《「無月(むげつ)」の(いただき) (ゼニ)スザーク$》 [編集]

「無月」の頂 $スザーク$ SR 闇文明 (10)
クリーチャー:ドルスザク/マフィ・ギャング/ゼニス 15000
無月の門・絶:各ターンの終わりに、自分の魔導具をバトルゾーンまたは墓地から合計6つ選び、このクリーチャーを自分の手札または墓地からそれら6枚の上にコストを支払わずに召喚してもよい。
T・ブレイカー
このクリーチャーが召喚によって出た時または攻撃する時、相手のクリーチャーを1体破壊し、相手の手札を1枚見ないで選び、捨てさせる。
相手の墓地に、どこからでもカードが置かれた時、カードを1枚引いてもよい。

DM22-EX1で登場したドルスザク/マフィ・ギャング/ゼニス

無月の門・絶を持ち、召喚cipまたはアタックトリガーで相手クリーチャー1体の破壊と1枚のランダムハンデスを行う。
また、相手の墓地にどこからでもカードが置かれた時にドローできる。

ゼニスらしい重量コスト召喚cipを持つが、無月の門・絶によって自らコスト踏み倒し召喚が可能。
無月の門・絶の特性上、タイミングがターンの終わりと遅いがターンの自他を問わず、また墓地魔導具が6枚必要な代わりにクリーチャー呪文のいずれも使用可能でかつマナを必要としないため、ゼニスの中ではかなり身軽なクリーチャーになっている。
その上墓地からも召喚できるので、破壊されてしまっても容易に復帰が可能。
相手ターン終了時に出せば、相手の除去を受けず次の自分のターン召喚酔いも解けるため、アタックトリガーによって更に除去ハンデスを飛ばすことができる。

召喚cip破壊,ハンデスは各1枚ずつと小粒なものの2つの領域に同時に干渉することから腐りにくいのが強みで、おまけにアタックトリガーでも発動するため繰り返し相手に打撃を加えることが可能と、堅実な性能を持つ。

相手の墓地カードが増えることに反応する置きドロー効果を持ち、自身の召喚cipと併せて場に出るだけで2枚のドローができる。
相手の戦略を妨害しつつ自らは手札を整えられるだけでなく、墓地に送られる状況・条件を問わないことから、相手が呪文唱えるだけでも反応してドローする。
無月の門・絶による復帰能力もあり、相手に対し、特に破壊を中心とする除去呪文の使用を躊躇わせることもあるだろう。

環境において [編集]

登場早々【青魔導具】の妨害手段兼置きドローとして活躍。ドローを促進できることから、《神の試練》との同時採用も目立つようになった。

相性の良いデッキ・カード [編集]

その他 [編集]

  • カード名の「$」は「ドル」に使用する通貨記号。「ゼニ」とは本来読まない文字だが、「通貨=(ぜに)」という連想からの名付けだろう。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


[1] 「全てを無にする」という意志と「闇文明の仲間を大事にする」という思い
[2] ドラゴンを目指す不死の炎」でありながら「ドラゴンではない」