ファンデッキ [編集]

強さや勝敗よりも、プレイヤーの趣味や遊び心を重視して組まれたデッキのこと。
ファンデッキを愛用する者は「ファンデッカー」と呼ばれる。

具体的には以下のようなものが挙げられる。

勝つことを主軸にしたガチデッキと比べると、どうしてもデッキ全体のカードパワーが低くなりがちだが、「ファンデッキだから云々」という発言は控えたい。
「ファンデッキだから弱い」「ファンデッキだから負けた」などと言うと、相手の勝利に対する努力を否定することになってしまい、非常に気まずくなってしまう場合がある。

ファンデッキの中にもガチデッキが存在することもあるが、そのような事例は少ないため、たいていはガチデッキと線引きされる。

逆に、ファンデッキ(または、それに近いデッキ)に負けたからと言って、悪態をついたり嫌味を言ったりするのも厳禁。
プレイヤーの間に了解があるのならばそれでもいいが、そうでない相手には不快感しか残らないだろう。

競技化が進むデュエル・マスターズにおいては「競技大会に出るなら相応のデッキで来て欲しい」「ファンデッキはカジュアルでファンデッキとだけとやりあっていて欲しい」等、ファンデッキにあまりいい印象を持たない競技プレイヤーも一部存在する。
デュエマフェスですら調整の場として認識している競技プレイヤーもいる為、ファンデッキを志向したカジュアルプレイヤーとガチデッキを使った勝利第一のトーナメントプレイヤーの溝を作る原因になっている。

言うまでもないが、ファンデッキだろうとガチデッキだろうと、どこの大会でどんなデッキを使おうが、ルールに反していない限りは本人の自由であり、大会に参加するすべてのプレイヤーに競技志向を求める方がマナー違反である。

  • 近い意味を持つ言葉に「ネタデッキ」がある。ただし、ファンデッキとの厳密な隔たりはなく、「ネタ」という言葉をどのように捉えるかによって、人によってその定義は変わってくる。
    例えば、パロディカードを詰め込んだだけの5色デッキ(勝つことを諦めて笑いのネタに終始)や、《ラッキー・ダーツ》からの《ヘブンズ・ゲート》1ターンキルを狙うデッキ(成功率は低いが、決まれば強力なネタに特化)のようなデッキが考えられる。「ファンデッキ」に比べると、あるコンセプトに可能な限り特化したものが「ネタデッキ」と呼ばれやすい。
  • 殿堂入りの改正によって、メタデッキだけでなく大会では全くお呼びのかからないようなファンデッキまで消滅、弱体化させられてしまうのは、よくある光景である。カードゲームを続けるに当たっては、その辺は仕方ないと割り切るしかない。
  • デッキの一種である以上、ネタに終始するわけでないならば貪欲に勝利を目指すことは必要である。漫画「デュエル・ジャック!!」で、《滅亡ルーレット》を使ったファンデッキ(作中ではネタデッキと呼ばれていた)が取り上げられた際、そのデッキ紹介では相性の良いバウンスや当時の強力カードであった《アクアン》《スケルトン・バイス》がフル投入されていた。ファンデッキであろうと最低限そのデッキを回転させる様な努力はすべきと言う好例だろう。
    • しかしカードパワーのインフレが進む今、最適なデッキを追求した末に、デッキの潤滑油として採用したカード達が当初のデッキコンセプトの力を上回ってしまうこともある。ファンデッカーはこのジレンマに悩まされることも多い。

参考 [編集]