャイアント進化元になる点を含め《ナチュラ・スコーピオン》に近い。
低コスト向け除去マナ加速の二択、という性質は《フェアリー・トラップ》にも通じるものがある。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]