ゴッド・オブ・アビス環境(かんきょう) [編集]

  • NEXT:?

DM22-SD1期(発売日 2022年9月10日) [編集]

新戦力カード [編集]

概要 [編集]

《深淵の支配者 ジャシン》がオリジナルの【青黒緑ハンデス有象夢造】に投入されるケースが見られたが、特にアドバンス環境で変化が起きることはなかった。
強いて言うなら《ハンマ=ダンマ》【墓地ソース】が強化された事か。

DM22-RP1期(発売日 2022年9月17日) [編集]

新戦力カード [編集]

概要 [編集]

《十番龍 オービーメイカー Par100》の登場により、アドバンス、オリジナル共々【緑単オービーメイカー】が成立した。
《アニー・ルピア》《ボルシャック・フォース・ドラゴン》《ボルシャック・ヴァルケリー》によってドラゴンを扱うデッキの火力が大幅に上がった。
【ネバーループ】も、《電脳の海を彷徨うエレキギター》によってループが簡略化された。

また、2022/10/1 に行われた「DMGP2022」Day1(アドバンス)では、【白青赤緑ガイアッシュ覇道】【緑単オービーメイカー】などのデッキが活躍を見せた。
 アドバンスの事前メタゲーム予想では【ダークネスコントロール】【赤緑タマシードアポロヌス】がトップに立ち、中途半端な防御力のデッキは【赤緑タマシードアポロヌス】に弱く、かといって受けを硬くすると【ダークネスコントロール】に弱くなる、といった構図がこれらの2強関係を強固にした。一方、【ガイアッシュ覇道】系統は《爆熱剣 バトライ刃》プレミアム殿堂以降これといった強化を貰っておらず、大会前の世間評価は環境下位相当であった。
しかし蓋を開けてみると【ガイアッシュ覇道】の使用率はベスト128進出者中43人使用でアドバンス部門1位であった。公認グランプリのようなどんなデッキが出て来るか分からない長丁場の大型大会はデッキパワーの高いデッキで押した方が安定するという現実を如実に示した結果であった。ベスト4には【青黒緑キリコチェイングラスパー】が進出して、そちらのデッキが本格的に周知された格好となったが、対【ガイアッシュ覇道】に強い上に無対策の相手に対して安定して5ターン目にループに入れるのが長所。トップ8の《知識の破壊者デストルツィオーネ》呼び出し型【青黒闇王ゼーロ】は最速先攻3ターン目のオールハンデス零龍卍誕による過剰打点のおかげでフィニッシュ力がかなり高いのがウリ。【旅路G3】は一見すると冗談のような動きのデッキだが、ベスト128進出者人中5位となる7人使用と大健闘。

DM22-EX1期(発売日 2022年10月29日) [編集]

新戦力カード [編集]

他多数。

概要 [編集]

《超神星DOOM・ドラゲリオン》は登場早々【青黒闇王ゼーロ】【墓地ソース】に採用され、各地のチャンピオンシップで結果を残した。
この弾で初登場のサイキック・クロスギアにおいては、後に登場する《炎龍覇 グレンアイラ/「助けて!モルト!!」》《ボルベルグ・龍覇・ドラゴン》を呼び出す、といったコンボや《覇王類虹色目 イメン=ボアロ》との組み合わせを利用した【ミロクガイアッシュ覇道】などが注目された。
【5色グレンモルト】のようなドラゴンを扱うデッキでは、強力な新ツインパクト、《R.S.F.K./オールイン・チャージャー》が採用された。
【青魔導具】では新たなフィニッシャー、《「無月」の頂 $スザーク$》が登場。アドバンスでも活躍を見込めるようになった。
《龍素記号wD サイクルペディア》《キユリのASMラジオ》などの登場で新たなソリティアの構築の幅が広がった。前者は革命チェンジ侵略などとも高相性。

DM22-BD1期(発売日 2022年11月12日) [編集]

新戦力カード [編集]

概要 [編集]

主流デッキ(通常環境) [編集]

参考 [編集]