【サザン・ルネッサンス】 [編集]

強力なコスト軽減手札補充能力を持つ《共鳴の精霊龍 サザン・ルネッサンス》を軸に据えて、ウィニーの大量展開によって勝利するデッキ
デッキカラーは基本的に白単ないし白青で構成される場合が多い。

【白単速攻】コンセプトは似通っているが、こちらはコントロール寄りの構成。寧ろ【ジェスターソード】に近い。

共鳴の精霊龍 サザン・ルネッサンス VR 光文明 (7)
クリーチャー:エンジェル・コマンド・ドラゴン 7000
ブロッカー
シンパシー:光のコスト3以下のクリーチャー(このクリーチャーの召喚する時支払うコストは、バトルゾーンにある自分の光のコスト3以下のクリーチャー1体につき1少なくなる。ただし、コストは1より少なくならない)
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある自分の光のコスト3以下のクリーチャー1体につき、カードを1枚引いてもよい。
W・ブレイカー

《共鳴の精霊龍 サザン・ルネッサンス》コスト3以下のクリーチャーの数だけコスト軽減され、cipでその数だけドローできる。この能力はそれぞれシナジーしており、ウィニーを大量展開する戦術と非常に相性がいい。

《共鳴の精霊龍 サザン・ルネッサンス》能力を最大限に活かすために文明を軸に組まれる。ウィニーを並べることに成功したならば、そのまま一斉に殴るか、《ダイヤモンド・ソード》を撃ってとどめを刺す。

DMD-23を元にして、S・トリガーを多めに入れた【トリガービート】のような構成にするのもいい。

主要カード [編集]

コスト3以下の光クリーチャー候補 [編集]

《予言者クルト》コスト1のバニラ
《希望の親衛隊ラプソディ》
《予言者クルト GS》コスト1の準バニラG・ストライクで防御札にもなる
《一撃奪取 アクロアイト》コスト軽減
《Re:奪取 アクロアイト》
《信頼の玉 ララァ》《サザン・ルネッサンス》のコスト軽減
《時の玉 ミラク》エスケープ持ちでS・バックとシナジー
《ナゾの光・リリアング》キズナで《ダイヤモンド・ソード》等を唱える
《黙示賢者ソルハバキ》cipマナ手札を1枚交換
《瞬封の使徒サグラダ・ファミリア》相手の呪文S・トリガーを防ぐ
《聖鐘の翼 ティグヌス》ハンデスを防止
《絶対の畏れ 防鎧》
《純潔の翼 メダロス》マナ武装除去耐性を得る
《光陣の使徒ムルムル》他のブロッカーパンプアップ
《剛厳の使徒シュライバー》以外の呪文メタ
《牛歩の玉 モーギュ》
《奇石 タスリク》
《栄光の翼 バロンアルデ》cipで条件付きマナブースト
《聖歌の翼 アンドロム》cipマナ武装3でフリーズ
《光牙忍ハヤブサマル》殿堂入りシノビブロッカー付与
《光牙忍ライデン》cipタップするシノビ
《束縛の守護者ユッパール》cipで1体フリーズ
《奇石 ミクセル/ジャミング・チャフ》序盤はコスト踏み倒しを牽制、終盤は呪文ロック
《赤攻銀 ハムラービ/ハムラティス・ジャッジ》cipコスト3以下踏み倒し呪文面はコスト踏み倒しメタ
《奇石 イカガ》cipコスト2以下踏み倒し
《奇石 オリオン》cipで《ハムラティス・ジャッジ》 を放つ

その他クリーチャー候補 [編集]

呪文候補 [編集]

進化の候補 [編集]

超次元関連 [編集]

《時空の雷龍チャクラ》覚醒するとダイヤモンド状態を生み出すT・ブレイカー
《時空の不滅ギャラクシー》バトルゾーン離れるかわりに覚醒
覚醒すると自軍にブロッカー付与
《時空の精圧ドラヴィタ》相手の呪文に反応して相手をタップバトルに勝つと任意でアンタップ
《激天下!シャチホコ・カイザー》ターンのはじめにリアニメイト
《アクア・アタック<BAGOOON・パンツァー>》攻撃されないW・ブレイカー置きドロー
《光器セイント・アヴェ・マリア》《豪遊!セイント・シャン・メリー》サイキック・セル
ハンター警戒を付与するブロッカー
《光器シャンデリア》《豪遊!セイント・シャン・メリー》サイキック・セル
《支配の精霊龍 ヴァルハラナイツ》フリーズ可能
《アルプスの使徒メリーアン》
《愛しい場所、マイカ・月ノ・ハルナ》攻撃制限の無いブロッカー
《時空の英雄アンタッチャブル》軽量アンタッチャブル
《イオの伝道師ガガ・パックン》呪文コスト増加
《超次元サプライズ・ホール》軽量かつS・トリガー。《ドラヴィタ・ホール》で回収可能
《超次元シャイニー・ホール》敵獣タップ+光サイキック展開
《超次元ドラヴィタ・ホール》3マナ以下の呪文サルベージ+光サイキック展開
《超次元マザー・ホール》ブロッカー踏み倒し+サイキック展開
《太陽槍 ラヴェリテ》シンパシー元を手札から踏み倒す2コストドラグハート
《革命槍 ジャンヌ・ミゼル》相手をタップする2コストドラグハート
《神光の龍槍 ウルオヴェリア》ブロッカーを付与するドラグハート
《始まりの龍装具 ビギニング・スタート》

