氷駆の妖精(カーリング・フェアリー) [編集]

氷駆の妖精 SR 自然文明 (3)
クリーチャー:ジャイアント・スノーフェアリー 4000
このクリーチャーが出た時、自分の山札の上から1枚目をタップしてマナゾーンに置く。
シビルカウント5:自分の自然のクリーチャーまたは自然のタマシードが5枚以上あれば、自分のマナゾーンにあるカードのマナの数字を2にする。

DM22-RP2で登場した自然ジャイアント・スノーフェアリー

cipで1枚タップインマナブーストし、自然シビルカウント5を達成すると自分のカードのマナ数が2になる。

シビルカウントが発動すれば、実質全てのカードコストを半分にすることができる。
要求枚数は5と多いものの、一度達成すればその後の展開に大きく貢献できる。

システムクリーチャーであるため除去に弱いが、cipマナブースト除去される前に最低限のアドバンテージは稼げる。
シビルカウント未達成でも場にあるだけで相手にとってはプレッシャーになりうる。これを逆手に『相手に除去を強要できる《青銅の鎧》』ととらえて、相手のテンポを削いだり除去を無駄撃ちさせるために使ってもよいだろう。

シビルカウント5を達成する場合、その過程で手札をかなり消費するため、使えるマナが増えても使うカードが無いという状況に陥りやすい。《雪精 ジャーベル》など、手札補充もできるクリーチャーまたはタマシードと組み合わせたい。《再生妖精スズラン》《レヴィヤの地版》などマナゾーンを活用できるカードとも好相性。

ルール [編集]

  • マナ数を2にする能力は強制。
    公式サイト内にあるコンテンツに基づけば、この能力の影響下ではコストが奇数のカードのマナコストを支払えなくなり、コストが偶数のカードしかプレイできないデメリット効果を発生させてしまうことになる。
  • 参考2: 総合ゲームルール Ver.1.33の以下の記述
    • 112.2a マナコストを支払う場合、マナコストに指示される同じ文明をすべて満たすようにタップします。カードを使用するに際してまずマナコストに含まれる文明をすべて満たすようにマナゾーンのカードを1文明につき1枚タップします。さらにマナゾーンのカードのマナシンボル上に書かれた数値の合計がコストと同じ数になるように、不足分をマナゾーンのカードをタップして支払います。
    • 要するに、「同じ」コストを要求されるからマナ数2のカードを余分にタップすると「同じ」にならないため、できないという理屈である。
      なお、文明の支払いに関しては112.2bにて特別に「過剰な支払いも可能」と定義されている。そのため仮に「奇数コストのカードは使えない」という裁定が出ても、「コスト≦文明の数×2」であるカードは112.2bの特例により、「文明の支払い」として召喚できる。[2]

その他 [編集]

  • イラストとテキストが絶妙に重なり、2つ目の能力のマナゾーン表記が「マナヅーン」に見える。

アニメ・漫画において [編集]

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


[1] このマナ染色に関するルールが是正されたのは2015年
[2] もっともそれで恩恵を受けるのは、コスト軽減を加味して「1コストの単色」「3コスト以下の2色」「5コスト以下の3色」「9コスト以下の5色」となるカードのみで、それ以外の奇数コストは変わらず出せない。