超次元(ちょうじげん)ストーム・ホール》 [編集]

超次元ストーム・ホール C 火文明 (7)
呪文
相手のパワー5000以下のクリーチャーを1体、破壊する。
コスト10以下の火のサイキック・クリーチャーを1体、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出す。

全制覇挑戦パック Vol.3で先行登場し、DM-38に収録された超次元呪文
相手のパワー5000以下のクリーチャー破壊できる。

《超次元ボルシャック・ホール》の上位呪文といったスペックで、コストが上がった代わりに火力と呼び出せるサイキック・クリーチャーの範囲が広がった。それにより、コスト踏み倒しの天敵である《百発人形マグナム》除去することが可能となった。この辺りは《超次元ムシャ・ホール》と似通っているか。
ただし、《超次元シューティング・ホール》のように呼び出せる覚醒獣は文明のみのため、コストの重さも相まってやや扱いづらい。

DM-39で登場した《時空の支配者ディアボロス Z》を呼び出せる超次元呪文のひとつでもある。
汎用性の高い除去である《超次元ガード・ホール》というライバルがいるものの、5000火力は中々に強力なので、火力除去が不足していたり、あわせが必要であるようならばこちらを採用するのもいいだろう。
いざとなれば《ガイアール・カイザー》によって奇襲をかける事ができる点はこのカードならではの魅力と言える。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

超次元ストーム・ホール SR 火文明 (7)
呪文
相手のパワー5000以下のクリーチャーを1体破壊する。
自分の超次元ゾーンからコスト10以下の火のサイキック・クリーチャー1枚をバトルゾーンに出す。
自分のマナゾーンに、名前に《NEX》または《XX》とあるカードが3枚以上あるなら、このカードは「S・トリガー」を得る。

DMPP-14で実装。条件付きでS・トリガー化するようになった。

相手ターンに使うS・トリガーと、自分のターン開始時に覚醒する《時空の神風ストーム・カイザー XX》は極めて相性が良い。
このカードを警戒するなら指定カードが3枚未満の序盤か、終盤のワンショット以外でのブレイクを控えるのが無難だろう。

使う方の観点からは、《NEX》や《XX》の初動は《XX・チャージャー》程度しかなく、S・トリガーで唱えても1体しか焼けないことから【黒緑速攻】の速度と横並びにはほぼ間に合わないと推測される。
《コッコ・ルピア》《ホーリー・スパーク》などデッキに必要なカード、《超次元ストーム・ホール》自身も入れることを考えると、最短で3枚確保するのは簡単ではない。
とはいえ、4〜5ターン目に3打点で殴る《大邪眼B・ロマノフ》などに間に合えば、シールドからめくれるとそれだけでカウンターが成立するので心強い。

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]