魔光大帝(まこうたいてい)ネロ・グリフィス・ルドルフ》 [編集]

魔光大帝ネロ・グリフィス・ルドルフ SR 光/闇文明 (8)
クリーチャー:エンジェル・コマンド/ダークロード/ナイト 8000
ブロッカー
自分のクリーチャーはすべて、種族にナイトを追加する。
自分のナイト・クリーチャーが破壊された時、ゲーム外からランダムなナイト呪文を探索し、その中から1枚をコストを支払わずに唱える。その後、その呪文をゲームから除外する。
W・ブレイカー

DMPP-17で登場したエンジェル・コマンド/ダークロード/ナイトゲームオリジナルカード

+  実装されているナイト呪文一覧(全19種)

ゲーム外から規定のカードを探索し、それを唱えるというデジタルゲームらしい効果を持つ。
このようにして唱えられたナイト呪文は唱えた後、墓地ではなくゲーム外にとどまる。(テキストでは「除外」とされているが、キーワード処理かどうかは不明。)

誘発条件は「自分のナイト・クリーチャーが破壊された時」だが、もう1つのナイト種族追加能力で、自分のどのクリーチャーが破壊されても起動する。

ランダム性が高いがターン中の使用回数が無制限である。《煉獄邪神M・R・C・ロマノフ》などループを組めるカードを使えば制限時間がなくなるまで能力を使い続けられる。

状況によって当たりと呼べる呪文は異なるが、リアニメイトからさらに動ける《煉獄と魔弾の印》ドロー除去を使い分けられる《魔弾ロマノフ・タイフーン》辺りは腐らないだろう。相手クリーチャーが並んでいるときに《超銀河弾 HELL》を唱えられたらそのままゲームエンドになることもある。
しかし提示される呪文はランダムかつ探索結果から唱えるのは強制効果なので、唱えたくない呪文を唱えさせられる事態も起こり得る。相手のクリーチャーがいない時に《魔弾 ゴッド・ジェノサイダー》などの除去が提示されるというような無駄撃ちならまだしも、自分の山札が少ないときに《魔弾オープン・ブレイン》などの山札を消費するカードしか提示されないと自分の首を絞めてしまう。

  • とはいえ3枚の選択肢全てが自分の不利益になるという事態はかなりの低確率であり、引きが悪くても大抵は無駄撃ち程度に収められるだろう。

また、重量級クリーチャーの例に漏れず、問題は着地の方法である。《魔弾アルカディア・エッグ》《魔弾グローリー・ゲート》のセットはDMPS-05再録されているが、2022年の年末には使えなくなる。ターボ《超次元マザー・ホール》《エンペラー・キリコ》といった大型獣を呼び出すメジャーな手段を使う際には、能力のランダム性を加味しても手間に見合うような構築・プレイングが求められる。

ルール [編集]

  • 《魔光大帝ネロ・グリフィス・ルドルフ》自身が破壊されて、ゲーム外からナイト呪文を唱える場合、《ルドルフ》以外のナイトがいないと、唱える呪文のナイト・マジックが発動しない。
    手札から呪文を唱える本家《魔光大帝ネロ・グリフィス》にも同じことが言えるが、《ルドルフ》の場合は、ナイト種族追加能力を当てにしてナイトの割合が少なめのデッキで使うことが多いため、この事態がより発生しやすい。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]