超次元(ちょうじげん)ライデン・ホール》 [編集]

超次元ライデン・ホール C 闇文明 (6)
呪文
コスト6以下の闇のサイキック・クリーチャーを1体、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出す。
自分の、サイキック・クリーチャー以外のクリーチャーを1体破壊してもよい。そうした場合、コスト5以下の闇のサイキック・クリーチャーを1体、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出す。

DMR-02で登場した超次元呪文

まず、コスト6以下のサイキック・クリーチャーバトルゾーンに出す。その後、自分の非サイキックを1体破壊することで、さらにコスト5以下のサイキック・クリーチャーを出すことができる。

かつては《ヴォルグ・サンダー》(と《サンダー・ティーガー》)を呼び出すのが主眼であったが、それがプレミアム殿堂となり、一時は《勝利のリュウセイ・カイザー》しか範囲に収まらなくなってしまっていた。
《勝利のリュウセイ・カイザー》を出すだけであれば他にも有用な手段があった為、差別化が困難な状態に陥ったものの、《勝利のヴォルグ・サンダー》が登場した事で、特色とデザイナーズコンボが活かせない問題は解決された。

超次元呪文にしては出せるサイキック・クリーチャーの範囲がかなり狭く、定番の《勝利のガイアール・カイザー》《時空の凶兵ブラック・ガンヴィート》が出せない点はかなり痛い。

スーサイド効果を使わなければ必然的に《超次元リバイヴ・ホール》《超次元ミカド・ホール》下位互換になってしまうため、使用者の腕が試されるだろう。
汎用性では他の超次元呪文に劣るが、その分中型のサイキック・クリーチャーを2体同時に出せるのは魅力的。

デッキは選ぶものの、強力な超次元呪文の1つである。


  • 主な呼び出し先としては以下が挙げられる。

コスト6のサイキック・クリーチャー [編集]

コスト5以下のサイキック・クリーチャー [編集]


  • 《暗黒鎧 ヘルミッション》を破壊すれば能動的に敵のアンタップ状態の敵を破壊しつつ闇のサイキックを2体出すことができるので狙う価値はある。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]