《アルカディア・スパーク》 [編集]

アルカディア・スパーク P 光/水文明 (8)
呪文
S・トリガー(この呪文をシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい)
次のうちいずれかひとつを選ぶ。バトルゾーンに自分のエンジェル・コマンドがあれば、両方を選んでもよい。
►相手のクリーチャーを1体選ぶ。相手はそれを自身の山札に加えてシャッフルし、その後カードを1枚引く。
►相手のクリーチャーをすべてタップする。

DMD-32で登場した/S・トリガースパーク呪文

モードで相手のみオールタップか、山札送り除去かのいずれかの効果を選んで使える。
自分のエンジェル・コマンドがいれば両方を選べる。

S・トリガー付きの全体タップは言うまでもなく強力。モード除去が撃てる面では《ボルメテウス・ホワイト・フレア》を、色の面では《反撃のサイレント・スパーク》を、エンジェル・コマンドで2つとも使える面では《ヘブンズ・ダブルテイル》を髣髴とさせる。クリーチャー除去に制限はないため、《支配のオラクルジュエル》《龍脈術 水霊の計》では対応し切れなかった場面でも、返しのターンの獲得に期待が持てる。

山札送りを選んだ場合、相手はカードを1枚引くことになる。
一見デメリットに見えるが、特筆すべきは、何も除去されなかったとしても相手はカードを引かなければならない点。
この点を逆利用し、無限に唱え続けることができれば《黒神龍ザルバ》同様にライブラリアウトで勝つことができる。

デッキによっては《反撃のサイレント・スパーク》で事足る場面も多かろうが、無限ループ戦略という観点から見ると、今までの《光霊姫アレフティナ》のような立ち位置のフィニッシャーS・トリガーとして、除去してよし、止めてよし、挙句の果てにはライブラリアウトフィニッシュしてよしという三拍子が揃った上位互換に差し替えることができる、ということを意味する。ループデッキが抱える問題点を解消する待望の1枚となりうるのだ。

ルール [編集]

  • 「相手は(中略)、その後カードを1枚引く。」なのか、「相手は(中略)、その後(自分が)カードを1枚引く。」なのか、一見不明瞭なテキストである。だが、公式サイトの裁定により《サイバー・ハンド》のように相手ドローで確定のようだ。
    • DMRP-06で再録された際に相手がドローすることが明瞭に示された。
    • DMRP-06のテキスト
      相手のクリーチャーを1体選ぶ。相手はそれを自身の山札に加えてシャッフルする。その後、相手はカードを1枚引く。
      • DMEX-06DMD-32版同様の不明瞭なテキストに改悪されている。
  • 何らかの事情(アンタッチャブルや不在の場合)で山札送りの対象を選べなかった場合、0枚を戻したことにしてシャッフルし、相手はカードを1枚引く[1]
  • 無限に《アルカディア・スパーク》を唱えるとして、相手の山札が無作為化されていることが明らかならば、両者がそれを受け入れた場合シャッフルを省略することが認められる。

環境において [編集]

革命ファイナル環境では【天門ループ】【マーシャルエクストラウィン】【ラララオプティマス】などで、防御トリガー兼フィニッシャーとして活用されていた。特に【ラララオプティマス】に関しては《Dの花道 ズンドコ晴れ舞台》と一緒になってを一気にメタゲームに押し上げた1枚であり、第3回公認グランプリでは準優勝を収めて一躍有名となった。

登場から新章デュエル・マスターズ環境辺りまでは【5色ドギラゴン剣】における防御札としてもメジャーであった。マナ基盤になる上に除去の質も高く、1ターンを凌ぐオールタップもある。さらにオールタップは選んでいるわけではないので《異端流し オニカマス》タップキルするのに有用。8コストというサイズから《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》の踏み倒し射程範囲外なのが残念なところ。

双極篇あたりまでは【ロージアミラダンテ】の防御札としても有名であった。

ただ、《時の法皇 ミラダンテXII》が殿堂入りに指定されたあたりからこのカード入る環境デッキが無くなり、それ以降はループデッキのフィニッシャーとして使われることがあっても環境に影響を与えることは無くなった。

十王篇環境【ライベルモットループ】が進出すると、フィニッシャーの1つとして使われるケースも見られるようになったが、S・トリガー付きオーラの方がずっと汎用性が高いため、こちらの採用は稀である。

王来篇環境 (オリジナル)ではDMEX-17発売からしばらくの間、【ネロ天門ループ】のフィニッシャーとして姿を見せていた。

その他 [編集]

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

  • 2つ目の効果について

Q.《アルカディア・スパーク》《不死火フウタ・ドラグーン》が山札に加えられる時、山札の一番下に置いた場合は《不死火フウタ・ドラグーン》の効果を使うことはできますか?
A.はい、使えます。
引用元(2019.9.30)

Q.相手が唱えた《アルカディア・スパーク》の効果によって、自分の《氷結龍 ダイヤモンド・クレバス》がバトルゾーンを離れました。下にあったカードはどこから手札に加わりますか?
A.自分の山札に《氷結龍 ダイヤモンド・クレバス》を加えてしまった場合、《氷結龍 ダイヤモンド・クレバス》の下に重ねてあったカードは手札に加えることができません。
引用元(2020.7.17)

Q.相手は《アルカディア・スパーク》を使って、自分のオーラの付いたGRクリーチャーを選んで山札に加える際、そのオーラを山札の好きな位置に加えるタイミングは、山札をシャッフルする前ですか?
A.シャッフルする前に、山札の好きな位置にオーラを加えます。
この場合、まず、自分はGRクリーチャーを山札の好きな位置に加えます。その後、付いていたオーラを山札の好きな位置に加えて、GRクリーチャーは超GRの一番下に置きます。その後、《アルカディア・スパーク》の効果処理の続きを実行し、山札をシャッフルします。
引用元(2021.5.21)


[1] 101.3. できることは全て行う カードの指示の一部が実行不可能であった場合でも、できることを全て行い、実行不可能な部分は無視します。