漆黒(しっこく)深淵(しんえん) ジャシン(てい) [編集]

漆黒の深淵 ジャシン帝 SR 闇文明 (3)
タマシード/クリーチャー:アビスロイヤル/ACE 8000
W・ブレイカー
このタマシードが出た時、自分の山札の上から1枚目を墓地に置く。その後、自分の墓地にあるカードの枚数以下のコストを持つ相手のクリーチャー1体またはタマシードを1枚、破壊する。
自分の闇のクリーチャーまたは闇のタマシードが合計4つ以上なければ、バトルゾーンにあるこのタマシードはクリーチャーとして扱わない。
このクリーチャーが攻撃する時、コスト6以下の進化ではないクリーチャーを1体、自分の墓地から出してもよい。

DM22-EX2で登場したアビスロイヤル/ACEタマシード/クリーチャー

《ハンマ=ダンマ》より1ターン早く出せる、値不定のコスト火力が使える。墓地肥やしの枚数から、単体でコスト2以上を破壊することはできないが、2ターン目に《ブルーム=プルーフ》など適当に肥やしておけば、【黒単アビスロイヤル】の天敵である《若き大長老 アプル》を迅速に破壊できる。
この手の効果には珍しく、クリーチャーだけではなくタマシードも破壊できる。各種タマシードは初動の置物として運用されることが多いため、数回墓地肥やしを済ましていればほぼすべてを射程に入れることができるだろう。

ACEクリーチャーとしてはクリーチャー化したときの能力はアタック時の蘇生効果。色の指定やアビス指定もないので多くのコンボが考えられる。
【黒単アビスロイヤル】では《アビスベル=ジャシン帝》の効果でアビスラッシュを付与することで召喚後、即座に使用することが可能。
反面、【黒単アビスロイヤル】でアビスを蘇生する場合は、召喚酔いを部分的に打ち消すアビスラッシュを使っていきたいため、アビス以外の召喚を視野に入れたい。このカードがアタックしている状況であることを考えると、トリガーを封じれるカードが望ましい。
汎用性を考えると、《奇天烈 シャッフ》《単騎連射 マグナム》などか。に限るなら《ギガボルバ》【黒単アビスロイヤル】が苦手とする、オールタップ系統のトリガーを封じることができ相性が良い。

ACEクリーチャーは攻撃中でもスーサイドで合計4つ未満にすれば突然クリーチャーではなくなりアタックキャンセルができるため、悪用も難しくはない。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]