【5色コントロール】 (デュエプレ) [編集]

概要 [編集]

5色で威力を発揮できる《フェアリー・ミラクル》《機械提督デリンダー》を起点に、採用した様々なフィニッシャーに素早く繋げるコントロールデッキ。《フェアリー・ミラクル》が登場したDMPP-09期に成立したが、《機械提督デリンダー》が登場したDMPP-09EX期により強力なアーキタイプになった。

《ヘブンズ・ゲート》を中心にした5色のコントロールデッキは【ヘブンズ・ゲート】《バイオレンス・フュージョン》を中心にしたデッキは【バイオレンス・フュージョン】を参照。

フェアリー・ミラクル UC 自然文明 (3)
呪文
自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。自分のマナゾーンにすべての文明が揃っていれば、さらにもう1枚、自分の山札の上からカードをマナゾーンに置く。(ただし、それぞれ使用可能マナは増えない)
機械提督デリンダー UC 光/水文明 (2)
クリーチャー:グレートメカオー 3000
ブロッカー
相手プレイヤーを攻撃できない。
O・ドライブ[闇/火/自然(3)]:バトルゾーンに出た時、相手の手札が自分の手札より多ければ、相手の手札と同じ枚数になるまでカードを引く。その後、カードを1枚引く。

主要カード [編集]

ウィニー候補 [編集]

フィニッシャー候補 [編集]

除去カード候補 [編集]

カード名役割
《魂と記憶の盾》低コストのシールド送り
《策略と魅了の花籠》S・トリガー、色が優秀なマナ送り
《ヘヴンとバイオレンスの衝撃》S・トリガー、シールド送りまたは6000以下火力、条件を満たせば両方

このデッキの回し方 [編集]

序盤は《フェアリー・ミラクル》《機械提督デリンダー》等でマナと手札の両方を増やし、中盤~終盤で状況に合わせたフィニッシャーをできるだけ早く叩きつける。

長所 [編集]

5色で威力を発揮できる《フェアリー・ミラクル》《機械提督デリンダー》を採用でき、マナと手札の両方を素早く増やせる。
色の分配に気をつければ様々なカードが採用候補になるため、デッキ構築の幅が非常に広い。デッキ構築幅の広さから細かいデッキ構成まで見抜かれることはほとんどない。

短所 [編集]

序盤に使いたいカードと終盤に使いたいカードがはっきり別れており、特に序盤にマナブーストができないと動きづらくなる。
環境に合わせた緻密なデッキビルディング、相手に合わせたフィニッシャーを出すための緻密なプレイングが求められる。

主要ドローソースが相手の手札の枚数依存となる《機械提督デリンダー》なので、序盤からクリーチャー召喚やマナブーストで手札をどんどん消費し、ドローステップで強力なカードを今引きしつつ戦えるデッキには不利。

墓地利用メタを採用していないと、対【ドルバロム】には高確率で《悪魔神ドルバロム》の着地を許してしまう。バトルゾーンに出していた闇文明を含むクリーチャーは生き残るのでゲームエンドにはならないが苦しい戦いが予想される。

グッドスタッフになるので、カード資産があるプレイヤーなら新弾ごとに微調整で済むが、一からデッキ構築を始める場合は費用がかさんでしまう。

【ロスト・クルセイダー】 (デュエプレ) [編集]

6月10日メンテナンス時のカード能力および使用可能枚数の変更について前に使われていたデッキに関する記述

超鎧亜キングダム・ゲオルグ SR 光/水/闇文明 (6)
進化クリーチャー:ロスト・クルセイダー 9000
進化-多色クリーチャー
バトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーをすべてタップする。
攻撃する時、自分の他のクリーチャーをすべてアンタップする。
W・ブレイカー
聖鎧亜キング・アルカディアス SR 光/闇文明 (7)
進化クリーチャー:エンジェル・コマンド/ロスト・クルセイダー 9000
進化-多色クリーチャー
W・ブレイカー
相手の多色でないクリーチャーがバトルゾーンに出る時、かわりに墓地に置かれる。(自分の《聖鎧亜キング・アルカディアス》のこの効果は、各ターン中1回のみ発動する)
聖鎧亜クイーン・アルカディアス VR 光/闇文明 (6)
進化クリーチャー:ロスト・クルセイダー/エンジェル・コマンド 8000
進化-多色クリーチャー
相手は多色でない呪文を唱えられない。
W・ブレイカー

デッキカラーは、デザイナーズコンボである《聖鎧亜ジャック・アルカディアス》を入れた白青黒赤の緑抜き4色、【アガピトスエンジン】のマナブーストを出張させてきた白緑ベースの5色が多い。

TCG版の【キング・アルカディアス】と同じく、白黒緑の3色で組まれることもある。ターボ札を多く積めるようになるメリットもあるが、水文明が含まれていないため《キングダム・ゲオルグ》を入れられないデメリットもある。

