勝利(しょうり)のヴォルグ・サンダー》 [編集]

勝利のヴォルグ・サンダー VIC 水/闇/火文明 (6)
サイキック・クリーチャー:デーモン・コマンド/ハンター 7000
W・ブレイカー
相手がコストを支払わずに呪文を唱えた時、またはコストを支払わずにクリーチャーを出した時、相手の手札を1枚見ないで選び、捨てさせる。
《サンダー・ティーガー》覚醒リンク後⇒《雷獣ヴォルグ・ティーガー》

DMEX-17で登場したビクトリーを持つ//デーモン・コマンド/ハンターサイキック・クリーチャー

プレミアム殿堂《ヴォルグ・サンダー》が、殿堂レギュレーションで許されるような能力となって別のカードとして復活を果たし、晴れて《雷獣ヴォルグ・ティーガー》覚醒リンクができるようになった。

《ヴォルグ・サンダー》調整版ではあるが、能力は山札破壊または墓地肥やしからハンデスという全く別の能力となっている。また、単色クリーチャーであるメリットが少ないサイキック・クリーチャーで多く文明を持つという点は単純に強化された。

相手がクリーチャーか呪文の踏み倒しを行うとハンデスを行うコスト踏み倒しメタ能力を持つ。踏み倒したクリーチャーそのものに手は出せないのがネックだが、「相手のターン中」という指定がないため、自分のターン中に相手のS・トリガーニンジャ・ストライクなどにも反応するのが強み。
《異端流し オニカマス》《全員集合!アクア・三兄弟/超次元ジェイシーエイ・ホール》と組み合わせることで相手ターン中のみ《陰謀と計略の手》のように使うことが可能。特にDMEX-17にて再録された《全員集合!アクア・三兄弟/超次元ジェイシーエイ・ホール》はハンターであり、呪文面でこのカードを出せるので無駄がない。

相手の防御札によってダイレクトアタックまで持ち込めなかった場合に、カウンターで負けるリスクを減らすことができる。

相手が《灰燼と天門の儀式》《蒼龍の大地》などをS・トリガーで唱えてクリーチャーの踏み倒しをしようものなら、その呪文とクリーチャーの踏み倒しの2回に反応する。

《ボルシャック・ドギラゴン》などの革命0トリガー《百鬼の邪王門》鬼エンドにも強い。それらの踏み倒しが成功すれば、ターン・プレイヤー優先のルールによって、2枚目、3枚目以降の《ボルシャック・ドギラゴン》や《百鬼の邪王門》を出させる前に2回分のハンデスでそれらを落とせる可能性がある。

《勝利の道標レティーシャ》《勝利のアパッチ・ウララー》でのリクルート範囲内であることから、《蒼き団長 ドギラゴン剣》とも好相性。

流石にデッキの主軸にするのは難しいかもしれないが、《超覚醒ラスト・ストーム XX》などでついでに呼び出すなら出しておいて損はない。

  • 元々単体だったが、アニメでべんちゃん()が使用しているのに加え、勝太()の切り札でもあったため、その友情・絆を意識した3色だと思われる。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

  • カード特性について

Q.《サンダー・ティーガー》《勝利のヴォルグ・サンダー》と「覚醒リンク」できますか?
A.はい、できます。バトルゾーンに自分の裏返すことができる、名前に《ヴォルグ・サンダー》を持つカードがあれば「覚醒リンク」できます。
引用元(2021.10.22)