パンドラ・スペース [編集]

背景ストーリーに登場する場所。エピソード1背景ストーリーで登場した。

概要 [編集]

超次元の穴の奥に潜む、時空の歪み。エイリアンが生息する。
背景ストーリーで中心となっているデュエル・マスターズの世界とは別の世界。覚醒の力が存在し、後にこちら側の世界に覚醒の力がもたらされることになる。

こちら側の世界と同じく5文明が存在するが、それらを融合させる力が存在する。
こちら側の世界では、Ζが最も初めにパンドラ・スペースに到達し、エイリアンと接触していた。

エピソード1背景ストーリーの終盤、真の黒幕アンノウン《偽りの名 13》によって星を落とされ、壊滅した[1]

ドラゴン・サーガ背景ストーリーでは、パンドラ・スペースはエピソード1の世界だけでなく、ドラゴン・サーガの世界とも繋がっていたことが明かされた。2つの世界はパンドラ・スペースを介して繋がっている間はほぼ同じ歴史を辿っていたが、エピソード1パンドラ・スペースが破壊されたことで、全く異なる歴史を辿るようになる。

王来篇背景ストーリーでは水文明を襲撃した《覚醒連結 XXDDZ》の潜伏場所として久々に登場。

初出はエピソード1だが、戦国編の時点で怒流牙一族の秘伝書に謎の世界として存在が記録されていたようだ[2]。(シノビは超獣世界とは異なる世界から現れた存在なので「異界に追放する術」を知っていたとの事。)
また、パンドラ・スペースでは戦国編の頃から超獣世界への侵攻が進められていた。本来であれば次元に穴を空けるほどの威力は無いはずの《超銀河弾 HELL》で次元に穴が空いてしまったのは、パンドラ・スペース側からも超獣世界につながる穴を空けていた最中だったためである。[3]
また、王来編では《覚醒連結 XXDDZ》が実体をパンドラに移して優位にたっていたが、マニフェストアアルカイトに見破られパンドラに一斉砲撃を浴びせられ消滅した。

その他 [編集]

《レグルス・ギル・ドラゴン》《緑神龍バルガザルムス》
《アルタイル・セブ・クロウラー》《デス・スモーク》
《武者の超人》《ボルメテウス・武者・ドラゴン》
《ザビメテウス・武者・BLACK》
《一つ目鋼人ガガ・ナオス》《アイズ・カノープス》
《ヤミノザビメガパー》《ファイナル・ドラグアーマー》
《爆裂マーズ・ギル・ヒドラ》《凶星王ダーク・ヒドラ》
《凶星王ザビ・ヒドラ》
《ジオ・ブロンズ・ミラクル》《青銅の鎧》
《ジオ・ブロンズ・マジック》
《緑銅の鎧》
《悟りの精霊ガガ・シャウラ》《念仏エルフィン》
《知力の求道者ガガ・シータ》《エナジー・ライト》
《セブ・サルガス・ボウズ》《クエイク・スタッフ》
《火銃秘宝ザビ・グリーゼ》《火炎流星弾》
《ギル・アルビレオ・ドラクーン》《騒乱の影ウエスタン・バレル》
《西部人形ザビ・バレル》
《鋼の緑爪ギル・ルイテン》《エメラルド・クロー》
《大食い妖精ジオ・デネブ》《護聖妖精トビ・ゴンゴン》
《ジオ・コーヒーボーイ》《マグマティラノス》
《予言者ガガ・クルトン》《予言者クルト》
《腐敗電脳ディス・メルニア》《腐敗電脳メルニア》
《レッド・ABYTHEN・カイザー》《超神星アポロヌス・ドラゲリオン》
《聖隷王ガガ・アルカディアス》《聖霊王アルカディアス》
《エンペラー・セブ・マルコ X》《エンペラー・マルコ》
《ボルシャック・ギルクロス・NEX》《ボルシャック・クロス・NEX》
《ブラック・WILLOW・カイザー》《超神星 DEATH・ドラゲリオン》
《超銀河竜 GILL》《超銀河弾 HELL》
《時空のガガ・シリウス》《天海の精霊シリウス》
《時空のセブ・ランサー》《クリスタル・ランサー》
《魔刻の剣士ザビ・オルゼキア》《魔刻の斬将オルゼキア》
《封魔妖ザビ・クズトレイン》《封魔妖スーパー・クズトレイン》
《光鬼ガガ・ペトローバ》《光器ペトローバ》
《ガガ・ピカリャン》《クゥリャン》
《セブ・コアクマン》《アクアン》
《闇戦士ザビ・クロー》《凶戦士ブレイズ・クロー》
《斬斬人形コダマンマ》《福腹人形コダマンマ》
《躍動するジオ・ホーン》《鳴動するギガ・ホーン》
《コッコ・ギルピア》《コッコ・ルピア》
《自爆屋ギル・メイワク》《クリムゾン・ハンマー》
《襲撃者ディス・ドライブ》《襲撃者エグゼドライブ》
《奪い去る者ザビフライ》《飛行男》
《復活の祈祷師ザビ・ミラ》《邪眼の祈祷師ザビ・ミラIV世》

参考 [編集]