進化(しんか)サイキック・クリーチャー [編集]

DM-39で登場したクリーチャーの一種。《超時空ストーム G・XX》《轟く覚醒 レッドゾーン・バスター》が所持している。

超時空ストーム G(ゲンジ)・XX(ダブルクロス) SR 火文明 (20)
進化サイキック・クリーチャー:アーマード・ドラゴン/フレイム・コマンド/サムライ 24000
超無限進化―コストの合計が20以上になるよう、自分のサイキック・クリーチャーを1体以上選び、その上に置く。
自分のサイキック・クリーチャーをバトルゾーンに出した時、または覚醒させた時、このクリーチャーを超次元ゾーンからバトルゾーンに出してもよい。
メテオバーン覚醒―自分のターンのはじめに、このクリーチャーの下にあるカードを全て墓地に置き、その後、このクリーチャーをコストの大きいほうに裏返す。
Q・ブレイカー
轟く覚醒 レッドゾーン・バスター SR 光文明 (6)
進化サイキック・クリーチャー:ソニック・コマンド/侵略者 12000
進化:光のクリーチャー1体の上に置く。
P侵略:自分の光の、サイキックではないコマンドが攻撃する時、自分の超次元ゾーンにあるこのクリーチャーをその上に重ねてもよい。
T・ブレイカー
このクリーチャーが出た時、自分の手札を1枚、超次元ゾーンに置き、その後、一番パワーが大きい相手のクリーチャーをすべてタップする。次の相手のターンのはじめに、それらはアンタップしない。
裏面⇒《蒼き覚醒 ドギラゴンX》

進化によって場に出せるサイキック・クリーチャー
進化クリーチャーであるため召喚酔いしない。

《超時空ストーム G・XX》は20という膨大なコストを持つため超次元呪文等の通常の方法で出すことができないが、かわりに 超無限進化という条件で自力でバトルゾーンに出すこととなる。
後に新規の進化サイキック・クリーチャーの《轟く覚醒 レッドゾーン・バスター》が登場した。こちらはコストが6のため通常の方法で出せる(バトルゾーンに進化元が必要)ほか、P侵略という踏み倒し能力も持つ。

参考 [編集]