闘龍鬼(とうりゅうき)ジャック・ライドウ》 [編集]

闘龍鬼ジャック・ライドウ UC 火文明 (5)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン/ティラノ・ドレイク/サムライ 5000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札を見る。その中から、このクリーチャーと同じ種族をひとつでも持つ進化クリーチャーを1体選び、相手に見せてから手札に加えてもよい。その後、山札をシャッフルする。

DM-30で登場したアーマード・ドラゴン/ティラノ・ドレイク/サムライ

cipで自身と同じ種族進化クリーチャーサーチできる中型ドラゴン
アーマード・ドラゴンであり、サムライティラノ・ドレイクでもあるので、持ってこれるカードは非常に幅広い。

かの有名な進化アーマード・ドラゴンである《超竜バジュラ》を連れてこれるのがメリット。そのまま《ライドウ》に進化させてビートダウンしてもよい。

他の候補には、《超竜騎神ボルガウルジャック》《九龍騎神ドラン・ギレオス》が挙げられる。どちらも進化元種族を参照する能力を持ち、アーマード・ドラゴン/ティラノ・ドレイクの《ライドウ》から進化させることで、その性能を最大限に発揮できる。

それ以外には《戦極竜ヴァルキリアス・ムサシ》《騎神凰翔ハクツル・ザーク》《凰翔竜機バルキリー・ルピア》などとの相性が良い。変わったところではナイト《暗黒皇グレイテスト・シーザー》を連れてくることも可能である。

オーバーキル進化フェニックス《超神星アポロヌス・ドラゲリオン》ティラノ・ドレイクを持つためサーチできる。また、ドラゴンの《ライドウ》から進化できるのでシナジーしている。

5マナなのでそう重くなく、《コッコ・ルピア》からすぐに繋がるので呼び出すのは容易。
5コストアーマード・ドラゴンとしては使い勝手が良く、コスト論で考えても種族能力パワー共に優秀なので、これらの種族の進化を扱う場合は主要カードとして活躍が期待できる。

ただし、エピソード1以降はコマンド・ドラゴンがプッシュされており、このクリーチャーサーチできない進化クリーチャーも増えている。《超熱血 ギラギラ・ドガッツ》《燃える革命 ドギラゴン》は《ライドウ》を進化元にはできるものの、能力サーチすることはできない。

王来篇では過去の種族を受け継いだスター進化クリーチャーが多数増え、《ボルシャック・モモキングNEX》《ボルメテウス・モモキング》《無双龍騎 ボルバル・モモキング》《ゴルドーザ <ドラギリア.Star>》など使い易いカードがかなりできた。

このクリーチャーを使ったデッキは「【闘龍鬼ジャック・ライドウ】」を参照。

  • 漫画「SX」では切札 勝舞が何度か使用し、手札補充を行っている。「大長編」では切札 勝利も使用していたが、既に召喚された後だったので、何を加えたかは描かれていない。
  • 「デュエル・マスターズBG」ではリュウがモリオ戦で使用。上記と同様、何を加えたかは描かれていなかったが、デッキリストでは《超竜サンバースト・NEX》を投入している事が判明した。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

最新バージョンの性能 [編集]

闘龍鬼ジャック・ライドウ UC 火文明 (5)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン/ティラノ・ドレイク/サムライ 5000
バトルゾーンに出た時、自分の山札から、このクリーチャーと同じ種族を持つ進化クリーチャーを探索し、1枚を公開してから手札に加える。その後、山札をシャッフルする。

探索化かつ、強制になり、サムライ削除(※DMPP-10実装前まで)という3つの共通変更を受けてDMPP-09EXで登場することとなった。

  • 2021年8月26日のメンテナンスと同時に種族にサムライが追加された。

アップデート履歴 [編集]

2021年7月21日に使用可能になってから、2021年8月26日実施のメンテナンスまでの36日間、種族にサムライを持っていなかった。

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]