仙界一(せんかいいち)天才(てんさい) ミロク》 [編集]

仙界一の天才 ミロク SR 光/火文明 (5)
クリーチャー:スターノイド/マシン・イーター 5000
このクリーチャーが出た時、または自分のターンのはじめに、自分のクリーチャーを1体選ぶ。その後、その選んだクリーチャーよりコストが小さいウエポンまたはクロスギアを1枚、自分の超次元ゾーンから、その選んだクリーチャーに装備またはクロスして出す。
自分の他のクリーチャーに、クロスギアがクロスされているかウエポンが装備されていれば、このクリーチャーは相手の呪文によって選ばれない。

DM22-EX1で登場した/スターノイド/マシン・イーター

cipおよび自分のターン開始時に発動するクロスギアおよびウエポンの踏み倒しは、《最終龍覇 グレンモルト》と同じく、放置していたらどんどんドラグハート・ウエポンサイキック・クロスギアで強化されたクリーチャーを生み出していくことができる。

アンタッチャブル化は、前述した踏み倒しと噛み合っており、自身は呪文で選ばれないまま次々とクリーチャーを強化させていくことができる。
自身にクロス装備させてもアンタッチャブルにはなれない。《銀河大剣 ガイハート》など、自身を殴り手にしない場合は他のクリーチャーを対象に選びたい。

一方、オリジナルではゲーム開始時に超次元ゾーンにカードを準備できないため、条件付きアンタッチャブルしか持たない準バニラとなってしまう。

このクリーチャーはドラゴンではないので、ドラゴン基盤【5色グレンモルト】【白青赤緑ドラグナー】にはそのまま使えない。

それでも、《蒼き団長 ドギラゴン剣》《蒼き守護神 ドギラゴン閃》で呼び出せる汎用性の高いドラグハートリクルーターと言う点では特筆に値する。《銀河大剣 ガイハート》で一気に攻めるのも良し、《邪帝斧 ボアロアックス》でリソースを稼いでも良しである。前述するように、自然を含む場合はドラゴン基盤に適したドラゴンドラグナーで十分なので、【赤白ドギラゴン閃】などのように非ドラゴンもある程度無理なく入るデッキで使うのが吉。

環境において [編集]

登場から【オボロティガウォック】で一定の結果を残している。基本的に《天使と悪魔の墳墓》《音卿の精霊龍 ラフルル・ラブ》《時の法皇 ミラダンテXII》が詰めの役割を持つため、フィニッシュにおいてはただ打点を形成する役割を遂行するだけでも良い。《邪帝斧 ボアロアックス》装備主として考た場合、有り体に言えば《蒼き団長 ドギラゴン剣》の2枚目以降である。

DM22-BD1期に、《覇王類虹色目 イメン=ボアロ》との組み合わせを利用した【白ガイアッシュ覇道】(【ミロクガイアッシュ覇道】)がアドバンスのチャンピオンシップを準優勝して話題となった。《覇王類虹色目 イメン=ボアロ》のcipでこちらを、アタックトリガーで適当なドラゴンを呼び出せば、何もない所から《無敵王剣 ギガハート》の龍解を狙える。《覇王類虹色目 イメン=ボアロ》《龍剣 星王紅鬼勝》《最強熱血 オウギンガ》での呼び出し効果を合わせると、ジャスキル+2体を呼び出せるのが強い。しかも《仙界一の天才 ミロク》《最強熱血 オウギンガ》は耐性付きなので、革命0トリガーや選ぶ能力を持ったニンジャ・ストライクをケアできる。

キャラクターについて [編集]

2005年発売のDM-15に収録された《巡霊者シリアス》フレーバーテキストにて初登場。その後長らく音沙汰がなかったためいわゆる「死に設定」とも目されたが、2020年発売のDMEX-08で約15年ぶりに言及がなされて以来、少しずつその動向が明らかにされている。

その後は定期的に弟子とされるクリーチャーが登場していたが、2022年10月にDM22-EX1にてミロク本人もとうとうカード化された。

仙界一の天才で、クロスギアの開発者かつ、転生編頃これに新たな力を与えたらしい。カードの能力としてもこの設定通り、クロスギアをサポートする能力を持つ。

また後述のように超次元ゾーンに干渉する術を手に入れており、ウエポンを参照する能力はこれが由来と考えられる。

登場までの経緯 [編集]

+  ...

カード化について [編集]

  • 弟子の名前が「ニョライ→如来」「ミョウオウ→明王」と仏教関係になっている事から、名前の由来は「弥勒菩薩」であると推測できる。
  • カードイラストは幼女のような見た目のロボットといったようなデザインである。ミロクは長命という設定が公開済みだったので、その見た目が幼いことに驚いた人も多数いるだろう。
    マシン・イーターという種族通り見た目は完全に機械であり、人間の感覚の「生きている」とは超越している。先天的に機械の体であったとすると理論上不死なのは当然なので、おそらく後天的に肉体を機械に改造し寿命を超越したのだろう。

DMEX-08以降のフレーバーテキスト(一部) [編集]

+  ...

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]