白騎士(しろきし)精霊(せいれい)HEAVEN(ヘヴン)・キッド》 [編集]

白騎士の精霊HEAVEN・キッド R 光文明 (3)
クリーチャー:エンジェル・コマンド 3500
G・ストライク(このクリーチャーを自分のシールドゾーンから手札に加える時、相手に見せ、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。このターン、そのクリーチャーは攻撃できない)
このクリーチャーが出た時、バトルゾーンにある他の、コスト3以下のカードを1枚選び、シールド化してもよい。

DMRP-21で登場したエンジェル・コマンド
cipで自身以外のコスト3以下のカードを1枚選び、シールド送りにできる。

軽いエンジェル・コマンドでありながら、cipで低コストクリーチャーを除去できる点は優秀。
コスト指定なのでメタクリーチャーを除去したり、自分のクリーチャーを指定して《終末の時計 ザ・クロック》などを仕込み直すことも可能。

範囲に入るものとしてはフィールドの場合《卍 新世壊 卍》《DG-パルテノン 〜龍の創り出される地〜》《希望のジョー星》など強力なものを除去できる。クリーチャーも《天災 デドダム》などのリソース系、【我我我ブランド】ウィニーが範囲に入る。

光のコスト3のクリーチャーで自分のカードをシールド化できることから、退化に使用することも可能。
既存の退化デッキにおいて白青黒での構築を検討できることに加え、エンジェル・コマンドが残ることから《竜魔神王バルカディア・NEX》から《聖霊王アルファディオス GS》を踏み倒すことも可能となった。

勿論自身もコマンドなので《竜魔神王バルカディア・NEX》で呼び出し可能であり、いざと言う時に役立ってくれるだろう。

アドバンス限定だが【赤白レッドゾーン】にも適性がある。超次元ゾーン《轟く覚醒 レッドゾーン・バスター》を採用すれば除去のついでに打点補強も可能であるし、何も除去対象が無くとも《禁断〜封印されしX〜》に付いた封印を対象に取れば3コストにして1枚シールド追加かつコマンド侵略元が残るという同コスト3色《Disゾロスター》と比べても遜色のないスペックとなる。

その他、【赤白ドギラゴン閃】【白青赤鬼羅.Star】などの白赤系のビートダウンにまともな除去札として投入するのも良いかもしれない。

ここまで性能が高ければ必ずしもエンジェル・コマンドシナジーにこだわる必要はない。汎用除去から退化まで様々なデッキでの活躍が期待できるだろう。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]