聖隷王(せいれいおう)ガガ・アルカディアス》 [編集]

聖隷王ガガ・アルカディアス SR 光文明 (8)
進化クリーチャー:エンジェル・コマンド/エイリアン 12500
進化:自分のエイリアン1体の上に置く。
相手は、バトルゾーンに自身のエイリアンが1体もなければ、呪文を唱えることはできない。
T・ブレイカー

DMX-05で登場した進化エンジェル・コマンド/エイリアン

《聖霊王アルカディアス》エイリアン化したクリーチャー。名前も「聖霊」の「聖」と「奴隷」の「隷」を合わせたものになっている。
コストが8になり、種族エイリアンが追加されて進化元エイリアンになった他、能力面では呪文ロックの条件が変わり、T・ブレイカーとなった。

元となった《聖霊王アルカディアス》とは用途がかなり異なる。あちらが全てのプレイヤーに対し以外の呪文に規制を掛けるのに対し、こちらは相手のみに対し全呪文に規制を掛ける。

しかし、その能力を使用する条件は「バトルゾーンに相手のエイリアンが1体も無い」こと。エイリアンを使用しないデッキに対しては《聖霊王アルカディアス》どころか《光神龍スペル・デル・フィン》並の呪文ロックを仕掛けることが出来るが、そうでない場合はただのT・ブレイカー持ちのファッティと化す。

ミラーマッチでは総じて意味を成さないクリーチャーではあるものの、T・ブレイカー持ちでパワー12500、さらに進化元エイリアンであれば文明を問わない、という点で、を多少なりとも絡めたエイリアンデッキに1枚挿しておけば、思わぬところで役に立つかもしれない。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

聖隷王ガガ・アルカディアス VR 光文明 (6)
進化クリーチャー:エンジェル・コマンド/エイリアン 12500
進化-エイリアンまたはエンジェル・コマンド
相手のエイリアンがなければ、相手は呪文を唱えられない。
T・ブレイカー

DMPP-16で実装。レアリティベリーレア、コストが6になった。また、エンジェル・コマンドからも進化が出来るように変更された。

コストの低下と進化元の追加で、ぐっと《聖霊王アルカディアス》に近づいた。エイリアンを使わない相手ならば早期に呪文を完封できる。
また、デュエプレではパワーを調整された本家と違い、12500・T・ブレイカーを保っているのもポイント。《超聖竜ボルフェウス・ヘヴン》と並びエンジェル・コマンド進化としては最軽量のT・ブレイカーである。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]