環嵐(かんらん)!ホールインワン・ヘラクレス》 [編集]

環嵐!ホールインワン・ヘラクレス SR 自然文明 (4)
タマシード/クリーチャー:ジャイアント・インセクト/ACE 12000
T・ブレイカー
このタマシードが出た時、プレイヤーを1人選ぶ。そのプレイヤーは、自身の墓地をシャッフルし、山札の下に置く。
自分のターン中、クリーチャーを1体、自分のマナゾーンから召喚してもよい。
自分の自然のクリーチャーまたは自然のタマシードが合計4つ以上なければ、バトルゾーンにあるこのタマシードはクリーチャーとして扱わない。
このクリーチャーが攻撃する時、相手のクリーチャーを1体選んで持ち主のマナゾーンに置き、その後、自分の山札の上から2枚までマナゾーンに置く。

DM22-RP2で登場した自然ジャイアント・インセクト/ACEタマシード/クリーチャー

ACEクリーチャー特有の疑似シビルカウント4を達成しないとクリーチャーとして扱われない能力を持つ。
そのほかにcipプレイヤー1人を選んで墓地リセット、自身のターン中にクリーチャーを1体マナ召喚できる常在型能力アタックトリガーで相手クリーチャー1体をマナ送りしつつ最大2マナブーストといった能力を持つ。

これほど軽く無条件のマナ召喚を持つのは《バングリッドX7》以来。
こちらは疑似シビルカウント4を達成させなければクリーチャーとして扱われないため除去に強く、マナ召喚を主軸にしたいならこちらの方が安定している。
一方、アタックトリガーでのマナブーストに関しては、マナブースト数とマナ送り除去を持つ点でこちらが優れるが、マッハファイターによって無用なブレイクをしない、攻撃に条件がなく序盤からマナブーストを行える点で、《バングリッドX7》に分がある。

環境において [編集]

登場から【青黒緑有象夢造】で使われる場合がある。序盤は手札にあっても邪魔になるフィニッシャーである《CRYMAX ジャオウガ》を呼び出すのに便利で、丁度従前の《幻緑の双月/母なる星域》の枠として使われる。

その他 [編集]

  • ジャイアントの種族デッキでも有用。《西南の超人》《雲の超人》のコンビで大量のジャアントを並べられる為、シビルカウントの達成も容易。

サイクル [編集]

DM22-RP2cipACEタマシード/クリーチャーサイクル《邪龍 ジャブラッド》のみオーバーレアで、他はすべてスーパーレア

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]