《ロスト・ソウル》 [編集]

ロスト・ソウル UC(R) 闇文明 (7)
呪文
相手は自身の手札をすべて捨てる。

DM-02で登場した呪文

ハンデスの最上位系であるオールハンデスの原点となる呪文。

何度も再録されており、を代表するカードでもある。

打たれた相手は今引きで解決せざるをえなくなるため、次のターンの相手の動きを大幅に制限できる。特に、あまりクリーチャーを出さずに手札をためる傾向が強い【除去コントロール】や、シノビのサポートを前提としているデッキには非常に有効である。
シールドブレイクされた後に《ロスト・ソウル》を打たれると、増えた手札アドバンテージが無くなるため、まともに食らってしまったら巻き返すのは難しい。相手としてはクリーチャーの処理に動かざるを得ない上に、過剰な手札を処理しきるのも難しいため、避けるのが難しい一撃となる。
《ロスト・ソウル》を食らった後に今引きで対処できなかったら、ゲームエンドを覚悟すべきだろう。
【ヘブンズ・ゲート】など、手札からしか展開できないデッキ相手ならそのまま決め手になってしまうこともあり、総じて高いフィニッシャー性を兼ね備えている。

ただし、速攻にはほぼ無力。この呪文を唱えずとも相手が勝手に手札消費する上に、そもそも速攻相手に7コストは重い。墓地マナを活用できるデッキにも比較的効果が薄い。また、1ターンの密度が高まったことで、突き刺さればそのまま勝利につながる場面が増えた半面、トップデック1枚でリカバリーされてしまうことも増えた。
強力な呪文には違いないが仮想敵をしっかり見据えて使うべきだろう。

7コストと重いことと早期に撃てると強力であることから、多くの場合は自然の入るデッキで使われる。《龍素記号Sr スペルサイクリカ》の登場以降はそちらの選択肢として積まれ、《龍素知新》によるコスト踏み倒しも可能になった。
同じコスト7の呪文では場の相手クリーチャーに関与できる《ガンヴィート・ブラスター》と使い分けられる。あちらのほうが場に触れられる分、汎用性は高いが、一撃でゲームを決めるような破壊力は持ち合わせていない。ハンデスの枚数上、ジリ貧の時に強力なカードであり《ロスト・ソウル》とは性質が違う。デッキによって使い分けるか、場合によっては共存させるのもいいだろう。

このカードを唱えられる7マナ目からは、常にその存在を警戒したプレイングをしていくのがデュエル・マスターズの定石であり、不用意なドローは危険である。また、の入ったビートダウン相手に《ロスト・ソウル》を警戒する時は、不必要にブレイクされて致命打にならぬよう気を付けたい。

初登場から15年以上も使われ続けてきたが、DMEX-04《残虐覇王デスカール/ロスト・ソウル》としてツインパクト化を果たし、このカードはそちらの下位互換となった。
しかし、呪文面が効果も名前も同じツインパクトなので、これからも『ハンデス呪文の最上位系』という地位は揺るがないだろう。
また、墳墓避けとして双方採用される事例もある。

環境において [編集]

DM-04期に【リーフ青単】が躍進に至ると、相手がどれだけ手札を増やしてもオールハンデスで対処できるカードとして脚光を浴びた。当時【リーフ青単】が相手であっても、きちんと妨害を仕掛けておけばマナブースト無しでも7マナまで凌ぐことが十分できた。

転生編環境から不死鳥編環境にかけては【サファイア】でも使われたが、【茄子サファイア】のような中速ビートダウンのような動きを取るデッキでは唱えるタイミングに乏しく、また《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》で積極的にシールドをブレイクする関係上オールハンデスとして腐りやすかったため、実際は2枚程度デッキに挿してはマナ埋めを基本とすることが多かった。

戦国編環境から神化編環境にかけては《ソウル・アドバンテージ》によって立場を奪われていた。その後《ソウル・アドバンテージ》プレミアム殿堂入りとなり、再びこのカードも見られるようになった。

【超次元ダーツ】全盛期には、1ターン目の《ロスト・ソウル》は非常に恐れられた。ただ、デッキによっては《永遠のリュウセイ・カイザー》等のマッドネスが複数飛んでくる可能性も否めない。《ラッキー・ダーツ》の効果で呪文を唱えるかどうかは任意なので、その辺りは見極めるべきところであった。

【転生サイクリカ】が構築可能であったころは、早期にオールハンデスを行う手段として使われることが多かった。

クリーチャーでは同文明同コストに《悪魔龍 ダークマスターズ》という比較対象がいる。
そちらはcipで3枚までピーピングハンデスが可能であり、さらにパワー7000のW・ブレイカーバトルゾーンに残るという単純に強力なスペックである。また、任意効果なのでマッドネスを避けられる。デーモン・コマンドドラゴンの恩恵を受けられるという利点もあり、あちらが登場した革命編環境では型落ち物扱いされていた。

《テキサス・ストーム》の登場以降は、【知新ジャスティス】の詰めに使われるようになった。ニンジャ・ストライク革命0トリガーの付け入る隙を与えない。ただ単に手打ちした《龍素知新》から早期に打って相手の《アクアン・メルカトール》を返すという光景もそこそこ見られた。
呪文のS・トリガーはクリーチャーのcipに先んじて解決されるため防げないが、《ミラクルストップ》などの極めて手軽な呪文ロックが増えたことなどからそれほど問題にならなかった。

【青黒緑シャコガイル】においても《テック団の波壊Go!》《英雄奥義 スパイラル・ハリケーン》によるカウンターでクリーチャーを手札に追いやった返しに全て叩き落とせる呪文として活躍した。

その他 [編集]

漫画・アニメ等での活躍 [編集]

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

ロスト・ソウル SR 闇文明 (8)
呪文
相手は自身の手札をすべて捨てる。

DMPP-01から登場。スーパーレアに格上げされたが、性能はコスト7→8に弱体化されている。ビートダウン寄りのDMPP-01期環境では8コストという点、手に入りにくいレアリティが枷になっており使用率は高い方ではない。

  • DMPP-03期以降では、コントロールに適したカードが多数登場し、非常にバリューの高いカードとなっている。
    • 第1回、第2回公式大会でも、《ロスト・ソウル》の応酬はごく当たり前に行われていた。
  • DMPP-07期以降は、DMPP-01収録で再録もされなかったこのカードはNew Divisionでは使用できなくなった。その後は徐々にNew DivisionとAll Divisionでの環境の差も大きくなっているが、当時は他のカードが使えなくなった影響はあまりなく、《ロスト・ソウル》が使えるか否かが最も大きな差となっていた。
    • 弾が進むにつれて【グレートメカオー】【武者・ドラゴン】など速攻ではないデッキでも6〜7ターンで事実上の決着が珍しくなくなり、長期戦に持ち込んでも【ガントラビート】のようにトップ解決が得意なデッキには決定打にはならない。唱える暇がないことから、《ロスト・ソウル》の有無がNewとAllの環境の違いとは呼べなくなっている。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]