【M・R・C・ロマノフ】 (デュエプレ) [編集]

《煉獄邪神M・R・C・ロマノフ》から大量の呪文を踏み倒すデッキ。を中心にが少量入ることもある。

煉獄邪神M・R・C・ロマノフ SR 闇/火文明 (20)
進化クリーチャー:ゴッド/ダークロード/ナイト 17000
墓地進化GV-墓地の闇または火のクリーチャー3枚
このクリーチャーの召喚コストは、すべての墓地にあるカード1枚につき1少なくなる。ただし、コストは1より少なくならず、かつこのクリーチャーの持つ文明の数より少なくならない。
メテオバーンX:攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードを3枚まで墓地に置いてもよい。そうした場合、自分の墓地からコスト6以下の闇または火の呪文を超探索し、こうして墓地に置いたカード1枚につき1枚、コストを支払わずに唱える。その後、その呪文を唱えた順番で自分の山札の一番下に置く。
T・ブレイカー

主要カード [編集]

《煉獄邪神M・R・C・ロマノフ》メテオバーンにより墓地から3枚まで呪文を唱える。

候補カード [編集]

踏み倒し先呪文 [編集]

墓地肥やし [編集]

《邪眼獣ヤミノオーダー》墓地肥やしと防御札を兼ね備える
《邪眼銃士ディミトリ卿》自分ターン終わりに墓地肥やし、《ヤミノオーダー》とも相性がいい
《埋葬虫ベリアル・ワーム》
《黒神龍ハルヴェルド》cipで4枚墓地肥やし
《暗黒獣ヤミノシーザー》呪文詠唱で墓地肥やし、軽いブロッカー
《プライマル・スクリーム》4枚墓地肥やし後に任意サルベージ

その他 [編集]

《魔光蟲ヴィルジニア卿》《M・R・C・ロマノフ》 をリアニメイト
《邪眼獣ヤミノディヴィジョン》《M・R・C・ロマノフ》 のコスト軽減またはリアニメイト
《炸裂の影デス・サークル》自爆出来るS・トリガー
《邪眼皇ロマノフI世》《煉獄と魔弾の印》から連続で出せる、サブプランとしても
《ギガボルバ》光のS・トリガーロック《煉獄と魔弾の印》からリアニメイトも可能

このデッキの回し方 [編集]

墓地肥やしを行い、《煉獄邪神M・R・C・ロマノフ》から3枚まで呪文を唱える。

長所 [編集]

1度に3枚も呪文を唱えながら大型T・ブレイカーが攻撃できるので、たいていはゲームエンドに持ち込める。
デザイナーズコンボに近いが、踏み倒し先の呪文の種類はかなり多く、環境に合わせた呪文を投入できる。超探索なので多種類の呪文を入れても濁りにくい。

キーカード以外に対するハンデスなら、墓地に残っている限り墓地肥やしとして逆利用できる。

短所 [編集]

墓地利用デッキの例にもれず墓地利用メタに弱い。
DMPP-15環境では《お清めトラップ》とこれを再利用できる《超次元ドラヴィタ・ホール》を同居させられる【白黒緑超次元】?が多い。
《M・R・C・ロマノフ》を出すことすら叶わない試合展開に持ち込まれることもしばしばある。

また、《M・R・C・ロマノフ》は呪文を唱えられないとただのT・ブレイカーのファッティなので、呪文ロックにも弱い。
先の【白黒緑超次元】には呪文ロックできる《悪魔神王バルカディアス》も入るため、出せたとしてもアタックトリガーが使えずチャンプブロックされてシールドに触れないという事態もよく起こる。

ミラーマッチは、お互いが墓地肥やしをし、お互い《煉獄邪神M・R・C・ロマノフ》召喚コストが大幅に軽減されるため不毛な戦いとなる。
手札や墓地肥やしの質次第だが、後攻有利もありうる。

参考 [編集]