爆龍覇(ばくりゅうは) グレンリベット/「爆流秘術(ばくりゅうひじゅつ)暴龍(ぼうりゅう)大地(だいち)!」》 [編集]

爆龍覇 グレンリベット P 火文明 (9)
クリーチャー:ガイアール・コマンド・ドラゴン/ヒューマノイド爆/ドラグナー 12000
T・ブレイカー
このクリーチャーが召喚によって出た時、または、相手のカードの効果によってこのクリーチャーを自分の手札から捨てた時、自分の山札の上から3枚を表向きにする。その中からドラゴンを1体出し、残りを好きな順序で山札の下に置く。
「爆流秘術、暴龍の大地!」 P 自然文明 (3)
呪文
自分の山札の上から1枚目をタップしてマナゾーンに置く。それがドラゴンなら、この呪文を、唱えた後、墓地に置くかわりに手札に加える。

DM22-BD1で登場したガイアール・コマンド・ドラゴン/ヒューマノイド爆/ドラグナー自然呪文ツインパクト

クリーチャー面は召喚時限定cipと疑似マッドネス山札の上3枚からドラゴンを1体コスト踏み倒しで出す能力を持つ。
注意点として、《スーパー・サイチェン・ピッピー》《貝獣 パウアー》などと同じく、ハンデスされた場合の誘発型能力であり、このクリーチャーそのものはバトルゾーンに出ない。

呪文面は3コストでタップイン方式の1マナブーストを行うが、その時に置いたカードがドラゴンなら置換効果手札に戻る。
単純に使い減りしないマナブーストというだけでなく、クリーチャー面をちらつかせることでハンデスを躊躇わせる効果が期待できる。
置換効果で唱えた後(存在を公開した後)に手札に戻るため「呪文として使ったら結局手札に残らないのでマッドネスとして機能しない」というジレンマを回避したデザインである。

何と言ってもハンデスメタに使いやすいマナブースト呪文面が付いたのが大きい。このカードの登場時点のドラゴン基盤デッキの場合はリソース系ドラゴンに恵まれるため、上手くいけば疑似マッドネスによるコスト踏み倒しによって呪文面で得るはずであったものかそれ以上のアドバンテージを得ることができる。

その分クリーチャー面そのものの性能はやや控えめ。
素のスペックとしてスピードアタッカーを持たず、cipを使えなかった場合なら単なる準バニラである。《ボルシャックライシス・NEX》といったスピードアタッカー付与がなければ、ターンをまたがなければ3打点にはならない。

また、cipは召喚時限定なので、《爆銀王剣 バトガイ刃斗》等でコスト踏み倒しで出しても起動しない。
仮に非召喚でも効果が使えた場合、普通の踏み倒しやハンデスをきっかけに、殿堂入り前の《ポジトロン・サイン》のように同名を連鎖させて目当てのカードを探すことが出来たので、その動きを咎められた形といえよう。

「相手のターン中に」という指定のないメタクリーチャーの前でも腐りやすい。
具体的には、《とこしえの超人》入り【青黒緑ハンデス有象夢造】がある。アドバンス超次元ゾーンを使う場合《とこしえの超人》が厳しくなりやすく、立てれば相手にとっての安全牌と化してしまうのは大きな弱点といえる。

