Law儿(ローニン)-(カイ)Hawk(ホーク) [編集]

Law儿-怪Hawk SR 水文明 (3)
タマシード/クリーチャー:マジック・コマンド/ACE 8000
W・ブレイカー
タマシードが攻撃する時、そのタマシードが持つ「このタマシードが出た時」で始まる能力を使ってもよい。
自分の水のクリーチャーまたは水のタマシードが合計4つ以上なければ、バトルゾーンにあるこのタマシードはクリーチャーとして扱わない。
このクリーチャーが攻撃する時、このターン、自分の、クリーチャーではないタマシードはすべて、カードタイプに「クリーチャー」を追加し、「W・ブレイカー」を得、パワーが8000になる。

DM22-RP2で登場したマジック・コマンド/ACEタマシード/クリーチャー

ACEクリーチャー特有の疑似シビルカウント4が達成されていないとクリーチャーとして扱わない能力を持つ。
また、タマシード攻撃した時にそのタマシードが持つcipを使う事ができる。
それとは別にアタックトリガーで自分の非クリーチャータマシードすべてをパワー8000のW・ブレイカーを持つタマシード/クリーチャーにする。

最大の目玉はタマシードcipアタックトリガー化する能力。
この能力はこのカード非クリーチャー状態でもトリガーするが、通常のタマシードはルール上アタックできないため意味はほぼ無い。
このカードのアタックトリガーによってクリーチャー化してやることではじめて真価を発揮する。

単純に使い終わったタマシードcipを再利用できるというだけなく、大漁展開したタマシードW・ブレイカーと化しワンショットも狙える。

また、味方タマシードクリーチャー化する能力で得たパワー固定されるため、パワー低下パンプアップも効かず、そのターン中、新たに別のパワー固定を受けた場合のみ変動する。詳しくはパワー固定を参照のこと。
《九番目の旧王》を始めとするパワー低下系のS・トリガーに強いとも言えるが、大型ブロッカーは突破しにくいため一長一短といったところか。

ターンが移ればパワーが無くなるが、同時にクリーチャーではないただのタマシードに戻るため殴り返しを受けないのは利点とも取れる。

その他 [編集]

サイクル [編集]

DM22-RP2cipACEタマシード/クリーチャーサイクル《邪龍 ジャブラッド》のみオーバーレアで、他はすべてスーパーレア

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

  • 2つ目の能力について

Q.自分の《Law儿-怪Hawk》は条件を満たさずクリーチャーではありません。一方で自分の《ドラン・ゴルギーニ》は条件を満たしてクリーチャーです。
この状況で《ドラン・ゴルギーニ》が攻撃して、《Law儿-怪Hawk》の能力が発動しました。《ドラン・ゴルギーニ》の「出た時」の能力を使い、その能力で相手の《勝熱英雄 モモキング》を選べますか?
A.はい、効果の発生源がタマシードである《Law儿-怪Hawk》ですので選べます。
また、《Law儿-怪Hawk》がクリーチャーだった場合、単色のクリーチャーの能力なので、《勝熱英雄 モモキング》は選べません。
引用元(2022.12.16)

Q.《Law儿-怪Hawk》の「タマシードが攻撃する時」の能力は、相手のタマシードが攻撃した時にもトリガーしますか?
A.はい、トリガーします。例えば、自分の《Law儿-怪Hawk》がいる状況で相手の《ドラン・ゴルギーニ》が攻撃した場合、自分が相手のクリーチャーを2体まで選んでタップできます。
引用元(2022.12.16)

  • 4つ目の能力について

Q.《Law儿-怪Hawk》の「このクリーチャーが攻撃する時」の能力は、どういう能力ですか?
A.クリーチャーではないタマシードが、そのターン中クリーチャーにもなる能力です。例えば、《アストラルの海幻》がクリーチャーになった場合、水文明でコスト2、パワー8000、種族にサイバー・ウイルスとレクスターズを持つタマシード/クリーチャーになります。
クリーチャーになったタマシードは、そのターン出していれば召喚酔いしますし、クリーチャーである間はクリーチャーを対象にする効果の影響を受けます。また、条件を満たしていれば進化クリーチャーに進化することもできます。
引用元(2022.12.16)

Q.《Law儿-怪Hawk》の「このクリーチャーが攻撃する時」の能力でクリーチャーになっているタマシードは、パワーを増減する能力の影響を受けますか?
A.いいえ、パワーが固定されているため、他の効果では増減しません。例えば、相手が「S・トリガー」で《九番目の旧王》を唱えても、この能力でクリーチャーになっているタマシードのパワーはマイナスされません。

+  総合ルール 206.3.

引用元(2022.12.16)

Q.自分の《Law儿-怪Hawk》は条件を満たしてクリーチャーです。一方で自分の《ドラン・ゴルギーニ》は条件を満たしておらず、クリーチャーではありません。
この状況で、自分の《Law儿-怪Hawk》で攻撃しました。その「攻撃する時」の能力で、クリーチャーではない状態の《ドラン・ゴルギーニ》はクリーチャーになりますか?また、クリーチャーになった場合、そのパワーはどうなりますか?
A.条件を満たしていないタマシード/クリーチャーはクリーチャーとして扱わないため、《ドラン・ゴルギーニ》《Law儿-怪Hawk》の能力の対象になります。ただし、「自分の光のクリーチャーまたは光のタマシードが合計4つ以上なければ、バトルゾーンにあるこのタマシードはクリーチャーとして扱わない。」という能力があるため、その状況でも引き続きクリーチャーとしては扱われず、タマシードとしてのみ扱われます。
また、その状況で自分の光のクリーチャーとタマシードが4つ以上になった場合、《ドラン・ゴルギーニ》はパワーが8000に上書きされた状態でクリーチャーになります。
引用元(2022.12.16)