DM-04 (だい)4(だん)闇騎士団の逆襲(チャレンジ・オブ・ブラックシャドウ) [編集]

4つ目のエキスパンション。2002年12月26日発売。1パック5枚入りで価格は150円(税抜)。全60種類。現在は絶版。
自然の対立、特に《聖霊王アルカディアス》軍団と《悪魔神バロム》騎士団との戦いが大きなテーマ。
この2体のカードは現在まで何度もリメイクされており、デュエルマスターズの人気カードとなっている。

そのため、は双方への対になったメタカードが多数収録。同様に、自然には、それぞれへのサポートカードともう片方への対抗カードが対になって収録されている。
両者の友好色は中立であり、両方へのサポートカードが見られる。

有名なカードとして

などがある。

主役のカード枚数が多く、両方でちょうど半分を占める。他は10枚ずつ収録。
全体的にカードパワーが高めなカードが多く、特に《アストラル・リーフ》《アクアン》の2枚は、その異常な枚数の手札補充能力によってメタゲームを席捲し、両者ともに早い時期に殿堂入り(後者は後にプレミアム殿堂)を果たしたDMきっての強力カードである。その後、少し遅れながらも《ハイドロ・ハリケーン》《雷鳴の守護者ミスト・リエス》殿堂入りを果たしており、《ミスト・リエス》も手札補充能力が絡んでいる。(後にインフレの影響で《アストラル・リーフ》と《ミスト・リエス》は殿堂解除されており、《アクアン》も殿堂入りに復帰している。)その他、《ギガボルバ》のように登場当初から断続的にだが独特の需要を獲得している者、《悪魔の契約》のように後のカードプールの変化によって開花したカードもある。

メインとなっている対抗色へのメタカードは、強いものもあるが全体としてはそれほどでもない印象。基本的に相手を選ぶカードは使いにくいか。

収録カード [編集]

スーパーレア 5種類 [編集]

ベリーレア 5種類 [編集]

レア 15種類 [編集]

アンコモン 15種類 [編集]

コモン 20種類 [編集]

参考 [編集]