極力色事故を起こさないように意識した白青黒の3色でも組めなくはない。その色の強みはドローソースハンデスに多くスロットを割けることか。

New Divisionでは、再録がない限りDMPP-14が実装される前まで《超鎧亜キングダム・ゲオルグ》が使用可能で、DMPP-15が実装される前まで《聖鎧亜キング・アルカディアス》《聖鎧亜クイーン・アルカディアス》が使用可能である。

主要カード [編集]

《超鎧亜キングダム・ゲオルグ》光/水/闇DMPP-08で登場した、凶悪な盤面処理と打点増強ができる進化クリーチャー
《聖鎧亜キング・アルカディアス》光/闇DMPP-09で登場した、凶悪な展開妨害とS・トリガー獣妨害ができる進化クリーチャー
《聖鎧亜クイーン・アルカディアス》光/闇同じくDMPP-09で登場した、単色呪文を完封できる進化クリーチャー

進化元候補 [編集]

カード名コスト自然解説
《霊王機エル・カイオウ》(2)パワー4500の堅いブロッカー
《電磁星樹アマリンα》(2)パワー3500のバニラ
《猛菌恐皇ビューティシャン》(2)パワー1000のブロッカー O・ドライブでコスト4のセルフハンデス《ブレイン・タッチ》
《幻槍のジルコン》(3)パワー4000の手札交換ブロッカー
《電脳聖者タージマル》(3)パワー4000、火とバトル中はパワー8000のブロッカー
《無頼聖者サンフィスト》(3)マッドネスで出せれば0マナ進化元
《血風神官フンヌー》(3)《ムルムル》などと組ませたいスピアタブロッカー
《電脳封魔マクスヴァル》(3)闇を1軽減するブロッカー 主要カード全員対象
《剛勇王機フルメタル・レモン》(3)敗北回避能力持ち
《霊騎幻獣ウルコス》(3)1マナブースト
《居合のアラゴナイト》(3)殴り返しされない殴り返し要員
《邪脚護聖ブレイガー》(3)進化元かつ、破壊からも守る役割も持てる
《アクア・リバイバー》(4)S・トリガーの受け札、モヤシで粘り強いブロッカー
《腐敗勇騎マルドゥクス》(4)スピアタ打点と選ばせ除去にも使える
《鎧亜の剣邪ミストジアス》(4)効果は強いが使い所が難しい置きドロー
《聖鎧亜ジャック・アルカディアス》(4)対速攻での2体止めが強力なS・トリガー受け札
《剛撃電磁サイバゴン》(4)効果のイメージは、見る3枚が作為的になった《ガガガン・ジョーカーズ》
《電脳聖者エストール》(5)1ドロー+シールド追加
《無頼聖者スカイソード》(5)1マナ加速+シールド追加
《腐敗電脳アクアポインター》(5)1ドロー+1ランダムハンデス
《腐敗勇騎ガレック》(5)1体ブロッカー破壊+1ランダムハンデス
《無頼勇騎ウインドアックス》(5)1体ブロッカー破壊+1マナ加速
《腐敗聖者ベガ》(5)1ランダムハンデス+シールド追加
《勇騎聖者ジェット・アール・イー》(5)1体ブロッカー破壊+シールド追加
《電脳勇騎マグナス》(5)1ドロー+1体ブロッカー破壊
《無頼電脳スプラッシュアックス》(5)1ドロー+1マナ加速
《腐敗無頼トリプルマウス》(5)1マナ加速+1ランダムハンデス

候補カード [編集]

《アクアン》光か闇のどちらかを含んでいれば良いので3枚補充が安定したデッキを作りやすい
《プリズム・ブレイン》光も闇も含まないカードが多いなら《アクアン》よりこちら優先
《光神龍スペル・デル・フィン》ロングゲーム時に《クイーン・アルカディアス》よりも強固な呪文ロックができる
《英知と追撃の宝剣》水/闇《クイーン・アルカディアス》メタ
《執拗なる鎧亜の牢獄》水/闇/火同上 軽さと3色の色が優秀
《策略と魅了の花籠》水/自然同上 S・トリガー持ち
《フェアリー・ギフト》自然4ターン目《キング》着地を目指すために
《華憐妖精ミンメイ》自然マナから豊富な多色クリーチャーを出す
《竜極神》闇/火相手に全体2000火力、コスト4以下蘇生のグッドスタッフ
《G・A・E》光/自然1枚の手札消費で最大2回の手札調整、リンクでアンタッチャブルになる圧力も
《超絶究極神》光/水/闇破壊主体の除去コンを詰ませる最高級モヤシ

このデッキの回し方 [編集]

長所 [編集]

デッキの自由度が高い。

短所 [編集]

進化元の都合上、多色が多く含まれており、色事故が起きやすい。

採用カード次第では高額なデッキになる。

サンプルレシピ [編集]

DMPP-09の公式サンプルレシピ。

リストは「新規作成」→「デッキレシピから作る」→「光水闇火キング」より

《ルーレット・ビーム》は非多色限定火力であり、ミラーにおいて相手の進化元(《霊騎幻獣ウルコス》など)を除去できないので変えるべき。BASIC《幻竜砲》に差し替えれば、色とS・トリガー枚数のバランスも変えずNew Divisionでも問題なく使用可能。

参考 [編集]