深塊封魔(しんかいふうま)ゲルネウス》 [編集]

深塊封魔ゲルネウス UC 水/闇文明 (2)
クリーチャー:グランド・デビル/ディープ・マリーン 1000
O・ドライブ−光×1と火×1と自然×1(このクリーチャーを召喚する時、自分のマナゾーンでさらに光1枚と火1枚と自然1枚をタップしてもよい。そうした場合、次のOD能力を得る)
OD−このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにあるクリーチャーを1体選び、持ち主の手札に戻す。その後、クリーチャーを1体、自分の墓地から手札に戻す。

DM-27で登場した/グランド・デビル/ディープ・マリーン

O・ドライブバウンス墓地回収をすることができる。
サイクル中では唯一のパワー1000。他のサイクルのようにコスト論に反してパワーの高いクリーチャーとして使えないのが少し残念。

神化編あたりまでは【5色フェアリー・ミラクル】サルベージバウンスの要員として使われていた。特にこのバウンス能力は対象の制限が無いので大いに役に立った。自身をバウンスして無限墓地回収をするのも強力であった。
一見地味だが、使われてはじめてわかる強さのカードとして知られていた。

覚醒編以降環境の高速化によって姿を消すが、《葉鳴妖精ハキリ》の登場によってO・ドライブが使いやすくなり、若干救済された。

  • バウンスとサルベージという組み合わせは《スパイラル・ドライブ》と同じ。5色でないならそちらの方が便利であった。こちらはマナの色確保やクリーチャーとして残る点で優れる。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

深塊封魔ゲルネウス UC 水/闇文明 (2)
クリーチャー:グランド・デビル 1000
O・ドライブ[光/火/自然(3)]:バトルゾーンに出た時、相手のクリーチャー1体を手札に戻す。その後、自分の墓地からクリーチャーを探索し、1枚を手札に戻す。

種族からディープ・マリーンが削除され、自分のクリーチャーを戻すことができなくなった。

多色のグランド・デビルクリーチャーが残るという点で《スパイラル・ドライブ》より優れるが、DMPP-09EXリリース後のキング・アルカディアスカップ環境では、《聖鎧亜キング・アルカディアス》《聖鎧亜クイーン・アルカディアス》があまり使われておらず、【グランド・デビル】も環境外デッキだったため、採用先が少なかった。

サイクル [編集]

DM-27O・ドライブで5色を要求するカード。いずれもハイブリッド種族とそのサポート種族で構成されている。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]