電脳(でんのう)(うみ)彷徨(さまよ)うエレキギター》 [編集]

電脳の海を彷徨うエレキギター UC 水文明 (2)
タマシード
自分の呪文または他のタマシードを使った時、カードを1枚引いてもよい。そうしたら、自分の手札を1枚捨てる。

DM22-RP1で登場したタマシード

呪文もしくは他のタマシード使用に反応して手札交換を行う能力を持つ。

プレミアム殿堂《アクア・メルゲ》と遜色なく、「任意の捨ててから引く[1]」より「任意の引いてから捨てる」のほうが優秀で、さらに相手ターン中にも効果が使える強化点すらある能力にも見える。そちらと違い、ダイレクトアタックまで狙える「クリーチャー」というカードタイプと、基本的にはエクストラウィンまでしか狙えない「呪文またはタマシード」の差があるためだろう。

《アストラルの海幻》とは即効性およびサイバー種族持ちの進化元と、こちらは断続的なアドバンテージで役割が異なるため、デッキに合った方を選びたい。どちらも手札交換を行う軽量級タマシードなので組み合わせて使うのもありだろう。

バトルゾーンに《電脳の海を彷徨うエレキギター》、手札に《天命龍装 ホーリーエンド/ナウ・オア・ネバー》《龍素記号Sr スペルサイクリカ》があれば無限にカードを引ける。

  1. 《ナウ・オア・ネバー》を唱えて《龍素記号Sr スペルサイクリカ》を手札から出し、手札に戻す。
  2. 《電脳の海を彷徨うエレキギター》の呪文を使った時の能力が発動し、カードを1枚引いて1枚捨てる。
  3. 《龍素記号Srスペルサイクリカ》のcipで墓地の《ナウ・オア・ネバー》を唱え、手札に加える。
  4. 1.に戻る
    これを活かし【ナウ・オア・ネバーループ】に投入される。山札が薄くなり次第《神の試練》でフィニッシュに向かおう。

ルール [編集]

環境において [編集]

登場早々《フォーチュン・ドンキッキー》を採用した白青タマシード型の【ナウ・オア・ネバーループ】で入賞実績を残した。

その他 [編集]

サイクル [編集]

DM22-RP1で登場したシンカライズなしのタマシードサイクル。全てが各文明で重要な道具である。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DM22-RP1
    水文明では数年に一度、音楽パフォーマンスを競うイベント「Uta-Awase-Fes.」が開催される。前回惜しくも敗れたDrache der'Zenは、愛用のエレキギターとともに今年こそは優勝を虎視眈々と狙っている。

収録セット [編集]

参考 [編集]


[1] 強制時の同じ処理とは異なり、任意なら捨てるカードがないと引くこともできない