次元流の豪力(ジオ・バリバリ・ミランダ) [編集]

次元流の豪力 C 自然文明 (5)
クリーチャー:ビーストフォーク/エイリアン 2000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、コスト6以下の光、火、自然いずれかのサイキック・クリーチャーを1体、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出す。
※殿堂入り

DMR-01で登場したビーストフォーク/エイリアン

cipコスト6以下の自然いずれかのサイキック・クリーチャーを1体呼び出す。

5マナという軽さに対し、呼び出せるサイキック・クリーチャーの種類が多い。
特に呼び出されるサイキック・クリーチャーの例として、次のカードが挙げられる。

[編集]

[編集]

自然 [編集]

多色 [編集]


状況に応じた柔軟な動きをすることが可能であり、使い勝手が非常に良い。
自身のスペックこそ高くないが、それを十二分に補う高い汎用性を持ち、一種の万能カードとしてコントロールビートダウン問わず様々なデッキタイプで使用された。
《超次元フェアリー・ホール》と違ってこちらはクリーチャーの為、自然の得意とするクリーチャー系のコスト踏み倒しに対応し易かったのも大きい。

環境において [編集]

登場から定番サイキックリクルーターとして活躍し、エピソード1環境では【ラムダビート】を中心に活躍。そちらのデッキでは一刻も早く5マナ貯めてこのクリーチャーから《勝利のリュウセイ・カイザー》を立てるのが定番のパターンであった。エピソード1当時、【ギフトミランダ】が先攻を取って3ターン目にこのクリーチャーを召喚できれば、《勝利のリュウセイ・カイザー》がS・トリガーで除去されない限りほぼ勝ち確であった。

多種多様なサイキック・クリーチャーを出すことが出来る多様性と、《フェアリー・ギフト》とのあまりの相性の良さが祟ったため、2012年8月11日付けで殿堂入りが決定。その後《カモン・ピッピー》リペアとして使われたが、2013年6月22日付けでそちらも殿堂入りとなった。

殿堂入り以降は汎用サイキックリクルーターとして使われた。【カイザー「刃鬼」】などのビッグマナ【ミラクルとミステリーの扉】のような中量級以下のクリーチャーメインデッキに入っていると困るデッキにも使われる辺りに、このクリーチャーの汎用性の程が窺えた。

DMR-13発売で《龍覇 サソリス》が登場したことなどにより【緑単サソリス】が確立してからは、《サソリス》とのコンボによって合計で最大17コスト分のカードを展開できた点、自然単色カードの中で唯一《勝利のリュウセイ・カイザー》を呼べる汎用性などから、殿堂入りしているにもかかわらず一層の活躍を見せた。最終的に2016年9月15日付でプレミアム殿堂が決定した。

《青銅の鎧》《大勇者「ふたつ牙」》など、《次元流の豪力》以前にも強力なクリーチャーを無数に輩出していたビーストフォークであるが、プレミアム殿堂カードが出るのはこれが初めてで、単色コモンからも初。なおエイリアンからは《鎧亜戦隊ディス・マジシャン》に続いて史上2例目で、コモン自体からも2例目。

サイキックの優位性の低下、《邪帝斧 ボアロアックス》龍解剤の普及などもあってか、2022年7月1日付で殿堂入りに降格。

他のカード・デッキとの相性 [編集]

その他 [編集]

サイクル [編集]

DMR-01で登場した、cip超次元ゾーンからサイキック・クリーチャーを呼び出すことができるクリーチャー。《悪魔神ザビ・イプシロン》以外、名前の冠詞には「流」の字が入る。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


~2022.07.01