【旅路G3】 [編集]

《ジョギラゴン&ジョニー 〜Jの旅路〜》《めっちゃ! デンヂャラスG3》のcipを使い、G・ブレイカー付与による大量ブレイク暴発を活かしてワンショットするデッキ
もともとは【赤単蛮族】と名付けられていた。

ジョーカーズシナジーを少なからず利用するため、ある意味では【ジョーカーズ】の一種と言えなくもない。

ジョギラゴン&ジョニー 〜Jの旅路〜 SR 無色[ジョーカーズ] (8)
クリーチャー:ジョーカーズ・ドラゴン 10000
革命チェンジ:コスト5以上のジョーカーズ(自分のコスト5以上のジョーカーズが攻撃する時、そのクリーチャーと手札にあるこのクリーチャーを入れ替えてもよい)
W・ブレイカー
このクリーチャーが出た時、カードを1枚引き、その後、自分の手札を1枚捨てる。こうして捨てたカードがジョーカーズなら、そのカードの「このクリーチャーが出た時」で始まる能力を1つ使ってもよい。
相手は、自身のターンに1枚しか呪文を唱えられない。
めっちゃ! デンヂャラスG3 P 無色[ジョーカーズ] (10)
クリーチャー:ジョーカーズ 21300
G・ブレイカー(このクリーチャーは、相手のシールドをすべてブレイクし、その攻撃の後、自分のシールドをすべてブレイクする)
このクリーチャーが出た時、「シールドいらねえー!」と言ってもよい。そうしたら、そのターン、自分のクリーチャー3体に「G・ブレイカー」を与える。
ケッシング・ゼロ P 無色 (5)
呪文
S・トリガー(この呪文をシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい)
「気に入らねぇやつは消す」と言ってもよい。そうしたら、このターン、相手のクリーチャーの能力すべてを無視する。

主要カード [編集]

候補カード [編集]

このデッキの回し方 [編集]

サーチ手札交換で準備を整え、コンボパーツが揃ったら《チキン・タッ太》《キャタピラ親方》から《ジョギラゴン&ジョニー 〜Jの旅路〜》に革命チェンジ。《めっちゃ! デンヂャラスG3》ディスカードして疑似ジョラゴン・ビッグ1を発動し、そのままG・ブレイカーと暴発したS・トリガーによる打点カウンター封じを押し付けてワンショットする。

長所 [編集]

優秀なジョーカーズ基盤と豊富なサーチ・手札交換などのおかげでパーツが揃いやすく、安定して4ターンキルを達成できる。

G・ブレイカーは相手のS・トリガーを使わせてから自分のS・トリガーを使うため、スパーク呪文G・ストライク除去を踏んでもその後で自分の暴発を処理して展開することでケアできる。

クリーチャーによる防御札ですらも、出てから《ケッシング・ゼロ》で無効化できる。
ただし、G・ブレイカーで自分のシールドブレイクするのは「攻撃の後」であるため、相手のS・トリガー獣cipを無効化できない。
S・トリガーで出たブロッカー攻撃誘導などの能力を持つ相手クリーチャー能力無視する事はできる。

短所 [編集]

予めブロッカーが大量に並んでいるとそもそもの始発点であるG・ブレイカーが通らない。予めいる味方にしかG・ブレイカーは付与されないため、いくら暴発で後続を展開できてもあまり意味は無い。暴発の結果次第では大量除去と2枚目以降の《ジョギラゴン&ジョニー 〜Jの旅路〜》の確保と追撃用の革命チェンジ元の着地ができるため、その限りではないか。

基本的に不正メタには弱い。《奇石 ミクセル》を超えるパワーラインだと除去札を意図的に構築段階で盛り込まないと厳しい。特に場に残りさえすれば革命チェンジに永続的に刺さる《ベイB セガーレ》は天敵。

環境において [編集]

DMRP-21発売当日、《バーンメア・ザ・シルバー/オラオラ・スラッシュ》《CLIMAX-ARMOR!》を採用したアドバンス仕様の型がチャンピオンシップ4位入賞を果たしていた。

DMBD-19DMBD-20期にはアドバンスオリジナルの両方で入賞が散見されるように。

参考 [編集]