【ターボデリート】 [編集]

ターボに特化した《オールデリート》マナブーストをして11コスト支払って唱えることに特化している。

オールデリート P 闇文明 (11)
呪文
各プレイヤーは、バトルゾーン、手札、シールドゾーン、墓地にある自身のカードをすべて山札に加えてシャッフルする。
禁断〜封印されしX〜 KDL 火文明 (マナコストなし)KNDN〜SEALED X〜 KDL Fire
禁断の鼓動KNDN Pulse
この鼓動は、ゲーム開始時、封印を6つ付けてバトルゾーンに置く。This pulse starts the game in the battle zone with 6 seals on it.
この鼓動はバトルゾーンを離れない。This pulse can't leave the battle zone.
禁断解放―この鼓動の封印がすべてなくなった時、クリーチャー側に裏返す。Unsealing - When this pulse has no seals on it, flip it to its creature side.
禁断解放後⇒《伝説の禁断 ドキンダムX》

主要カード [編集]

候補マナブースト [編集]

防御札 [編集]

その他候補カード [編集]

概要 [編集]

ただでさえ通常より山札が7枚も少ないスタートになる上に、マナブーストで山札を削られていくため、長期戦は不向き。そのかわり《オールデリート》1枚で一発フィニッシュを狙うので、早期決着が求められる。

相手もターボ系統で、《オールデリート》を撃つことが予想される場合は、事前に《調和と繁栄の罠》文明を指定されることで1ターン耐えられてしまう可能性がある。それを承知で《オールデリート》した場合は、相手の今引きで勝敗が分かれる。スピードアタッカー除去手段が豊富な相手の場合は撃つべきか否か考えたほうが良い。

【5色フェアリー・ミラクル】の場合、《音感の精霊龍 エメラルーダ》《界王類邪龍目 ザ=デッドブラッキオ》を仕込まれ、《真・天命王 ネバーエンド》を用意されると、《オールデリート》を撃ちづらい状況が生ずる。真・エスケープスーパーS・バックが確実に可能となるためである。

王来篇に入ると【5色コントロール】が大幅強化されたため、その基盤でターボというよりコントロール寄りに組まれた型が主流化。また、《オールデリート》一辺倒では不利過ぎる相手も増えたため、ワンショット折衷型も目立つようになった。

参考 [編集]