  • ルールとして、呪文の効果が自身の移動を置換する場合、それは他の置換効果よりも優先して適用される(総合ルール609.8a)。《Drache der'Zen》《龍素記号wD サイクルペディア》など、唱えた後の呪文の置き場所を指定する効果を貫通して手札に戻る。
  • デュエプレでの登場より後になった「相手のカードの(能力や)効果」に反応する広義のマッドネスである。マッドネス以外でなら《ノロイ 丙-三式》などがあった。
    • デュエプレの《永遠のリュウセイ・カイザー》の裁定から、「(持ち主が)相手」ではなく「(効果を使ったプレイヤーが)相手」である必要がある模様。
      デュエプレ運営が誤判断しただけで、正しくは「持ち主が相手のカード」なら、どちらが効果を使っていても《爆龍覇 グレンリベット》は誘発する(公式Q&A)。
  • 背景ストーリーでは、かつて「デュエル・マスターズ」に出場していた《龍覇 グレンモルト》の父親。名前だけは漫画『デュエル・マスターズSAGA』で先行登場していた。
    《魔壊王 デスシラズ》が優勝した「血塗られたデュエル・マスターズ」の準優勝者にして唯一の生存者。《将龍剣 ガイアール》と共にレースに挑んでいたが、優勝を逃し、《ガイアール》を封印する。しかし、彼が生存していた理由は謎のドラグナーによるドラグハートの実験に巻き込まれ、《暴君の悪魔龍 デストロキール》へと姿を変えられていたからだった。
    • 《デストロキール》とは、パワーコストが同じで、マッドネスサルベージという方向性の違いはあるがハンデスに強い効果を持つという共通点がある。
    • また、角や首から掛けている数珠のデザインは《デストロキール》のものを踏襲している。
    • 名前の由来は「はじまりのシングルモルト」とも称されるウイスキー、「ザ・グレンリベット」。スコットランドで初めての公認蒸溜所である同名の蒸留所で作られたウイスキーであり、「モルトの父親」としてはピッタリな由来と言えよう。

環境において [編集]

少なくともDM22-BD1期には事前の期待ほどの活躍してない。というのも、クリーチャー面が素出しに耐えづらい上にコスト踏み倒しと相性が悪く、呪文面を唱えて手札に戻っても結局はマナチャージを考えれば多色マナにしかならないためである。

裁定不明 [編集]

総合ルール201.2bは、強制効果を不発に終わらせる形を取れるのか。

  • 極端な例となるが、自分の手札が《爆龍覇 グレンリベット/「爆流秘術、暴龍の大地!」》1枚だけとする。ここで相手が《ウォズレックの審問》を唱えたら、テキストでは可能なら1枚捨てさせる必要があるが、2つあるコストのうちコスト9を選ぶことで対象不在で何も捨てさせないことが可能になる。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

  • クリーチャー面2つ目の能力について

Q.自分の《サイバー・K・ウォズレック/ウォズレックの審問》の「出た時」の能力で、相手の墓地にある《エマージェンシー・タイフーン》を唱え、その効果で自分は《爆龍覇 グレンリベット/「爆流秘術、暴龍の大地!」》を捨てました。この時、《爆龍覇 グレンリベット》の「相手のカードの効果によってこのクリーチャーを自分の手札から捨てた時」の能力はトリガーしますか?
A.はい、トリガーします。《爆龍覇 グレンリベット》のテキストにある「相手のカード」とは、相手が使ったカードではなく、相手が持ち主であるカードを指します。相手が持ち主である《エマージェンシー・タイフーン》の効果で自分の《爆龍覇 グレンリベット》を捨てたので、その能力がトリガーします。
引用元(2022.11.11)

Q.自分の《The邪悪 寄成ギョウ》がバトルゾーンにいる状況で、相手は《悪魔龍 ダークマスターズ》を出しました。「出た時」の能力をかわりに自分が使い、相手の手札から《爆龍覇 グレンリベット/「爆流秘術、暴龍の大地!」》を選び、捨てさせましたが「相手のカードの効果によってこのクリーチャーを自分の手札から捨てた時」の能力はトリガーしますか?
A.いいえ、トリガーしません。置換効果は能力の発生源を変更しないため、《爆龍覇 グレンリベット》《悪魔龍 ダークマスターズ》の能力によって捨てられたことになります。《悪魔龍 ダークマスターズ》は相手のカードなので、相手の能力によって相手の《爆龍覇 グレンリベット》が捨てられたことになります。
引用元(2022.11.11)