このデッキの使い方 [編集]

序盤からの小型を展開し、《共鳴の精霊龍 サザン・ルネッサンス》シンパシー元を確保する。

コンセプトである《サザン・ルネッサンス》以外の必須カードはほぼないに等しく、以外の呪文を重くする《剛厳の使徒シュライバー》ブロッカーパンプアップする《光陣の使徒ムルムル》cipドローできる《ガガ・ピカリャン》など、デッキ構築の選択肢と自由度が非常に高い。
特に《一撃奪取 アクロアイト》コスト軽減し、《栄光の翼 バロンアルデ》は条件付きマナブーストが可能。《共鳴の精霊龍 サザン・ルネッサンス》をテンポ良く出すのに役立つ。

この他、《導きの精霊龍 サリヴァン》で更なる展開を行ったり、《支配の精霊龍 ヴァルハラナイツ》を出してフリーズするなどしてバトルゾーン制圧する。《無敵城 シルヴァー・グローリー》要塞化するだけでも十分に強烈である。

DMD-23をベースにするならば、《聖霊龍王 ミラクルスター》などの進化クリーチャーを出して殴るのでもいいだろう。《聖球 シルドアイト》《守護聖天タテブエ・ヤッホー》を使えば自分のシールドを増やせるので、粘り強く戦うことができる。

最後に並べたクリーチャーで一斉攻撃してフィニッシュ。攻撃できないブロッカーが多いならば《ダイヤモンド・ソード》を撃ち込めばよい。

《時の法皇 ミラダンテXII》の登場以降は、1コストクリーチャーから繋いで最速で3ターン目に《ミラダンテXII》に革命チェンジしてそのまま相手の召喚を封じつつ殴り切る、というコンセプトでデッキを組むことも可能になった。

DMRP-04裁期の【サザン・ルネッサンス】では《光牙忍ライデン》《タイム3 シド》の複合でタップキルを行うという、【ジョーカーズ】を仮想敵に定めた構築が一般化している。《光牙忍ライデン》ニンジャ・ストライクで打点計算を狂わせることができるので無駄が無い。

このデッキの弱点 [編集]

【白青コントロール】で組む場合、マナブーストが難しいので、早いデッキに対しては出遅れがち。《マナ・クライシス》などを喰らうと、もたもたしているうちに《解体人形ジェニー》などのハンデスで動きを止められることもある。

ウィニーが多いデッキなので全体除去に弱い。《ボルシャック・スーパーヒーロー》《猛虎ライガー・ブレード》の他、《暴走龍 5000GT》を出されると致命傷になり得る。ブロッカーが多くなるので《超爆デュエル・ファイアー》《熱血龍 GENJI・XXX》などを使う相手も苦手である。

また、全体的にパワーラインが低く、そこそこ中型サイズのブロッカーが出るだけで大きく減速してしまう。攻撃を通そうとしたら、タップフリーズに頼り切るしかない。

【ドレミ団】 [編集]

【サザン・ルネッサンス】を、ドレミ団の攻撃性とのクリーチャーの妨害性能に特化した【白青ビートダウン】に仕上げたタイプ。

出しやすさの割に上質な、ウィニーらしからぬカードパワーを活かし、革命ファイナル環境で活躍していた。

相手のコスト踏み倒しメタも、cipが使える状況なら着地を妨害されても予め並べた盤面でケアできた。

ただ、妨害を《タイム3 シド》に依存していたため、【緑単ループ】などのような、呪文をほとんど使わないデッキには比較的刺さりが悪かった。また、《制御の翼 オリオティス》だけでは簡単に除去されて出落ちになったため、対策されると脆い面はあった。

ドレミ団 [編集]

水文明 [編集]

【白緑サザン】 [編集]

【白緑メタリカ】の機構をベースとしつつ、メタリカの枠をそのまま、(メタリカには存在しない)光の1コストクリーチャーに入れ替えたタイプのデッキ。《一番隊 クリスタ》のコスト軽減ありきである【白緑メタリカ】とは、1コストクリーチャーがコスト軽減を必要としない点で差別化している。

《龍装者 バーナイン》のような手頃なサイズの置きドローを持たず、《共鳴の精霊龍 サザン・ルネッサンス》と《ジャスト・ラビリンス》を頼りにドローするため、プレイングは【白緑メタリカ】よりも難しい。

場持ちの良さを優先して《星珠の守護者パラ・プロキオン》《白金の守護者ラ・ブール》などの「デメリットや条件が付くが、それに目を瞑ればパワーが2000のラインを超えるプレイヤー攻撃制限ブロッカー」を主軸としてメタをカットした構築、攻撃可能クリーチャーを主軸としてオーソドックスな【サザン・ルネッサンス】に寄せた構築などが存在する。

その他 [編集]

  • 「全国大会2014デュエマ甲子園 日本一決定戦」オープンクラス準優勝の実績を残したほか、「デュエル・マスターズ全国大会2016革命ファイナルカップ 日本一決定戦」ではベスト8の内2人が使用していた。

参考 [編集]